『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=11652)

EID=11652EID:11652, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 17:59:48, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2000年 (平成 12年) [継承]
名称 (必須): (英) Linear System Analysis (日) 線形システム解析 (読) せんけいしすてむかいせき
[継承]
コース (必須): 1.2000/[徳島大学.工学部.知能情報工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.大恵 俊一郎
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 微分方程式で表現可能な物理システムを線形システムとして捉え,線形システムの制御理論を通して,線形システムに関する基礎的な概念および解析手法を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講義の前半では,線形システムの基礎的な自動制御を例にとり,制御理論を展開する上で重要な役割をはたすラプラス変換,ラプラス逆変換,微分方程式のラプラス変換による解法,伝達関数,ブロック線図などの基本概念を述べる. 後半では制御系のステップ応答や周波数応答に関する解析手法,制御系の安定性の概念,安定性判別法,および制御系の設計手法の基礎についても触れる. なお,講義を聴講するだけでは理解の難しいと思われる項目については,教科書の例題を中心に演習を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 制御の目的と定義,フィードバック制御の概念  
[継承]
2.(英)   (日) ラプラス変換,微分方程式の解法  
[継承]
3.(英)   (日) 演習,小試験  
[継承]
4.(英)   (日) 伝達関数の定義,おくれ要素次数と過渡応答  
[継承]
5.(英)   (日) ブロック線図の構成単位と結合,等価変換  
[継承]
6.(英)   (日) 演習,小試験  
[継承]
7.(英)   (日) 周波数応答の定義,表現形式  
[継承]
8.(英)   (日) 閉ループ系の周波数応答の求め方  
[継承]
9.(英)   (日) 演習,小試験  
[継承]
10.(英)   (日) 安定性の定義とその必要十分条件  
[継承]
11.(英)   (日) 安定性の代数的判別法  
[継承]
12.(英)   (日) 安定余裕  
[継承]
13.(英)   (日) 制御系設計の基礎  
[継承]
14.(英)   (日) 演習,小試験  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 期間中に4回小試験を行い,さらに定期試験も行って,総合的に評価する.   [継承]
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 添田 喬·中溝高好 著「自動制御の講義と演習」日新出版   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 示村悦二郎 著「自動制御とは何か」コロナ社   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 本講義は「離散型システム解析」の履修の前提となるものであり,十分に修得しておくことが望ましい.   [継承]
2.(英)   (日) 平常点を小試験で評価し,その点と定期試験の比率は,4対6にする.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2000/線形システム解析) 閲覧 【授業概要】(2001/線形システム工学)

標準的な表示

和文冊子 ● 線形システム解析 / Linear System Analysis
欧文冊子 ● Linear System Analysis / 線形システム解析

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.52, Max(EID) = 383294, Max(EOID) = 1024468.