『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=116390)

EID=116390EID:116390, Map:0, LastModified:2017年1月18日(水) 14:42:53, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.英国王立化学会 [継承]
著者 (必須): 1.金崎 英二
役割 (任意): (英)   (日) 論文作成,実験解析   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Sugiyama Satoru (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Ishikawa Yuichi (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Dual interlayer distance in synthetic solids of intercalated hydrotalcites with 9,10-anthraquinone-2,6-disulfonate  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本論文では,9,10-アンスラキノン-2,6-ジスルホン酸陰イオン(AQ26)を層間にインタ-カレ-トしたMg/Al-LDHを,共沈法により合成し,得られた固体を,XRD,DRS,XPS及び化学分析により検討した.合成条件に依存して,基本面間隔が異なる二種の固体が得られた.この事は,層間ポテンシャルの異方性を反映して,二種の異なる方向を持つAQ26層間種が安定であるためと結論した.層間のAQ26分子の新たな吸収帯が観測された.層中のAl3+は6配位であることが確認された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 英国王立化学会 [継承]
誌名 (必須): Journal of Materials Chemistry ([英国王立化学会])
(resolved by 0959-9428)
ISSN: 0959-9428 (pISSN: 0959-9428, eISSN: 1364-5501)
Title: Journal of materials chemistry
Title(ISO): J Mater Chem
Publisher: Royal Society of Chemistry
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
(resolved by 1364-5501)
ISSN: 0959-9428 (pISSN: 0959-9428, eISSN: 1364-5501)
Title: Journal of materials chemistry
Title(ISO): J Mater Chem
Publisher: Royal Society of Chemistry
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 5 [継承]
(必須): 11 [継承]
(必須): 1969 1972 [継承]
都市 (任意): ケンブリッジ (Cambridge/[連合王国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 1995年 11月 初日 (平成 7年 11月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1039/JM9950501969    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意): A1995TE94200033 [継承]
Scopus (任意): 2-s2.0-0001096755 [継承]
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Eiji Kanezaki, Satoru Sugiyama and Yuichi Ishikawa : Dual interlayer distance in synthetic solids of intercalated hydrotalcites with 9,10-anthraquinone-2,6-disulfonate, Journal of Materials Chemistry, Vol.5, No.11, 1969-1972, 1995.
欧文冊子 ● Eiji Kanezaki, Satoru Sugiyama and Yuichi Ishikawa : Dual interlayer distance in synthetic solids of intercalated hydrotalcites with 9,10-anthraquinone-2,6-disulfonate, Journal of Materials Chemistry, Vol.5, No.11, 1969-1972, 1995.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.69, Max(EID) = 382162, Max(EOID) = 1020878.