『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=113368)

EID=113368EID:113368, Map:[2004/情報通信システム設計論], LastModified:2007年12月28日(金) 22:27:38, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[博士後期課程運営委員会委員長]/[徳島大学.工学研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Communication Systems (日) 情報通信システム設計論 (読) じょうほうつうしんしすてむせっけいろん
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学研究科.情報システム工学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.入谷 忠光
肩書 (任意):
[継承]
2.大家 隆弘 ([徳島大学.インスティトゥーショナル・リサーチ室]/[徳島大学.理工学部.理工学科.電気電子システムコース.電気電子システム講座]/[徳島大学.先端技術科学教育部.システム創生工学専攻.電気電子創生工学コース.電気電子システム講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 通信方式の設計方法および多ノード間の通信制御方式の設計方法と管理方式を理解させ,情報通信システムを設計できる能力を養う.   [継承]
概要 (必須): (英) Timing detection and regeneration of a phase and a frequency using a linear filter, design of a digital PLL, digital modulation and demodulation, and multiple access technique, e. g. FDMA, TDMA, CDMA in wireless communications. Design of the spread spectrum systems and its fundamental technologies, e. g. frequency-synthesizer, data transmission protocol over computer networks, network administration techniques, e. g. DNS, and implementation of application program for internetworking.  (日) 通信の要素技術である線形フィルタを用いたタイミング検出及び位相や周波数の再生,ディジタル変復調理論,およびディジタル通信方式としてFDMA,TDMA,CDMA等の無線通信およびコンピュータネットワーク等の有線通信の多元接続方式の基礎,設計,管理技術について講述する. (入谷忠光教授)通信の基礎技術であるディジタルPLL,タイミング検出,ディジタル変復調方式および移動体通信におけるFDMAやTDMA方式について講述する. (大家隆弘講師)スペクトル拡散通信の概要およびその基礎技術である周波数シンセサイザの設計,コンピュータネットワークでのデータ伝送プロトコル,DNS等のネットワーク管理技術について講義を行う.またネットワークアプリケーションの実装様式について講述する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 無線通信(FDMA, TDMA, CDMAなど)の多ノード間通信について与えられた条件を元に通信方式を設計できる.  
[継承]
2.(英)   (日) 有線通信(コンピュータネットワーク)の多ノード間通信において与えられた要求を満たしうるアプリケーションを設計できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) タイミング検出と位相再生(線形フィルタ,ディジタルPLL)  
[継承]
2.(英)   (日) 周波数の再生(周波数シンセサイザの設計)  
[継承]
3.(英)   (日) ディジタル変復調理論  
[継承]
4.(英)   (日) 移動体通信方式(FDMA, TDMA, CDMAなど)  
[継承]
5.(英)   (日) コンピュータネットワークのデータ伝送プロトコル  
[継承]
6.(英)   (日) コンピュータネットワークのデータ伝送プロトコル  
[継承]
7.(英)   (日) ネットワーク管理技術(DNSなど)  
[継承]
8.(英)   (日) ネットワークアプリケーションの実装様式  
[継承]
9.(英)   (日) 分散システムの設計  
[継承]
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/情報通信システム設計論)
            →閲覧 【授業概要】(2003/情報通信システム設計論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/情報通信システム設計論) 閲覧 【授業概要】(2005/情報通信システム設計論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 情報通信システム設計論 / Communication Systems
欧文冊子 ● Communication Systems / 情報通信システム設計論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(2)
Number of session users = 1, LA = 0.96, Max(EID) = 374934, Max(EOID) = 1004766.