『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=11370)

EID=11370EID:11370, Map:0, LastModified:2007年12月26日(水) 17:13:36, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2000年 (平成 12年) [継承]
名称 (必須): (英) Exercise of Biological Science and Technology 2 (日) 生物工学及び演習2 (読) せいぶつこうがくおよびえんしゅう
[継承]
コース (必須): 1.2000/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.堀 均
肩書 (任意):
[継承]
2.伊藤 嘉浩
肩書 (任意):
[継承]
3.永澤 秀子 (岐阜薬科大学/->個人[紺世 秀子])
肩書 (任意):
[継承]
4.小出 隆規 (新潟薬科大学)
肩書 (任意):
[継承]
5.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生理活性物質の構造,機能を明らかにしてその反応を分子レベルで理解するための基礎として,有機化学,機器分析学の演習を行う.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 有機化合物の構造解析,反応機構に関する演習を行う.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須):
計画 (必須): 1.(英)   (日) 有機化学反応の基礎  
[継承]
2.(英)   (日) 有機化合物のスペクトル分析  
[継承]
3.(英)   (日) 分子設計,合成,活性炭化水素,脂質,アミノ酸,タンパク質,核酸,アルカロイド  
[継承]
4.(英)   (日) 予備日  
[継承]
5.(英)   (日) 定期試  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) あらかじめ出題した演習問題について,毎回小テストを実施し,各自の予習状況をチェックする. さらに,指名された学生が解答を発表し,それについて講評する. これらの評価を総合して平常点とする. さらに最終テストを実施し,平常点とあわせて最終的な評価を行う.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) Solomons「Organic Chemistry 6th Edition」   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 特に指定しない.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 原則として再試験は実施しない. 全回とも必ず,解答を準備して出席すること. 生物有機化学の講義と一部関連しているので,両方を受講すること. 有機化学1,2の履修を要する.   [継承]
2.(英)   (日) 最終テストの平均点に応じて,平常点の比率を調整する. 基本的には「平常点」と「定期試験の成績」の比率は6:4とする.   [継承]

この情報を取り巻くマップ

(なし) 閲覧 【授業概要】(2000/生物工学及び演習2) 閲覧 【授業概要】(2001/生物工学及び演習2)

標準的な表示

和文冊子 ● 生物工学及び演習2 / Exercise of Biological Science and Technology 2
欧文冊子 ● Exercise of Biological Science and Technology 2 / 生物工学及び演習2

関連情報

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 0.64, Max(EID) = 361921, Max(EOID) = 968355.