『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116525)

EID=116525EID:116525, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:25, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.金品 昌志
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) The Effect of Pressure on the Micelle/Water Partition of 1-Heptanol. An Interpretation for the CMC Decrease by Solubilization under High Pressure  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 可溶化による臨界ミセル濃度(cmc)の低下を被可溶化物質のミセル/水分配係数と関連づけ,分配におよぼす圧力効果について検討した.1-へプタノールの添加によるドデシル硫酸ナトリウムのcmc変化を200 MPaまでの圧力範囲で測定し,cmc低下能と分配係数の熱力学関係式を用いて分配係数の圧力依存を評価した.1-ヘプタノールの水相からミセルへの移行体積変化は,部分モル体積の実測結果と一致した.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): Elsevier (->組織[Elsevier Science]) [継承]
誌名 (必須): (英) Colloids and Surfaces (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 13 [継承]
(必須): 2-3 [継承]
(必須): 249 256 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1985年 2月 1日 (昭和 60年 2月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Shoji Kaneshina : The Effect of Pressure on the Micelle/Water Partition of 1-Heptanol. An Interpretation for the CMC Decrease by Solubilization under High Pressure, Colloids and Surfaces, Vol.13, No.2-3, 249-256, 1985.
欧文冊子 ● Shoji Kaneshina : The Effect of Pressure on the Micelle/Water Partition of 1-Heptanol. An Interpretation for the CMC Decrease by Solubilization under High Pressure, Colloids and Surfaces, Vol.13, No.2-3, 249-256, 1985.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.47, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.