『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=113418)

EID=113418EID:113418, Map:[2004/通信工学特論], LastModified:2007年12月28日(金) 22:28:14, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.電気電子工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Advanced Theory of Electrical Communication (日) 通信工学特論 (読) つうしんこうがくとくろん
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学研究科.電気電子工学専攻]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.入谷 忠光
肩書 (任意):
[継承]
2.大家 隆弘 ([徳島大学.インスティトゥーショナル・リサーチ室]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース.電気電子システム講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 通信の理論解析手法および多ノード間の通信に必要な通信制御方式を修得させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 通信理論の目的は,通信路における情報伝送特性を解析することである.本講義では,まずディジタル通信を対象とし,理論解析のために必要な数学および符号化·復号化,パルスコーディング,ベースバンド伝送と搬送波伝送における基本的な変復調技術(データ誤り確率および誤り訂正,誤り制御)を講述する. その後,ディジタル情報通信の実現例としてコンピュータネットワークの構成,実装例について講述する. 講義項目ごとに演習あるいはレポートを課し,理解を促す.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 通信の理論解析のための必要な手法を修得する.  
[継承]
2.(英)   (日) ネットワーク通信の制御方式およびネットワーク上のアプリケーション実装方法について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ディジタル通信の概要  
[継承]
2.(英)   (日) 数学的な準備  
[継承]
3.(英)   (日) 符号化と復号化  
[継承]
4.(英)   (日) パルスコード変調  
[継承]
5.(英)   (日) ベースバンド変調  
[継承]
6.(英)   (日) 搬送波変調  
[継承]
7.(英)   (日) 誤り訂正と誤り制御  
[継承]
8.(英)   (日) ネットワークアーキテクチャ  
[継承]
9.(英)   (日) 物理層とデータリンク層  
[継承]
10.(英)   (日) ネットワーク層と経路制御  
[継承]
11.(英)   (日) トランスポート層  
[継承]
12.(英)   (日) トラフィック制御  
[継承]
13.(英)   (日) セッション層,プレゼンテーション層,アプリケーション層  
[継承]
14.(英)   (日) アプリケーションの実装例(その1)  
[継承]
15.(英)   (日) アプリケーションの実装例(その2)  
[継承]
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/通信工学特論)
            →閲覧 【授業概要】(2003/通信工学特論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/通信工学特論) 閲覧 【授業概要】(2005/通信工学特論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 通信工学特論 / Advanced Theory of Electrical Communication
欧文冊子 ● Advanced Theory of Electrical Communication / 通信工学特論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.75, Max(EID) = 374934, Max(EOID) = 1004766.