『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:

登録内容 (EID=100700)

EID=100700EID:100700, Map:0, LastModified:2015年11月27日(金) 14:58:16, Operator:[三木 ちひろ], Avail:TRUE, Censor:0, Owner:[[科長]/[徳島大学.病院.診療科.歯科]], Read:継承, Write:継承, Delete:継承.
種別 (必須): 学術論文 (審査論文) [継承]
言語 (必須): 日本語 [継承]
招待 (推奨):
審査 (推奨): Peer Review [継承]
カテゴリ (推奨):
共著種別 (推奨):
学究種別 (推奨):
組織 (推奨): 1.徳島大学.歯学部.歯学科.機能維持系臨床歯学講座.咬合管理学(歯科補綴学第二講座) [継承]
著者 (必須): 1.竹内 久裕
役割 (任意):
貢献度 (任意):
学籍番号 (推奨):
[継承]
題名 (必須): (英)   (日) オクルーザルピボット咬合時の下顎変位   [継承]
副題 (任意):
要約 (任意): (英)   (日) 本研究では,ディジタル方式顎運動測定器MM-JIならびに同時多層断層X線撮影を用いて,片側臼歯部でのオクルーザルピボット咬合時の下顎の動態について検討した.この結果,開口量9㎜,16㎜とも咬合点が後方になるに従い,矢状面内での下顎の回転は有意に減少しており,歯列後方部には咬合力の平行がとれ,特に矢状面内での下顎の回転量が小さくなる咬合点が存在することが明らかとなった.   [継承]
キーワード (推奨): 1.顎運動 (jaw motion/->キーワード[顎運動]) [継承]
発行所 (推奨): 四国歯学会 [継承]
誌名 (必須): 四国歯学会雑誌 ([四国歯学会])
(resolved by 0914-6091)
ISSN: 0914-6091 (pISSN: 0914-6091)
Title: 四国歯学会雑誌
Supplier: 徳島大学
 (Webcat Plus  (医中誌Web (No Scopus information.)

ISSN (任意):
[継承]
(必須): 4 [継承]
(必須): 1 [継承]
(必須): 29 49 [継承]
都市 (任意):
年月日 (必須): 西暦 1991年 0月 初日 (平成 3年 0月 初日) [継承]
URL (任意):
DOI (任意):
PMID (任意):
NAID (任意):
WOS (任意):
Scopus (任意):
評価値 (任意):
被引用数 (任意):
指導教員 (推奨):
備考 (任意):

標準的な表示

和文冊子 ● 竹内 久裕 : オクルーザルピボット咬合時の下顎変位, 四国歯学会雑誌, Vol.4, No.1, 29-49, 1991年.
欧文冊子 ● Hisahiro Takeuchi : オクルーザルピボット咬合時の下顎変位, Shikoku Dental Research, Vol.4, No.1, 29-49, 1991.

関連情報

Number of session users = 2, LA = 0.57, Max(EID) = 359747, Max(EOID) = 963483.