『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=101250)

EID=101250EID:101250, Map:0, LastModified:2012年3月23日(金) 16:32:27, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[細井 和雄], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨):
著者 (必須): 1. (英) Kurihara Kinji (日) 栗原 琴二 (読) くりはら きんじ
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) Maruyama, Shichiro (日) 丸山 七郎 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.細井 和雄
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Gresik, W Edward (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Ueha,Takao (日) 上羽 隆夫 (読) うえは たかお
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Effects of steroids and thyroid hormones on Na+,K+-ATPase activity and localization of its a subunit protein in submandibular gland of hypophysectomized mice (in Japanese)  (日) 脳下垂体摘出マウス顎下腺のNa+, K+-ATPase活性およびその局在性に及ぼす甲状腺ホルモン並びにステロイドホルモンの影響   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意):
キーワード (推奨):
発行所 (推奨):
誌名 (必須): 日本唾液腺学会誌 (日本唾液腺学会)
(pISSN: 0916-1104)

ISSN (任意): 0916-1104
ISSN: 0916-1104 (pISSN: 0916-1104)
Title: 日本唾液腺学会誌
 (医中誌Web (No Scopus information.)
[継承]
[継承]
(必須): 36 [継承]
(必須): [継承]
(必須): 41 43 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1995年 11月 初日 (平成 7年 11月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 栗原 琴二, 丸山 七郎, 細井 和雄, Edward W Gresik, 上羽 隆夫 : 脳下垂体摘出マウス顎下腺のNa+, K+-ATPase活性およびその局在性に及ぼす甲状腺ホルモン並びにステロイドホルモンの影響, 日本唾液腺学会誌, Vol.36, 41-43, 1995年.
欧文冊子 ● Kinji Kurihara, Shichiro Maruyama, Kazuo Hosoi, Edward W Gresik and Takao Ueha : Effects of steroids and thyroid hormones on Na+,K+-ATPase activity and localization of its a subunit protein in submandibular gland of hypophysectomized mice (in Japanese), Journal of the Japan Salivary Gland Society, Vol.36, 41-43, 1995.

関連情報

Number of session users = 0, LA = 1.41, Max(EID) = 377113, Max(EOID) = 1009913.