『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=115822)

EID=115822EID:115822, Map:0, LastModified:2006年11月22日(水) 19:06:49, Operator:[松木 均], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.楠部 真崇
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Yamanaka Michio (日) 山中 美智男 (読) やまなか みちお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) 高圧力下の生物科学   [継承]
副題 (任意): (英)   (日) 第1章 蛍光プローブProdanおよびLaurdanを用いたリン脂質二分子膜の圧力誘起相転移観測   [継承]
要約 (任意): (英)   (日) 高圧力下でのリン脂質二分子膜相挙動について二種類の蛍光プローブProdanおよびLaurdanを用いてそれらの蛍光スペクトルパターンを観察した結果を報告した.ProdanとLaurdanで,加圧に伴う蛍光スペクトルパターンの変化が異なった.Prodanは指組み構造ゲル相への転移を明確にとらえたが,一方Laurdanではその転移をとらえることができなかった.両プローブの差異はそれぞれのプローブ分子の二分子膜内部への配向位置が異なっていることに起因すると推測された.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (必須): さんえい出版 株式会社 [継承]
誌名 (任意):
(任意):
(任意):
(任意): 9 15 [継承]
都市 (必須): 京都 (Kyoto/[日本国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2006年 11月 20日 (平成 18年 11月 20日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 楠部 真崇, 松木 均, 山中 美智男, 金品 昌志 : 高圧力下の生物科学, --- 第1章 蛍光プローブProdanおよびLaurdanを用いたリン脂質二分子膜の圧力誘起相転移観測 ---, さんえい出版 株式会社, 京都, 2006年11月.
欧文冊子 ● Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki, Michio Yamanaka and Shoji Kaneshina : 高圧力下の生物科学, さんえい出版 株式会社, Kyoto, Nov. 2006.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.37, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.