『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=100711)

EID=100711EID:100711, Map:0, LastModified:2015年11月27日(金) 16:30:52, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[西川 啓介], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 英語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.歯学部.歯学科.機能維持系臨床歯学講座.咬合管理学(歯科補綴学第二講座) [継承]
著者 (必須): 1. (英) Ikeda Takashi (日) 池田 隆志 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
2.西川 啓介
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
3. (英) Kondo Kazuo (日) 近藤 一雄 (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
4.竹内 久裕
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
5. (英) Glenn T. Clark (日) (読)
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英) Criteria for the Detection of Sleep-Associated Bruxism in Humans  (日)    [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) ブラキシズムを有する9名の被験者について,睡眠中の表面筋電図ならびに心電図を記録した.睡眠中のモニターは環境からの影響を最小限にするため,スリープラボではなく各被験者の家庭において連続する4日間行った.解析に際しては,咬筋筋電図については3%MVCを基準としてその動態を解析すると共に,このブラキシズムバースト時の心電図変化について関連を調べた.そしてこの結果を基にブラキシズムイベントの判定アルゴリズムを構築し報告した.   [継承]
キーワード (推奨): 1.ブラキシズム (bruxism) [継承]
発行所 (推奨):
誌名 (必須): Journal of Orofacial Pain (American Academy of Orofacial Pain)
(resolved by 1064-6655)
ISSN: 1064-6655 (pISSN: 1064-6655, eISSN: 1945-3396)
Title: Journal of orofacial pain
Title(ISO): J Orofac Pain
Publisher: Quintessence Publishing Company
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 10 [継承]
(必須): 3 [継承]
(必須): 270 282 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1996年 0月 初日 (平成 8年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● Takashi Ikeda, Keisuke Nishigawa, Kazuo Kondo, Hisahiro Takeuchi and Clark T. Glenn : Criteria for the Detection of Sleep-Associated Bruxism in Humans, Journal of Orofacial Pain, Vol.10, No.3, 270-282, 1996.
欧文冊子 ● Takashi Ikeda, Keisuke Nishigawa, Kazuo Kondo, Hisahiro Takeuchi and Clark T. Glenn : Criteria for the Detection of Sleep-Associated Bruxism in Humans, Journal of Orofacial Pain, Vol.10, No.3, 270-282, 1996.

関連情報

Number of session users = 1, LA = 2.42, Max(EID) = 359798, Max(EOID) = 963761.