『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 森 健

登録情報の数

有効な情報: 11件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 11件

全ての有効な情報 (11件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[学科・専攻](学位授与学科・専攻(論文博士の場合には研究科名))による分類 :
[学位](学位の種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 [修士] : (氏名) : ポリ(アシルアミノアクリル酸アルキル)の感熱応答性に与えるアルキル鎖長の効果, 2004年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : ポリ(2-プロピオンアミドアクリル酸メチル)水溶液およびハイドロゲルの温度誘起相分離に関する研究, 2004年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 側鎖型アゾベンゼンポリマーを用いた微粒子調製法の開発, 2004年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : ポリ(p-フェニレンビニレン)-ブロック-ポリエチレングリコールの自己集合性, 2004年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : デヒドロアラニン誘導体からなる高分子水溶液の相分離挙動に及ぼす外部刺激の影響, 2005年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 水溶液中における親水性ポリエーテルの自己集合に及ぼす末端疎水基の影響, 2005年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : β-シート構造の形成を利用したジアセチレン誘導化ペプチドの固相重合, 2005年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : ジアセチレン誘導化トレオニンを含むペプチドのβ-シート構造形成と重合性, 2005年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : オリゴ(p-フェニレンビニレン)とポリエチレンオキシドから成るT字型ロッド-コイル分子の合成と自己集合性, 2006年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : ポリ(デヒドロアラニン)水溶液の異常な熱履歴現象に与えるアルキル基の効果, 2006年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 超音波照射による2-アセトアミドアクリル酸メチルの重合, 2006年3月, 南川 慶二 (森 健), [河村 保彦, 佐藤 恒之, 南川 慶二]..[指導協力教員] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.79, Max(EID) = 360766, Max(EOID) = 966322.