『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=103819)

EID=103819EID:103819, Map:0, LastModified:2014年1月20日(月) 11:13:42, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[学科長]/[徳島大学.医学部.保健学科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須):
招待 (推奨):
審査 (推奨):
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) (日) 笹野 京子 (読) ささの きょうこ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.川西 千恵美
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) (日) 田澤 賢次 (読) たざわ けんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Development of A Self-efficacy Scale for Rheumatoid Arthritis  (日) 慢性関節リウマチ患者の自己効力感尺度作成の試み   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英) The purpose of this study was to construct a scale for measuring self-efficacy of rheumatoid arthritis patient validity. One hundred and ninety-nine subject responded to a questionnaire. Fifteen items were selected for scale through item analysis. The scale showed two-factors structure, which were named 'daily life control self-efficacy' and 'pain control self-efficacy' Reliability of client was 0.91,and validity of this scale identified this distress scale was correlated with the scores of pain scale and depression scale.  (日) 本研究の目的は, 慢性関節リウマチ患者の自己効力感の強さを測定する尺度を作成し, その信頼性と妥当性を検証することである.リウマチ患者からの質的なデータを基盤として質問項目を作成し, 先行研究を参考に修正・洗練し20項目からなる質問紙原案を作成した.専門家による内容妥当性を確認の上, リウマチ患者を対象に予備調査を行い表面妥当性を確認した.さらに信頼性と妥当性を検証するために237名の同意の得られた慢性関節リウマチ患者を対象に調査を実施した.有効回答率は84.0%(n=199)であった.項目分析の結果, 5項目が削除された.15項目による因子分析の結果, 「日常生活に対する自己効力感」, 「疼痛に対する自己効力感」の2因子が抽出された.下位尺度の信頼性は, α係数0.86,0.85と高く, 信頼性が検証された.妥当性は, 疼痛度とうつ尺度に, 有意な相関があることで証明された.本尺度は2因子15項目で成立し信頼性・妥当性は許容できるレベルの尺度であることが示された.   [継承]
キーワード (推奨): 1. (英) self-efficacy (日) 自己効力感 (読) [継承]
2. (英) rheumatoid-arthritis patients (日) 慢性関節リウマチ (読) [継承]
3. (英) scale (日) 尺度 (読) [継承]
4. (英) depression (日) 抑うつ (読) [継承]
5. (英) pain (日) 疼痛 (読) [継承]
発行所 (推奨): 富山大学 [継承]
誌名 (必須): (英) The journal of the Nursing Society of the Toyama Medical and Pharmaceutical University (日) 富山医科薬科大学看護学会誌 (読)
ISSN (任意): 1344-1434
ISSN: 1344-1434 (pISSN: 1344-1434)
Title: 富山医科薬科大学看護学会誌
Supplier: 富山大学
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 31 39 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2001年 3月 末日 (平成 13年 3月 末日) [継承]
URL (任意): http://ci.nii.ac.jp/naid/110001033821/ [継承]
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意): 110001033821 [継承]
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 笹野 京子, 川西 千恵美, 田澤 賢次 : 慢性関節リウマチ患者の自己効力感尺度作成の試み, 富山医科薬科大学看護学会誌, Vol.4, No.1, 31-39, 2001年.
欧文冊子 ● 笹野 京子, Chiemi Kawanishi and 田澤 賢次 : Development of A Self-efficacy Scale for Rheumatoid Arthritis, The journal of the Nursing Society of the Toyama Medical and Pharmaceutical University, Vol.4, No.1, 31-39, 2001.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 2.87, Max(EID) = 372616, Max(EOID) = 996877.