『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=115139)

EID=115139EID:115139, Map:0, LastModified:2011年4月10日(日) 21:45:07, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.総合科学部]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 総合科学部 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 基礎ゼミナール(体験学習) (読) きそぜみなーる たいけんがくしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.総合科学部]/[学士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.水島 多喜男
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 主要エネルギー源である石油について,生産から日本の最終消費者にいたる流れを,参加者の共同作業によって明らかにする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 自分たちで疑問点を整理し,それらをWeb資料,図書,雑誌などを用いて調べ,調べた結果を全員で期末に小冊子にまとめる.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (不用): (英)   (日) なし   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) パソコンの使用,Web,メール,Power Pointに慣れていなくても,授業を通じてすぐ慣れますから大丈夫です.(パソコンの扱い方については,最初に簡単な説明を行います.わからなくなったら,その都度聞いてください.)   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 自分たちで問題を設定し,資料を集め,簡易製本した冊子にまとめあげる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 産油国から原油が日本に運ばれ,石油製品として消費者の手に渡るまでの課程について:  
[継承]
2.(英)   (日) (1)ブレイン·ストーミングで調査項目を出し合い,それに基づき全員でインター· ネットなどを使って調査する.  
[継承]
3.(英)   (日) (2)各自の調査結果を,プレゼンテーション用を使って他のゼミ生にわかりやすく報告する.調査が不十分だとされた点については追加調査を行う.  
[継承]
4.(英)   (日) (3)最後に,各自の調査内容をまとめた簡易製本による小冊子を作成する.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組みを中心に総合的に評価する.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) なし   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) 制限せず.   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 適宜指示する.   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 適宜指示する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.水島 多喜男
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 授業終了後(研究室ドアに表示).連絡先:1号館中棟2階「国際経済学研究室」mizushim@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎ゼミナール(体験学習) / 基礎ゼミナール(体験学習)
欧文冊子 ● 基礎ゼミナール(体験学習) / 基礎ゼミナール(体験学習)

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 1.36, Max(EID) = 383970, Max(EOID) = 1027128.