『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=113288)

EID=113288EID:113288, Map:[2004/材料設計論], LastModified:2007年12月28日(金) 22:27:08, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Materials Design (日) 材料設計論 (読) ざいりょうせっけいろん
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学研究科.化学応用工学専攻]/[博士前期課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.加藤 雅裕 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.平野 朋広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 本講義では,無機材料·有機材料·複合材料の設計について,物質合成化学の観点から講義する.   [継承]
概要 (必須): (英) Design of various materials including organic, inorganic, and composite materials are the focus of the lecture. The structure, synthesis, properties and uses of materials are examined. Covered are porous materials (zeolites and meso-porous materials), inorganic membranes, polymeric materials, and inorganic-organic meso-structured materials. In particular, emphases are placed on understanding the relationship between the structures and their use as separation membranes and on the synthesis and the characterization of polymers including stereoregular polymers.  (日) 本講義では,各種材料(有機材料·無機材料·複合材料)の合成法,構造·物性の評価法および応用例について述べる.特に,無機材料としては,多孔性材料(ゼオライト·メソ多孔体)ならびに無機膜を取り上げ,その構造と分離膜への応用について紹介する.また,有機材料としては,立体規則性ポリマーを含む高分子材料を取り上げ,その合成法およびキャラクタリゼーションについて詳しく紹介する   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意):
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 多孔性無機材料ならびに無機膜の合成法,構造·物性の評価法および応用例について理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) 立体特異性重合を含む精密重合法およびキャラクタリゼーションについて理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ゼオライトとは  
[継承]
2.(英)   (日) ゼオライトの種類と構造(小テスト)  
[継承]
3.(英)   (日) 代表的なゼオライトの構造(小テスト)  
[継承]
4.(英)   (日) メソ多孔体とは(小テスト)  
[継承]
5.(英)   (日) メソ多孔体の多様性·無機有機メソ構造体(小テスト)  
[継承]
6.(英)   (日) ゼオライト膜の調製(小テスト)  
[継承]
7.(英)   (日) ゼオライト膜の用途(課題レポート)  
[継承]
8.(英)   (日) チーグラー·ナッタ触媒  
[継承]
9.(英)   (日) チーグラー·ナッタ触媒  
[継承]
10.(英)   (日) カミンスキー触媒  
[継承]
11.(英)   (日) 立体制御  
[継承]
12.(英)   (日) メタセシス重合  
[継承]
13.(英)   (日) アニオン重合  
[継承]
14.(英)   (日) キャラクタリゼーション(課題レポート)  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 予備日  
[継承]
評価 (必須):
対象学生 (任意):
教科書 (必須):
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨):
科目コード (推奨):
備考 (任意):

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/材料設計論)
            →閲覧 【授業概要】(2003/材料設計論)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/材料設計論) 閲覧 【授業概要】(2005/材料設計論) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 材料設計論 / Materials Design
欧文冊子 ● Materials Design / 材料設計論

関連情報

Number of session users = 0, LA = 0.43, Max(EID) = 384040, Max(EOID) = 1027378.