『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=112454)

EID=112454EID:112454, Map:[2004/自動制御], LastModified:2007年12月28日(金) 22:47:02, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Automatic Control (日) 自動制御 (読) じどうせいぎょ
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.外輪 健一郎
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 自動制御が化学工場において果たす役割を理解させる.装置や制御系の動的挙動をラプラス変換などの数学的手法を利用して表現し,解析するための基礎知識を習得させる.さらに制御系設計の基礎的な考え方を理解させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 自動制御技術は,一般産業機械をはじめ化学プラントの基礎技術として応用されており,自動制御なくしてはこれらプラントの満足な性能を引き出すことは出来ない.化学プラントにおいて制御をうまく活用するには,まず制御しようとする装置の特性をよく理解し,それに適した制御装置を設計せねばならない.本講義では,微分方程式による装置挙動の表現と,ラプラス変換を利用した解析,および制御系設計について解説する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨): 1.微分方程式1 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/微分方程式1])
必要度 (任意):
[継承]
2.微分方程式2 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/微分方程式2])
必要度 (任意):
[継承]
3.ベクトル解析 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/ベクトル解析])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨): 1.反応工学基礎 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/反応工学基礎])
関連度 (任意):
[継承]
2.反応工程設計 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/反応工程設計])
関連度 (任意):
[継承]
要件 (任意): (英)   (日) 「微分方程式1」,「微分方程式2」,「ベクトル解析」を履修していること.   [継承]
注意 (任意): (英)   (日) ラプラス変換は,この科目を理解する上で欠かせない.授業でもラプラス変換の復習を行うが,理解不足を思われる場合には積極的に質問,あるいはオフィスアワーを利用すること.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 自動制御の目的,仕組みを理解し,自動制御系を解析·設計する基礎知識を取得する  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 自動制御とは何か?  
[継承]
2.(英)   (日) プロセスモデリング1  
[継承]
3.(英)   (日) プロセスモデリング2  
[継承]
4.(英)   (日) ラプラス変換1  
[継承]
5.(英)   (日) ラプラス変換2  
[継承]
6.(英)   (日) 伝達関数1  
[継承]
7.(英)   (日) 伝達関数2  
[継承]
8.(英)   (日) ブロック線図  
[継承]
9.(英)   (日) 周波数応答  
[継承]
10.(英)   (日) ボード線図  
[継承]
11.(英)   (日) 安定性1  
[継承]
12.(英)   (日) 安定性2  
[継承]
13.(英)   (日) 制御系設計の基礎  
[継承]
14.(英)   (日) いろいろな制御方法  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 定期試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 小テスト30点,定期試験70点とし,合計60点以上を獲得した者を合格とする.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コースと同学科の夜間主コース学生も履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 添田喬·中溝高好共著「自動制御の講義と演習」日新出版   [継承]
参考資料 (推奨): 1.(英)   (日) 講義中に説明する.   [継承]
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.外輪 健一郎
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 自動制御は応用学問であり,できるだけ広い知識を身につけておく必要がある.そのため「化学工学基礎」,「化学装置工学」,「プロセス工学1及び演習」は履修しておくことが望ましい.   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/自動制御)
            →閲覧 【授業概要】(2003/自動制御)
                →閲覧 【授業概要】(2002/自動制御)
                    →閲覧 【授業概要】(2001/自動制御)
                        →閲覧 【授業概要】(2000/自動制御)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/自動制御) 閲覧 【授業概要】(2005/自動制御) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 自動制御 / Automatic Control
欧文冊子 ● Automatic Control / 自動制御

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(1)
Number of session users = 2, LA = 1.31, Max(EID) = 361879, Max(EOID) = 968238.