『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=112447)

EID=112447EID:112447, Map:[2004/材料科学], LastModified:2007年12月28日(金) 22:46:29, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員]/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 工学部•昼間 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2005年 (平成 17年) [継承]
名称 (必須): (英) Material Science (日) 材料科学 (読) ざいりょうかがく
[継承]
形態 (不用): 1.講義 [継承]
コース (必須): 1.2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース] [継承]
担当教員 (必須): 1.森賀 俊広 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
2.村井 啓一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 本講義は金属·セラミックスの性質を理解する上で重要な,結晶構造の概念およびその構造解析方法の基礎を理解させる.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 本講義では材料の知識を現在の工業に結びつけることを主眼とし,数学的な取り扱いはできるだけ排する.ただし,結晶の対称性や結晶構造を取り扱う以上,その空間的なイメージを養えるようその日に講義したことを復習し,演習課題は確実に消化·吸収してほしい.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨): 1.基礎無機化学 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/基礎無機化学])
必要度 (任意):
[継承]
2.基礎有機化学 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/基礎有機化学])
必要度 (任意):
[継承]
3.基礎物理化学 ([2005/[徳島大学.工学部.化学応用工学科]/[昼間コース]]/->授業概要[2004/基礎物理化学])
必要度 (任意):
[継承]
関連科目 (推奨):
要件 (任意): (英)   (日) 無機化学,有機化学,物理化学の基礎を習得していることが望ましい.   [継承]
注意 (任意):
目標 (必須): 1.(英)   (日) 簡単な結晶構造および対称性を理解する.  
[継承]
2.(英)   (日) X線回折法の原理と応用を理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 単位格子と対称の要素(1)  
[継承]
2.(英)   (日) 単位格子と対称の要素(2)  
[継承]
3.(英)   (日) 球の最密充填でつくられる構造(1)  
[継承]
4.(英)   (日) 球の最密充填でつくられる構造(2)  
[継承]
5.(英)   (日) イオン半径比と構造の予測  
[継承]
6.(英)   (日) 格子エネルギーとマーデルング定数  
[継承]
7.(英)   (日) ボルン·ハーバーサイクル  
[継承]
8.(英)   (日) 中間試験  
[継承]
9.(英)   (日) X線回折の基礎(X線の発生)  
[継承]
10.(英)   (日) X線回折の基礎(ミラー指数,ブラッグの式)  
[継承]
11.(英)   (日) 粉末X線回折,粉末X線回折データの利用  
[継承]
12.(英)   (日) 格子の型と消滅則  
[継承]
13.(英)   (日) X線回折と中性子回折  
[継承]
14.(英)   (日) 予備日  
[継承]
15.(英)   (日) 予備日  
[継承]
16.(英)   (日) 最終試験  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 講義中に演習を行い,解答を提出させる(40%),中間テスト30%,講義終了後の最終テスト30%で評価する.   [継承]
JABEE合格 (任意):
JABEE関連 (任意):
対象学生 (任意): 開講コース学生のみ履修可能 [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) チュートリアル化学シリーズ1 固体化学の基礎 S.E.Dann著 田中勝久訳 化学同人   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.村井 啓一郎 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) .   [継承]

●この色で表示されている項目はマップによって参照された内容です.

マップを行っている情報の編集について

マップによって参照している箇所を修正する場合には,次のようにしてください.
  • マップ先の記述とこの情報の記述を同時に修正する場合.
    →マップ先の情報(
        →閲覧 【授業概要】(2004/材料科学)
            →閲覧 【授業概要】(2003/材料科学)
                →閲覧 【授業概要】(2002/材料科学)
                    →閲覧 【授業概要】(2001/材料科学)
                        →閲覧 【授業概要】(2000/材料科学)
    )で編集を行なってください.
  • マップ先の記述は変更せずこの情報のみを変更する場合.
    →この頁で編集を行なってください.
    [注意] 編集画面では,マップによる参照によって得た内容は表示されません.
    [注意] 参照は同じ名前の項目がある場合に行なわれます.
    [注意] 項目を無記入にすると参照が行なわれ,それ以外には参照が行なわれません.(項目単位)

この情報を取り巻くマップ

閲覧 【授業概要】(2004/材料科学) 閲覧 【授業概要】(2005/材料科学) ←(なし)

標準的な表示

和文冊子 ● 材料科学 / Material Science
欧文冊子 ● Material Science / 材料科学

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1) 閲覧【授業概要】…(2)
Number of session users = 0, LA = 1.82, Max(EID) = 360752, Max(EOID) = 966299.