『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116501)

EID=116501EID:116501, Map:0, LastModified:2007年6月26日(火) 15:59:25, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yamanaka Michio (日) 山中 美智男 (読) やまなか みちお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Volume Behavior of Mixed Micelles of Dodecyltrimethylammonium Chloride and Bromide  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 対イオンのみが異なる2つの界面活性剤,塩化および臭化ドデシルトリメチルアンモニウムの混合物水溶液の密度を精密に測定した.活性剤モノマー混合物の部分モル体積,混合ミセルの部分モル体積,ミセル形成の体積変化を算出した.対イオンの異なる混合系では,ミセル形成の体積変化はミセル組成によらず一定となった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): (英) Plenum (日) (読) [継承]
誌名 (必須): (英) Journal of Solution Chemistry (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(必須): 20 [継承]
(必須): 12 [継承]
(必須): 1159 1167 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 12月 1日 (平成 3年 12月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Michio Yamanaka and Shoji Kaneshina : Volume Behavior of Mixed Micelles of Dodecyltrimethylammonium Chloride and Bromide, Journal of Solution Chemistry, Vol.20, No.12, 1159-1167, 1991.
欧文冊子 ● Michio Yamanaka and Shoji Kaneshina : Volume Behavior of Mixed Micelles of Dodecyltrimethylammonium Chloride and Bromide, Journal of Solution Chemistry, Vol.20, No.12, 1159-1167, 1991.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.91, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.