『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=111263)

EID=111263EID:111263, Map:0, LastModified:2012年10月24日(水) 18:30:48, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[松木 均], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.工学部.生物工学科.生物機能工学講座 [継承]
著者 (必須): 1.楠部 真崇
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.松木 均 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
役割 (任意): (英)   (日) 計画,考察   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.金品 昌志
役割 (任意): (英)   (日) 計画,解析,考察,論文執筆の指導   [継承]
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Thermotropic and barotropic phase transitions of N-methylated dipalmitoylphosphatidylethanolamine bilayers  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 極性基の大きさの異なる4種類のN-メチル化ジパルミトイルホスファチジルエタノールアミン二分子膜の相転移を高圧光透過法で観測した.ゲル相から液晶相への主転移および結晶相からゲル相への副転移,両転移温度は共に加圧により上昇し,極性基サイズの増大につれて降下した.ジパルミトイルホスファチジルエタノールアミン二分子膜の場合には21.8 MPaにおいて主転移温度曲線と副転移温度曲線が交差し,ゲル相は21.8 MPa以下の圧力では準安定相として存在し,21.8 MPa以上の圧力においてのみ安定相として存在することがわかった.指組み構造ゲル相に代表されるゲル相の多形現象はジパルミトイルホスファチジルコリン二分子膜のみに見出された.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) Calorimetry, Differential Scanning (日) (読) [継承]
2. (英) Lipid Bilayers (日) (読) [継承]
3. (英) Phase Transition (日) (読) [継承]
4. (英) Phosphatidylethanolamines (日) (読) [継承]
5. (英) Temperature (日) (読) [継承]
6. (英) Thermodynamics (日) (読) [継承]
発行所 (推奨): Elsevier Science [継承]
誌名 (必須): Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes ([Elsevier Science])
(pISSN: 0005-2736)

ISSN (任意): 0005-2736
ISSN: 0005-2736 (pISSN: 0005-2736, eISSN: 1879-2642)
Title: Biochimica et biophysica acta. Biomembranes
Title(ISO): Biochim Biophys Acta Biomembr
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 1668 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 25 32 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2005年 2月 1日 (平成 17年 2月 1日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1016/j.bbamem.2004.11.002    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意): 15670728    (→Scopusで検索) [継承]
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Article.Affiliation: Department of Biological Science and Technology, Faculty of Engineering, The University of Tokushima, 2-1 Minamijosanjima, Tokushima 770-8506, Japan.  (日)    [継承]
2.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article  (日)    [継承]
3.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions of N-methylated dipalmitoylphosphatidylethanolamine bilayers, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 25-32, 2005.
欧文冊子 ● Masataka Kusube, Hitoshi Matsuki and Shoji Kaneshina : Thermotropic and barotropic phase transitions of N-methylated dipalmitoylphosphatidylethanolamine bilayers, Biochimica et Biophysica Acta (BBA) - Biomembranes, Vol.1668, No.1, 25-32, 2005.

関連情報

Number of session users = 6, LA = 0.92, Max(EID) = 372614, Max(EOID) = 996873.