『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=100723)

EID=100723EID:100723, Map:0, LastModified:2017年12月21日(木) 14:08:17, Operator:[大家 隆弘], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西川 啓介], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.歯学部.歯学科.機能維持系臨床歯学講座.咬合管理学(歯科補綴学第二講座) [継承]
著者 (必須): 1.西川 啓介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2. (英) (日) 近藤 一雄 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3.竹内 久裕
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4. (英) Glenn T. Clark (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Contingent electrical lip stimulation for sleep bruxism: A pilot study  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 睡眠時ブラキシズムは歯科臨床で重視されている口腔習癖の一つであるが,未だ有効な治療,コントロール法がない.本研究ではブラキシズム抑制方法の開発を目的として,小型電気スイッチを応用したブラキシズム検出装置ならびに口唇への電気刺激装置を開発した.この装置を7名のブラキシズム患者に夜間睡眠時に装着させ,ブラキシズム検出とともに口唇部に設置した電極から微少な電気刺激を加えた.この結果,微少な電気刺激を加えることでブラキシズムの抑制効果が得られることを明らかとした.   [継承]
キーワード (推奨): 1.ブラキシズム (bruxism) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): The Journal of Prosthetic Dentistry (Mosby, Inc.)
(pISSN: 0022-3913, eISSN: 1097-6841)

ISSN (任意): 0022-3913
ISSN: 0022-3913 (pISSN: 0022-3913, eISSN: 1097-6841)
Title: The Journal of prosthetic dentistry
Title(ISO): J Prosthet Dent
Publisher: Mosby Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
[継承]
[継承]
(必須): 89 [継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 412 417 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 2003年 4月 初日 (平成 15年 4月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意): 10.1067/mpr.2003.82    (→Scopusで検索) [継承]
PMID (任意): 12690356    (→Scopusで検索) [継承]
NAID (任意):
WOS (任意): 000182326200016 [継承]
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意): 1.(英) Article.Affiliation: Department of Fixed Prosthodontics, School of Dentistry, Tokushima University, Tokushima, Japan.  (日)    [継承]
2.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Comparative Study  (日)    [継承]
3.(英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article  (日)    [継承]

標準的な表示

和文冊子 ● Keisuke Nishigawa, 近藤 一雄, Hisahiro Takeuchi and Clark T. Glenn : Contingent electrical lip stimulation for sleep bruxism: A pilot study, The Journal of Prosthetic Dentistry, Vol.89, No.4, 412-417, 2003.
欧文冊子 ● Keisuke Nishigawa, 近藤 一雄, Hisahiro Takeuchi and Clark T. Glenn : Contingent electrical lip stimulation for sleep bruxism: A pilot study, The Journal of Prosthetic Dentistry, Vol.89, No.4, 412-417, 2003.

関連情報

Number of session users = 4, LA = 0.67, Max(EID) = 359812, Max(EOID) = 963824.