『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 長宗 秀明 ([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.生体分子機能学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])

登録情報の数

有効な情報: 23件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 23件

全ての有効な情報 (23件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[学科・専攻](学位授与学科・専攻(論文博士の場合には研究科名))による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(11)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(11)
[学位](学位の種別)による分類 :
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 [学士] : (氏名) : Streptolysin Sホモログを持つβ溶血性アンギノーサス群連鎖球菌の病原性の解析, 2014年2月, 長宗 秀明, 田端 厚之 [長宗 秀明]. ...
閲覧 [学士] : (氏名) : S. mitis臨床株が保有するCDC遺伝子の分子バリエーションと病原性との関連, 2014年2月, 長宗 秀明, 田端 厚之 [長宗 秀明]. ...
閲覧 [学士] : (氏名) : Mitilysinに対するモノクローナル抗体の作製とその反応特性の解析, 2014年2月, 長宗 秀明, 田端 厚之 [長宗 秀明]. ...
閲覧 [学士] : (氏名) : 細胞性粘菌由来多糖体が免疫細胞に及ぼす影響の検討, 2014年2月, 長宗 秀明, 田端 厚之 [長宗 秀明]. ...
閲覧 [課程博士] : (氏名) : Studies on pathogenic mechanisms of Streptococcus intermedius Streptococcus intermedius の病原性制御機構の研究, 2014年9月, 長宗 秀明 (友安 俊文), [辻 明彦, 松木 均, 長宗 秀明]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : インターメディリシンの膜結合性とラフト構造との関連性, 2013年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : インターメディリシン刺激が単球系細胞THP-1の遺伝子発現に及ぼす影響, 2013年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 細菌由来の機能性タンパク質を利用したドラッグデリバリーシステムの開発, 2013年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : b溶血性Streptococcus anginosusで見出された新規ペプチド性溶血因子に関する研究, 2013年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 内軟骨性骨化に及ぼす大豆イソフラボンの影響の解析, 2011年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 2種類のコレステロール依存性細胞溶解毒素を持つStreptococcus mitis株の解析, 2011年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : コレステロール依存性細胞溶解毒素による宿主細胞の応答反応の検討, 2011年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 細胞標的化キメラ毒素を用いたDDSツールの開発と応用, 2011年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : キノコ抽出成分によるヒト単球系細胞THP-1の活性化作用, 2012年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 友安 俊文, 辻 明彦]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成反応における分子動態の解析, 2012年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : 細菌由来ペプチド転移酵素Sortase Aの特性解析とDDSツール構築への応用, 2015年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 友安 俊文, 辻 明彦]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : コレステロール依存性細胞溶解毒素の膜孔形成活性に対する糖の抑制効果, 2015年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 友安 俊文, 辻 明彦]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : Streptococcus mitisのゲノム構造の多様性に関する研究 ∼高病原性S. mitisの検出システムの構築とゲノム構造解析∼, 2015年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 友安 俊文, 辻 明彦]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : Inerolysin(INY)のpH依存的な膜孔形成活性と立体構造変化, 2015年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 友安 俊文, 辻 明彦]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : CEA陽性癌に対する小標的化モジュールを用いた効果的なドラッグデリバリーシステム開発の試み, 2016年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : アンギノーサス群連鎖球菌由来Streptolysin Sホモログの特性, 2016年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [修士] : (氏名) : Streptococcus mitisの薬剤耐性と病原性に関する検討, 2016年3月, 長宗 秀明 [長宗 秀明, 辻 明彦, 友安 俊文]. ...
閲覧 [論文博士] : (氏名) : 組織工学的手法による間葉系幹細胞を用いた骨再生医療の橋渡し研究および臨床研究について, 2011年10月, 長宗 秀明 [辻 明彦, 野地 澄晴, 長宗 秀明]. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (0件)

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 5, LA = 2.43, Max(EID) = 377116, Max(EOID) = 1009920.