『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=102833)

EID=102833EID:102833, Map:0, LastModified:2007年12月28日(金) 21:09:43, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[センター長]/[全学共通教育センター]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 全学共通教育 (授業概要) [継承]
入学年度 (必須): 西暦 2004年 (平成 16年) [継承]
名称 (必須): (英) (日) 基礎生物学 (読) きそせいぶつがく
題目 (必須): (英) (日) 基礎生物学MI (読) [継承]
[継承]
形態 (推奨):
コース (必須): 1.2004/[徳島大学]/基礎教育科目/[共通教育] [継承]
担当教員 (必須): 1.石村 和敬
肩書 (任意):
[継承]
2.
肩書 (任意):
[継承]
単位 (必須): 1 [継承]
目的 (必須): (英)   (日) 医学の専門教育を学ぶにあたって必要な,医学に関係した生物学の基本について講義し,生命に対する考え方を身につけさせることを目的とする.   [継承]
概要 (必須): (英)   (日) 生体を構成する物質,細胞,組織,器官の構造と機能,遺伝子の構造とその働き,分子病の概念,人体の発生と分化の基本,ホメオスタシスの意義と仕組み,神経系における情報伝達の仕組み,脳の仕組みとその働きの基礎について講義する.   [継承]
キーワード (推奨):
先行科目 (推奨):
関連科目 (推奨):
注意 (任意): (英)   (日) 「教えてもらう」ではなく,「自ら学ぶ」という意識で臨んでいただきたい.授業中の私語は厳禁だが,勉強に関する質問はどんなものでも歓迎する.   [継承]
目標 (必須): 1.(英)   (日) 1. 遺伝子を含む主な生体構成物質の構造と働き,分子病の概念を理解できる.  
[継承]
2.(英)   (日) 2. 人体の発生·分化の基本,細胞,組織,器官の構造と働きを説明できる.  
[継承]
3.(英)   (日) 3. ホメオスタシスの意義,神経系の情報伝達と脳の仕組みを理解できる.  
[継承]
計画 (必須): 1.(英)   (日) 1. 細胞の構造と機能(1) (石村和敬教授 医学部形態情報医学)  
[継承]
2.(英)   (日) 2. 細胞の構造と機能(2) (同上)  
[継承]
3.(英)   (日) 3. 細胞の構造と機能(3) (同上)  
[継承]
4.(英)   (日) 4. 遺伝子の構造と働き(1) (福井 清教授 分子酵素学研究センター遺伝制御学)  
[継承]
5.(英)   (日) 5. 遺伝子の構造と働き(2) (同上)  
[継承]
6.(英)   (日) 6. 遺伝子の構造と働き(3) (同上)  
[継承]
7.(英)   (日) 7. 器官系の構成と役割 (福井義浩教授 医学部機能解剖学)  
[継承]
8.(英)   (日) 8. 発生と分化 (同上)  
[継承]
9.(英)   (日) 9. 体液のホメオスタシス(1) (吉崎和男教授 医学部分子細胞生理学)  
[継承]
10.(英)   (日) 10. 体液のホメオスタシス(2) (同上)  
[継承]
11.(英)   (日) 11. ホルモンによる調節 (同上)  
[継承]
12.(英)   (日) 12. 脳の仕組みとその働き (森田雄介教授 医学部統合生理学)  
[継承]
13.(英)   (日) 13. 神経による調節(1) (同上)  
[継承]
14.(英)   (日) 14. 神経による調節(2) (同上)  
[継承]
評価 (必須): (英)   (日) 学期末試験で評価する.試験は筆記試験で行い,担当教官1人につき20点ずつの出題で合計100点満点とする.教官のそれぞれの担当部分において10点以上あり,且つ総合点が60点以上あれば合格とする.不合格者については再試験を行う.   [継承]
再評価 (必須): (英)   (日) 有   [継承]
対象学生 (不用): (英)   (日) (医(医)1年)   [継承]
教科書 (必須): 1.(英)   (日) 教科書は特に指定しない.授業に出席していただくことが肝要である.参考書としては以下のものがある.   [継承]
2.(英)   (日) 石川春律·近藤尚武·柴田洋三郎編「標準細胞生物学」医学書院   [継承]
3.(英)   (日) 谷口直之·米田悦啓編「医学を学ぶための生物学」南江堂   [継承]
4.(英)   (日) B. Alberts 他著「Essential Cell Biology」Garland社   [継承]
5.(英)   (日) B. Alberts 他著「Molecular Biology of the Cell」Garland社   [継承]
6.(英)   (日) D. Baltimore他著「Molecular cell Biology(4版)」Freeman社   [継承]
7.(英)   (日) F.E. ブルーム著「脳の探検(上·下)」講談社   [継承]
8.(英)   (日) トートラ著「人体解剖生理学」丸善   [継承]
9.(英)   (日) 高等学校の生物の教科書及び参考書   [継承]
参考資料 (推奨):
URL (任意):
連絡先 (推奨): 1.石村 和敬
オフィスアワー (任意):
[継承]
科目コード (推奨):
備考 (任意): 1.(英)   (日) 開講学期:前   [継承]
2.(英)   (日) 2004年度は,金 1·2 開講   [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● 基礎生物学 / 基礎生物学 --- 基礎生物学MI / 基礎生物学MI
欧文冊子 ● 基礎生物学 / 基礎生物学 --- 基礎生物学MI / 基礎生物学MI

関連情報

この情報を参照している情報

閲覧【教育プログラム】…(1)
Number of session users = 0, LA = 3.66, Max(EID) = 372561, Max(EOID) = 996460.