『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 徳島大学.薬学部.創製薬科学科 (2006年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 22件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 22件

全ての有効な情報 (22件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[学科・専攻](学位授与学科・専攻(論文博士の場合には研究科名))による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(22)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(22)
[学位](学位の種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 [学士] : (氏名) : 小胞体タンパク質EPIGは紫外線勝者による細胞死を抑制する, 2013年3月, 山﨑 哲男 [山﨑 哲男]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : タンパク質凝集阻害活性を有する小分子化合物の合成研究, 2015年3月, 山﨑 哲男 [山﨑 哲男]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 神経ガイダンス因子とタンパク質凝集体難病, 2019年3月, 山﨑 哲男 [山﨑 哲男]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : タンパク質凝集体難病の病因, 2019年3月, 山﨑 哲男 [山﨑 哲男]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : CLN6のN末端から149番目の抗凝集体活性における重要性について, 2020年3月, 山﨑 哲男 [山﨑 哲男]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 環状ジヌクレオチドアナログc-di-ZMPの合成, 2019年3月, 南川 典昭, 田良島 典子 [南川 典昭, 田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 抗デングウイルス活性を有するイミダゾールヌクレオシド類の開発研究, 2019年3月, 南川 典昭, 田良島 典子 [南川 典昭, 田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 標的捕捉型ケミカルプローブ7dia-deAの改良合成法の開発研究, 2019年3月, 南川 典昭, 田良島 典子 [南川 典昭, 田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 4'-チオガイドRNAを利用するCRISPR Cas法への試み, 2020年3月, 南川 典昭, 田良島 典子 [南川 典昭, 田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 環状ジヌクレオチド誘導体の創薬研究, 2020年3月, 南川 典昭, 田良島 典子 [南川 典昭, 田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 4'-置換-4'-チオリボヌクレオシド誘導体の合成研究, 2020年3月, 南川 典昭, 田良島 典子 [南川 典昭, 田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する核酸代謝拮抗剤の研究, 2021年3月, 南川 典昭 [田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 核酸を活用するimmunogenic cell death誘導法の開発, 2021年3月, 南川 典昭 [田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 2',3'-c-di-4'-thioAMPの合成研究, 2021年3月, 南川 典昭 [田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 細胞膜透過性を有する環状ジヌクレオチドアナログの創製, 2021年3月, 南川 典昭 [田良島 典子]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 0価パラジウム触媒を用いたプロパルギルエステルと不飽和β-ケトエステルの連続的環化反応の開発, 2011年3月, 吉田 昌裕 (宍戸 宏造), [(審査教員)]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 電子酸化剤を用いたアルケンとβ-ケトエステルの酸化的付加環化反応ー環状ヘミアセタールの立体選択的合成, 2011年3月, 吉田 昌裕 (宍戸 宏造), [(審査教員)]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : パラジウム触媒を用いたプロパルギルエステルとβ-イミノエステルの連続的環化反応の開発,, 2011年3月, 吉田 昌裕 (宍戸 宏造), [(審査教員)]..[学科・専攻] ...
閲覧 [学士] : (氏名) : Claisen転位反応を活用した (+)-heliannuol D の不斉合成研究, 2011年3月, 宍戸 宏造 (吉田 昌裕), [(審査教員)]..[学科・専攻] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 改変U1 snRNAによる,ヒトカテプシンAの遺伝子発現におけるスプライシング異常の是正, 2017年3月, 伊藤 孝司 [伊藤 孝司]..[学科・専攻] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 多発性骨髄腫はエクソソームを分泌して骨芽前駆細胞の骨分化を抑制する, 2017年3月, 幾尾 真理子 [伊藤 孝司]..[学科・専攻] ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 中枢神経症状を呈するリソソーム病モデルマウスにおけるリソソーム制御因子TFEB及びオートファジー解析, 2017年3月, 辻 大輔 [伊藤 孝司]..[学科・専攻] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 0.37, Max(EID) = 382135, Max(EOID) = 1020778.