『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=112903)

EID=112903EID:112903, Map:[2004/生物有機化学3], LastModified:2007年12月28日(金) 23:09:48, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.生物工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•夜間主 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Bioorganic Chemistry 3 (日) 生物有機化学3 (読) せいぶつゆうきかがく
[継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学部.生物工学科]/[夜間主コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.堀 均
肩書 (任意): 教授 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]) [継承]
[継承]
2.宇都 義浩 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
肩書 (任意): 助手 ([教職員.教員.本務教員]/[常勤]/平成19年3月31日までの肩書/〜2007年3月末日) [継承]
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 生物有機化学1,2を基礎とし,さらに生物および化学のインターフェイスとしての反応,合成,構造,活性に重点をおいた有機化学の根幹を理解する. 生命体は基本的に有機化合物から成り立っていることより,本講義は生命科学を理解するための基礎的学問である.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生物有機化学1,2を基礎とし,芳香族化合物,複素環式化合物および天然有機化合物の構造,性質,反応,合成を中心にして,有機化学の基礎を講述し,演習問題を加える.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 生物有機化学1および2を必ず履修していること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) 小テストを実施するので毎回の復習は欠かさず行うこと.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 芳香族化合物の命名法と性質,反応性,構造などについての基礎的特徴の理解を図る.  
[継承]
2.(英)   (日) 天然有機化合物の性質,反応性,機能について基本的特徴の理解を図る.  
[継承]
3.(英)   (日) 有機化合物のスペクトル解析の原理,手法,特徴,利用法の基本について理解を図る.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) ベンゼンとその同族体(命名法,芳香族性,共鳴構造)  
[継承]
2.(英)   (日) ベンゼン環の置換反応(求核置換,置換基の配向性)  
[継承]
3.(英)   (日) 芳香族(アミン,ハロゲン,ニトロ,スルフォン,フェノール,キノン)の性質と反応  
[継承]
4.(英)   (日) 芳香族(カルボン酸,アルデヒド,ケトン)の性質と反応  
[継承]
5.(英)   (日) 芳香族多還化合物(ビフェニル,トリフェニルメタン)の性質と反応  
[継承]
6.(英)   (日) 縮合環化合物(ナフタレン,アントラセン,フェナントレン)の性質と反応  
[継承]
7.(英)   (日) 複素環式化合物(フラン,ピリジン,キノリン,インドール,フラボン)  
[継承]
8.(英)   (日) 天然有機化合物(アミノ酸,核酸,タンパク質,イソプレノイド,ステロイド,ホルモン,ビタミン)  
[継承]
9.(英)   (日) 有機化合物の可視·紫外スペクトル解析  
[継承]
10.(英)   (日) 有機化合物のNMRスペクトル解析  
[継承]
11.(英)   (日) 有機化合物のIRスペクトル解析  
[継承]
12.(英)   (日) 有機化合物のESRスペクトル解析  
[継承]
13.(英)   (日) 有機化合物のMSスペクトル解析  
[継承]
14.(英)   (日) 予備日  
[継承]
15.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 平常点の評価は,講義への出席状況,演習の回答,レポート,小テスト等を重視する.   [継承]
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 「ソロモンの新有機化学(上·下)最新版」廣川書店   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) Voet & Voet「Biochemistry」Wely   [継承]
2.(英)   (日) B. Alberts et al.「Molecular Biology of the Cell」Garland   [継承]
URL (任意): http://www.bio.tokushima-u.ac.jp/edu_syllabus_H17/bnight/bioorganicchem3.html [継承]
連絡先 (推奨): 1. (英) (日) 堀(M棟821,Tel: 656-7514,E-mail: hori@bio.tokushima-u.ac.jp) (読)
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 月曜日11:55-12:50   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 原則として再試験は実施しない   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/生物有機化学3)
            →閲覧 【授業概要】(2003/生物有機化学3)
                →閲覧 【授業概要】(2002/生物有機化学3)
                    →閲覧 【授業概要】(2001/生物有機化学3)
                        →閲覧 【授業概要】(2000/生物有機化学3)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/生物有機化学3) 閲覧 【授業概要】(2005/生物有機化学3) 閲覧 【授業概要】(2005/有機化学3)

標準的な表示

和文冊子 ● 生物有機化学3 / Bioorganic Chemistry 3
欧文冊子 ● Bioorganic Chemistry 3 / 生物有機化学3

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(2) 閲覧【授業概要】…(6)

この情報をマップしている情報

閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.57, Max(EID) = 361955, Max(EOID) = 968466.