『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=113762)

EID=113762EID:113762, Map:0, LastModified:2013年7月5日(金) 15:59:03, Operator:[松井 栄里], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 記述,計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.後藤 優樹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.楠部 真崇
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.玉井 伸岳 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Barotropic Phase Transitions of 1-Palmitoyl-2-stearoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 非対称型リン脂質1-パルミトイル-2-ステアロイルホスファチジルコリン二分子膜の圧力誘起相転移を高圧光透過率測定および示差走査熱量測定により観測した.決定した相転移点に基づいて温度—圧力相図を構築し,3種類の対称型ホスファチジルコリン二分子膜の相図と比較した.1-パルミトイル-2-ステアロイルホスファチジルコリン二分子膜の相挙動は対称型ホスファチジルコリン二分子膜とは大きく異なり,指組み構造形成の臨界圧力は全ての脂質のうちで最も小さくなった.   [継承]
キーワード (推奨):
発行所 (推奨): 社団法人 日本化学会 [継承]
誌名 (必須): Chemistry Letters ([社団法人 日本化学会])
(pISSN: 0366-7022, eISSN: 1348-0715)

ISSN (任意): 0366-7022
ISSN: 0366-7022 (pISSN: 0366-7022, eISSN: 1348-0715)
Title: Chemistry letters
Title(ISO): Chem Lett
Supplier: 公益社団法人 日本化学会
Publisher: Chemical Society of Japan/Nippon Kagakukai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 34 [継承]
(必須): 2 [継承]
(必須): 270 271 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2005年 1月 26日 (平成 17年 1月 26日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/10014364756/ [継承]
DOI (任意): 10.1246/cl.2005.270    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意):
NAID (任意): 10014364756 [継承]
WOS (任意): 000227169100069 [継承]
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Barotropic Phase Transitions of 1-Palmitoyl-2-stearoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry Letters, Vol.34, No.2, 270-271, 2005.
欧文冊子 ● Hitoshi Matsuki, Masaki GOTO, Masataka Kusube, Nobutake Tamai and Shoji Kaneshina : Barotropic Phase Transitions of 1-Palmitoyl-2-stearoylphosphatidylcholine Bilayer Membrane, Chemistry Letters, Vol.34, No.2, 270-271, 2005.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.71, Max(EID) = 372583, Max(EOID) = 996813.