『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116496)

EID=116496EID:116496, Map:0, LastModified:2012年10月31日(水) 11:34:35, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.研究支援・産官学連携センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1. (英) Yokono Atsuko (日) 横野 敦子 (読) よこの あつこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.佐竹 弘
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 実験計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Yokono Satoshi (日) 横野 諭 (読) よこの さとし
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ogli Kenji (日) 小栗 顕二 (読) おぐり けんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Sensor Electrodes for Local Anesthetics  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 局所麻酔薬カチオン選択性膜を用いた被覆線型電極を開発した.直径0.8 mmの銅線にPVC膜を塗布した.PVC膜にはテトラフェニルホウ酸と麻酔薬カチオンのイオン対と可塑剤ジオクチルフタレートを含ませた.局所麻酔薬リドカイン,ジブカイン,メピバカインのいずれに対してもネルンスト応答を示した.小型化することが可能であるから,in vivoでの応用の可能性がある.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 広島麻酔医学会 [継承]
誌名 (必須): 麻酔と蘇生 (広島大学医学部麻酔蘇生学教室内「麻酔と蘇生」雑誌編集部)
(resolved by 0385-1664)
ISSN: 0385-1664 (pISSN: 0385-1664)
Title: Masui to sosei. Hiroshima journal of anesthesia
Title(ISO): Masui To Sosei
Publisher: Hiroshima Masui Igakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 28 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 119 126 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1992年 6月 1日 (平成 4年 6月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Atsuko Yokono, Hiromu Satake, Shoji Kaneshina, Satoshi Yokono and Kenji Ogli : Sensor Electrodes for Local Anesthetics, Anesthesia and Resuscitation, Vol.28, No.2, 119-126, 1992.
欧文冊子 ● Atsuko Yokono, Hiromu Satake, Shoji Kaneshina, Satoshi Yokono and Kenji Ogli : Sensor Electrodes for Local Anesthetics, Anesthesia and Resuscitation, Vol.28, No.2, 119-126, 1992.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.90, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.