『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.工学部.化学応用工学科.物質合成化学講座

登録情報の数

有効な情報: 33件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 34件

全ての有効な情報 (33件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[学科・専攻](学位授与学科・専攻(論文博士の場合には研究科名))による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(33)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(33)
[学位](学位の種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 [学士] : (氏名) : ロピナビル及びリトナビルのコアの構造合成を目的とした 立体選択的2-イソオキサゾリン合成, 2009年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : アリルMgアルコキシドへのニトロナート環状付加反応における光学活性添加剤の効果, 2009年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 塩化ヒドロキシモイルと0価Mgからのニトリルオキシド発生法の研究, 2009年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 二環性イソオキサゾリジンのレジオ選択的 フラグメンテーション反応による2-イソオキサゾリンへの変換, 2010年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : アゾメチンイリド環状付加反応による ピロリジンおよび1-ピロリン誘導体合成におけるアミン添加効果, 2010年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : ジシベタイン合成を目的としたマルチ官能基化イソオキサゾリジンの官能基化イソオキサゾリジンの官能基変換反応, 2010年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : p-(C9-アルコキシフェニル)基を有したメソイオン化合物の合成と付加環化反応, 2005年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 3-(アロイルメチル)ヘキサ-1,5-ジインの合成と光水素引抜き反応, 2005年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 7-(o-置換フェニル)メチレンノルボルネン類の合成, 2005年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : オルト位に置換基を有した1,1-ジアリールエテン類の光異性化, 2005年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 3-(アロイルメチル)-1,5-ヘキサジインの合成と性質, 2006年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : p-ヘキシルオキシフェニル基を有するメソイオン型チアゾロンの合成と付加環化反応, 2006年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 7-(ジアリールメチレン)ノルボルナンの合成と一電子移動性, 2006年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : ジアリールケトンオキシムエーテルの一電子移動性と光反応, 2006年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 電子不足型アルケンとのニトロナート環状付加反応におけるアミン類添加効果, 2007年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : トリアジン誘導体の合成及びフラーレンとの付加環化反応の検討, 2007年3月, 河村 保彦, 西内 優騎 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 2-フェニルインドールオキシドの構造訂正と光反応, 2007年3月, 河村 保彦, 西内 優騎 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 官能基化されたニトロアルカンの合成, 2007年3月, 西内 優騎, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 光バーグマン環化をめざしたエンジイン前駆体の合成と光反応, 2007年3月, 河村 保彦, 西内 優騎 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : メソイオン化合物の合成を目的とした1,2,4-トリアジン誘導体の合成, 2007年3月, 河村 保彦, 西内 優騎 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : アズレンを発色団としたエンジイン前駆体の合成, 2008年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 1,3-オキサゾリウム-5-オレートの合成及びC60との付加環化反応, 2008年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 1,3-ジチオリウム-4-オレートの合成及びC60との付加環化反応, 2008年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : トリアリールエテンの合成と光幾何異性化, 2008年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 中員環状エンジイン前駆体の合成をねらいとしたアルキンの化学変換, 2008年3月, 河村 保彦 [河村 保彦]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 分子量の異なる末端修飾ポリエチレングリコール系ER流体の調製と評価, 2009年3月, 南川 慶二 [南川 慶二]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 薬物をインターカレーションしたMg/Al層状複水酸化物の合成と薬物放出挙動, 2009年3月, 南川 慶二 [南川 慶二]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : DNAと層状複水酸化物の複合化による有害物質除去材料の調製, 2009年3月, 南川 慶二 [南川 慶二]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : リボフラビン誘導体を触媒とするアルキンの水素化反応, 2013年3月, 今田 泰嗣, 南川 慶二 [今田 泰嗣, 南川 慶二]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : LDH固定化フラビン触媒を指向したω-(3-イソアロキサジニル)アルカン酸の合成, 2013年3月, 今田 泰嗣, 南川 慶二 [今田 泰嗣, 南川 慶二]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 高分子担持フラビンの合成とその触媒作用, 2013年3月, 今田 泰嗣, 南川 慶二 [今田 泰嗣, 南川 慶二]..[学科・専攻] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : アクリルアミドとスチレンとの共重合に対する溶媒効果, 1995年3月, (指導教員) [本仲 純子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 光酵素酸化に対する金属ポルフィリンの作用, 1995年3月, (指導教員) [本仲 純子]..[学科・専攻] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.69, Max(EID) = 361611, Max(EOID) = 967818.