『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=103488)

EID=103488EID:103488, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 15:46:18, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[教務委員会委員長]/[徳島大学.人間·自然環境研究科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 人間・自然環境研究科 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 生活環境論 (読) せいかつかんきょうろん
[継承]
コース (必須): 1.2004/[徳島大学.人間·自然環境研究科]/人間環境専攻·自然環境専攻 研究科共通科目 環境基礎領域/[修士課程] [継承]
担当教員 (必須): 1.齊藤 隆仁 ([徳島大学.教養教育院])
肩書 (任意):
[継承]
2.水島 多喜男
肩書 (任意):
[継承]
3.阿部 栄子
肩書 (任意):
[継承]
4.和田 眞
肩書 (任意):
[継承]
5.桂 修治
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) (1)斉藤 隆仁 (固体物性·助教授·saito@ias.tokushima-u.ac.jp), 地球温暖化をキーワードとして,現在の熱機関(エンジン,発電システム)の持つ問題点,あるいは地球温暖化を緩和するべく現在開発が進められている水素貯蔵,燃料電池,超伝導といった技術について自然科学的立場から考えてゆく.(2)阿部 栄子(生活環境·教授·e-abe@ias.tokushima-u.ac.jp), 私たちにとって,最も身近な『環境』である室内環境·衣服環境について考える.住宅および衣服がつくり出す空間は,人間が人生の中で最も多く過ごす大切な空間である.地球環境に負荷をかけず,快適に健康で生活することの意義を考える.(3)水島 多喜男(中東経済·教授·mizushim@ias.tokushima-u.ac.jp), エネルギーの利用は,利用を可能にする技術だけでなく,コストによっても大きく影響される.また,エネルギーの供給は,産業として大きな利益を生み出し,国家の経済運営の基幹にかかわるため,政治経済的利害によっても大きな影響を被る.このような点を社会科学的立場から考えてゆく.(4)和田 眞(合成化学·教授·wada@ias.tokushima-u.ac.jp), 持続的社会のための化学(グリーン·ケミストリー)の視点から,これまでの化学および化学技術を,近視眼的な経済性や技術的雑易度を勘案した妥協から成立し,理論的にも迂回した製造·変換プロセスであったととらえ,これに対して,目指すべき21世紀の化学と化学技術が環境調和型の洗練された変換プロセスでなければならないことについて語りたい.また,化学技術の実践には,技術的な問題だけではなく,一般社会の価値観,さらには法規制のみならず税制も含めた行政施策が大きく影響を及ぼすことも力説したい.(5)桂 修治(ドイツ文学·教授·katsura@ias.tokushima-u.ac.jp),環境保護については,科学技術や生態学の側面ばかりではなく,何よりも,市民の社会参加の側面を見逃してはならないだろう.環境保護への取り組みに関して日本とは大きく異なる進路をたどっているドイツの事例を紹介し,環境保護を考える契機としたい.ドイツにおける廃棄物処理,更新可能エネルギーの現状と今後の展望,政治教育と環境意識の育成などについて,これまでの歴史的展開と今後の展望をふくめて考えてみたい.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 今後の人間の生存に深くかかわるリサイクル,リサイクル問題,エネルギー·システムの課題について認識を深める.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 院生らしい自由闊達な意見交換を期待します.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 提示された問題領域とそこでの課題を踏まえ,各自の専攻にできるだけ関連させる形で環境についての自分自身の考えをまとめる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 各担当者が,上記の内容で報告する.(講義ではなく,あくまでセミナーとして開講する.)  
[継承]
2.(英)   (日) 各担当者の担当時間は2回.  
[継承]
3.(英)   (日) 学期最後の3,4回を使って,受講生が簡単な報告発表を行い,担当教員によるコメントを受ける.  
[継承]
4.(英)   (日) このため,第1回目は,受講生の確認と授業の進め方の確認,受講生の報告テーマの設定にあて,授業(セミナー)は2回目から実施する.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 授業への取り組みと,期末の発表により行う.   [継承]
再評価 (必須):
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 適宜配付する.   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.齊藤 隆仁 ([徳島大学.教養教育院])
オフィスアワー (任意): (英)   (日) オフィス·アワー:各教員の事情が異なるので,授業の後か,メールで連絡をとった後に訪問するようにしてください.メール·アドレスは上記欄に記載.   [継承]
[継承]
2.水島 多喜男
オフィスアワー (任意): (英)   (日) オフィス·アワー:各教員の事情が異なるので,授業の後か,メールで連絡をとった後に訪問するようにしてください.メール·アドレスは上記欄に記載.   [継承]
[継承]
3.阿部 栄子
オフィスアワー (任意): (英)   (日) オフィス·アワー:各教員の事情が異なるので,授業の後か,メールで連絡をとった後に訪問するようにしてください.メール·アドレスは上記欄に記載.   [継承]
[継承]
4.和田 眞
オフィスアワー (任意): (英)   (日) オフィス·アワー:各教員の事情が異なるので,授業の後か,メールで連絡をとった後に訪問するようにしてください.メール·アドレスは上記欄に記載.   [継承]
[継承]
5.桂 修治
オフィスアワー (任意): (英)   (日) オフィス·アワー:各教員の事情が異なるので,授業の後か,メールで連絡をとった後に訪問するようにしてください.メール·アドレスは上記欄に記載.   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 担当者は年度ごとに変更されることがある.   [継承]
2.(英)   (日) 開講学期:前   [継承]
3.(英)   (日) 2004年度は,火 11·12 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 生活環境論 / 生活環境論
欧文冊子 ● 生活環境論 / 生活環境論

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 3, LA = 0.54, Max(EID) = 383954, Max(EOID) = 1027008.