『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=102967)

EID=102967EID:102967, Map:0, LastModified:2011年4月11日(月) 15:37:53, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[徳島大学.全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 学部開放科目 (読) がくぶかいほうかもく
題目 (必須): (英) (日) 分子物理化学I (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2004/[徳島大学]/教養科目 学部開放分野/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.松本 光弘
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 2 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 化学反応熱,化学平衡,物理平衡,起電力等を熱力学をもとにして系統だてて理解すること.また,反応速度を左右する因子について理解し,実際の物質変化が自由エネルギー変化と反応速度とに関係していることを理解してもらう.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) SI単位系,気体分子運動論をもとにして熱および比熱の意味にふれ,これを基にして内部エンルギーの意味について講義する.熱力学第一,第二法則をもとに,化学反応熱と化学平衡の意味とその求め方について具体的に示す.自由エネルギーを使って,希薄溶液の諸法則,電解質溶液の平衡,電池の起電力,膜電位,相平衡などについて理解させる. ,化学反応速度を支配する因子を示し,より複雑な反応の定量的取り扱いについて例を示しながら講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 試験前の質問等大歓迎するが,試験後の単位のおねだりはかたくお断りする. ,予習復習をし,わからないときは質問に来てほしい.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 内部エネルギー,エンタルピー,エントロピー,自由エネルギーの概念に慣れ親しむ.  
[継承]
2.(英)   (日) 標準生成エンタルピーと自由エネルギーを使っての化学反応熱と化学平衡定数の求め方を修得する.  
[継承]
3.(英)   (日) 希薄溶液の諸法則,電解質溶液の平衡,電位,相平衡,化学反応速度などにおける化学用語に慣れ親しむ.  
[継承]
4.(英)   (日) 化学反応速度を支配する因子について理解する.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1) SI単位系,理想気体の初法則について講義する.  
[継承]
2.(英)   (日) 2) 気体分子運動論からみる熱および温度について講義する.  
[継承]
3.(英)   (日) 3) 気体や固体がもつエネルギーについて講義する.  
[継承]
4.(英)   (日) 4) 熱力学的状態量である内部エネルギーとエンタルピーを導入する.  
[継承]
5.(英)   (日) 5) 標準生成エンタルピーと化学反応熱および結合エネルギーについて講義する.  
[継承]
6.(英)   (日) 6) 熱力学的状態量であるエントロピーおよびギブスの自由エネルギーを導入する.  
[継承]
7.(英)   (日) 7) 気体の圧力と自由エネルギーの関係,気体反応の平衡定数との関係について講義する.  
[継承]
8.(英)   (日) 8) 中間試験をする.  
[継承]
9.(英)   (日) 9) 物理平衡について述べ,溶液の自由エネルギーと濃度の関係について講義する.  
[継承]
10.(英)   (日) 10) 1成分,2成分,3成分系の相律について講義する.  
[継承]
11.(英)   (日) 11) 一般の化学平衡,膜平衡について講義する.  
[継承]
12.(英)   (日) 12) 気体,溶液,固体の活動度と自由エネルギーとの関係を導く.  
[継承]
13.(英)   (日) 13) 化学反応反応速度と温度,濃度,触媒との関係をのべる.  
[継承]
14.(英)   (日) 14) 連鎖反応や酵素反応などより複雑な反応の機構についても講義する.  
[継承]
15.(英)   (日) 15) 本試験をする.  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 主に中間試験と期末テストで評価するが, レポートも参考にする.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 有   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 現代の化学[日新出版] 渡辺 啓,松本光弘,上原 哲,寺島昌代共著   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.松本 光弘
オフィスアワー (任意): (英)   (日) 前後期 木曜日 13時∼14時.30分 松本研究室(総合科学部3号館2階) ,E-Mail : mitsu@ias.tokushima-u.ac.jp   [継承]
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:後   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,水 1·2 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 学部開放科目 / 学部開放科目 --- 分子物理化学I / 分子物理化学I
欧文冊子 ● 学部開放科目 / 学部開放科目 --- 分子物理化学I / 分子物理化学I

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 0.88, Max(EID) = 383285, Max(EOID) = 1024421.