『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=113423)

EID=113423EID:113423, Map:[2004/電気·電子材料特論], LastModified:2007年12月28日(金) 22:28:24, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Theory of Electric and Electronic Materials (日) 電気·電子材料特論 (読) でんきでんしざいりょうとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2005/[電気電子工学専攻]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.富永 喜久雄
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 磁性体および誘電体の基礎を習得し,材料物性の理解を進める.   [継承]
概要 (必須): (英) The purpose of this lecture is to study the advanced theory of magnetic material and dielectric material. First of all, general outline of fundamental theory is given for both materials. After that, magnetization mechanism of ferromagnetic material and various properties of ferroelectric material are discussed mostly at the view-point of solid state physics. Lecture items are as follows; 1. Magnetization of the substance, 2. Relation curve of magnetic flux and magnetic field, 3. Magnetic domain structure, 4. Magnetic compound materials, 5. Application of magnetic materials, 6. Macroscopic description of dielectric phenomena, 7. Paraelectric materials, 8. Review of ferroelectric materials, 9. Various properties of ferroelectric materials, 10. Theory of ferroelectrics.  (日) 本講義の目的は,磁性体と誘電体について,理論的により高度な知識を修得することである.磁性体·誘電体ともに,基礎的な一般論を学習した後,磁性体では強磁性体の磁化機構について,また誘電体では強誘電体の諸特性について,主として物理的な考察を行う.講義項目は次の通りである. 1.物質の磁化 2.磁化曲線 3.分域構造 4.磁性化合物 5.磁性材料とその応用 6.誘電性の巨視的記述 7.常誘電体 8.強誘電体の概観 9.強誘電体の諸特性 10.強誘電性の理論   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 磁性体,誘電体の物性についての基礎的事項を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 物質の磁化  
[継承]
2.(英)   (日) 磁化曲線  
[継承]
3.(英)   (日) 分域構造  
[継承]
4.(英)   (日) 磁性化合物  
[継承]
5.(英)   (日) 磁性材料とその応用  
[継承]
6.(英)   (日) 磁性材料問題演習1  
[継承]
7.(英)   (日) 磁性材料問題演習2  
[継承]
8.(英)   (日) 誘電性の巨視的記述  
[継承]
9.(英)   (日) 常誘電体 1  
[継承]
10.(英)   (日) 常誘電体2  
[継承]
11.(英)   (日) 強誘電体の概観  
[継承]
12.(英)   (日) 強誘電体の諸特性 1  
[継承]
13.(英)   (日) 強誘電体の諸特性2  
[継承]
14.(英)   (日) 強誘電性の理論  
[継承]
15.(英)   (日) 誘電体問題演習1  
[継承]
16.(英)   (日) 誘電体問題演習2  
[継承]
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 高木豊,沢田正三共著,磁性体·誘電体の物性工学,オーム社;作道恒太郎著,固体物理(格子振動·誘電体)(磁性·超伝導),裳華房;宮川浹,電子物性演習,工学図書   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/電気·電子材料特論)
            →閲覧 【授業概要】(2003/電気·電子材料特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/電気·電子材料特論) 閲覧 【授業概要】(2005/電気·電子材料特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 電気·電子材料特論 / Advanced Theory of Electric and Electronic Materials
欧文冊子 ● Advanced Theory of Electric and Electronic Materials / 電気·電子材料特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.44, Max(EID) = 360775, Max(EOID) = 966345.