『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=113365)

EID=113365EID:113365, Map:[2004/応用知識システム設計論], LastModified:2007年12月28日(金) 22:26:04, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[博士後期課程運営委員会委員長]/[徳島大学.工学研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Applied Knowledge Systems (日) 応用知識システム設計論 (読) おうようちしきしすてむせっけいろん
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学研究科.情報システム工学専攻]/[博士後期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.青江 順一
肩書 (任意):
[継承]
2.北 研二 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
3.任 福継 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座]/->個人[中川 福継])
肩書 (任意):
[継承]
4.獅々堀 正幹 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
5.黒岩 眞吾 (千葉大学大学院 融合科学研究科)
肩書 (任意):
[継承]
6.泓田 正雄 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 自然言語処理システムや音声言語処理システムなどの高度な知識システムを設計·構築するための手法や方法論について講義し,理論と考え方を習得させる.   [継承]
概要 (必須): (英) Knowledge systems to natural language processing, voice language processing, information retrieval and document database. Artificial natural language processing systems, such as automatic building systems of intelligent dictionaries, text understanding and summarization systems, dialog systems, natural language interface systems, text classification systems, natural language analysis systems and knowledge-based machine translation systems.  (日) 自然言語処理,音声言語処理,情報検索,などの応用分野に,知識ベースや言語理論などの知識工学的手法を導入して,高度な情報システムを構築するための方法論について講述する. 自然言語処理における辞書の設計と検索法,自然言語理解システムの基本概念とその設計,実現方法を担当する. 音声言語処理における言語モデル,音響モデル,探索アルゴリズムの設計および実現方法を担当する. 情報検索システムを実現するためのキー検索の技術,知的文書検索システムの設計,実現方法を担当する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 高度な情報システムを構築するための各種手法や実現方法について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 自然言語処理システム1:辞書の設計と検索法  
[継承]
2.(英)   (日) 自然言語処理システム2:パーザの設計と実現手法  
[継承]
3.(英)   (日) 自然言語処理システム3:言語理解システムの設計と実現手法  
[継承]
4.(英)   (日) 機械翻訳システム1:規則主導と用例主導方式のシステム設計  
[継承]
5.(英)   (日) 機械翻訳システム2:スーパー関数による機械翻訳技術  
[継承]
6.(英)   (日) 機械翻訳システム3:融合方式による機械翻訳と発展動向  
[継承]
7.(英)   (日) 音声言語処理システム1:言語モデルの設計  
[継承]
8.(英)   (日) 音声言語処理システム2:音響モデルの設計  
[継承]
9.(英)   (日) 音声言語処理システム3:探索アルゴリズムの設計  
[継承]
10.(英)   (日) 情報検索システム1:ベクトル空間モデルを用いた検索手法  
[継承]
11.(英)   (日) 情報検索システム2:転置インデックスを用いた検索手法  
[継承]
12.(英)   (日) 情報検索システム3:知的文書検索の設計と実現手法  
[継承]
13.(英)   (日) 知的マルチメディア·コンテンツ処理システム1  
[継承]
14.(英)   (日) 知的マルチメディア·コンテンツ処理システム2  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) レポート課題の説明  
[継承]
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/応用知識システム設計論)
            →閲覧 【授業概要】(2003/応用知識システム設計論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/応用知識システム設計論) 閲覧 【授業概要】(2005/応用知識システム設計論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 応用知識システム設計論 / Applied Knowledge Systems
欧文冊子 ● Applied Knowledge Systems / 応用知識システム設計論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【担当授業】…(4)
Number of session users = 2, LA = 0.74, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006119.