『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=115644)

EID=115644EID:115644, Map:0, LastModified:2017年1月18日(水) 16:50:57, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 著書 [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨): 依頼 [継承]
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.Kluwer Academic Publishers (〜2004年2月末日/->組織[Springer-Verlag]) [継承]
著者 (必須): 1.金崎 英二
役割 (任意): 共著 [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Silver Incorporation at the Interlayer Gallery Region of a Layered Double Hydroxide Intercalated with Thiosulfate Anion  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 層状複水酸化物は層間に陰イオンをインタ-カレ-ションによって取り込むことはよく知られている.しかし,層間を金属配位性の有機化合物陰イオンで予め化学修飾することによって,層間に金属陽イオンをもインタ-カレ-トできることを近年,当研究室で見出した.本著書は,この研究結果をまとめたものである.このことは,層状複水酸化物の実際上の応用範囲を拡大すると同時に,化学修飾した層状複水酸化物層間を化学反応場とするナノリアクタ-の研究開発に資するものである   [継承]
キーワード (推奨): 1.インターカレーション (intercalation) [継承]
2.層状複水酸化物 (layered double hydroxides) [継承]
発行所 (必須): Kluwer Academic Publishers (〜2004年2月末日/->組織[Springer-Verlag]) [継承]
誌名 (任意): (英) Fundamentals and Applications of Anion Separations (日) (読)
ISSN (任意):
[継承]
(任意):
(任意):
(任意):
都市 (必須): ニューヨーク (New York/[アメリカ合衆国]) [継承]
年月日 (必須): 西暦 2004年 8月 初日 (平成 16年 8月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Eiji Kanezaki : Silver Incorporation at the Interlayer Gallery Region of a Layered Double Hydroxide Intercalated with Thiosulfate Anion, Kluwer Academic Publishers, New York, Aug. 2004.
欧文冊子 ● Eiji Kanezaki : Silver Incorporation at the Interlayer Gallery Region of a Layered Double Hydroxide Intercalated with Thiosulfate Anion, Kluwer Academic Publishers, New York, Aug. 2004.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.62, Max(EID) = 377826, Max(EOID) = 1011031.