『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 山西 倫太郎

登録情報の数

有効な情報: 16件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 16件

全ての有効な情報 (16件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[組織](研究者の属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(16)
[種別](国内,国際の別)による分類 :
[出資団体](研究費を出資した団体(文部省,財団など))による分類 :
閲覧 閲覧 政府 …(7)
閲覧 (未定義またはテキスト) …(9)
[予算名](研究費の名称(科学研究費補助金など))による分類 :
[期間](予算執行期間)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 山西 倫太郎 : 政府, 科学研究費補助金基盤研究(C), β-カロテンの経口摂取によるウイルス感染症対策を志向する基礎研究, 2010年4月〜2013年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 財団法人 旗影会, 平成22年度研究助成・(予算名2), 食品成分β-カロテンがヒト単球系免疫細胞に及ぼす影響の解析, 2010年6月〜2011年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 飯島記念食品科学振興財団, 平成21年度 個人研究・(予算名2), トウモロコシ含有カロテノイドによる免疫細胞内のグルタチオン合成誘導メカニズムに関する研究, 2010年4月〜2011年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 飯島記念食品科学振興財団, 平成17年度 個人研究・(予算名2), トウモロコシ含有カロテノイドによる抗原呈示細胞の免疫機能調節作用に関する研究, 2006年4月〜2007年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 政府, 科学研究費補助金基盤研究(C), 食品成分β-カロテンによる抗原呈示細胞活性調節における作用メカニズムの究明, 2007年4月〜2009年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 政府, 科学研究費補助金基盤研究(C), 機能性食品成分を用いたアレルギー罹患リスク低減化に関する基礎的研究, 2004年4月〜2007年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 政府, 科学研究費補助金基盤研究(C), 心血管疾患のリスクファクター,ADMAの代謝機構の解明と病態生理学的役割, 2008年4月〜2009年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : AOB研究会, AOB研究会研究助成・(予算名2), AOB摂取が実験動物のアレルギー応答に及ぼす影響の検討, 2006年1月〜12月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : AOB研究会, AOB研究会研究助成・(予算名2), 抗酸化性食品成分摂取によるTh1/Th2バランス改善の検討, 2005年1月〜12月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : AOB研究会, AOB研究会研究助成・(予算名2), 抗酸化性食品成分摂取による免疫グロブリンE産生抑制の検討, 2004年1月〜12月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : AOB研究会, AOB研究会研究助成・(予算名2), 抗酸化性食品成分摂取はアレルギー疾患罹患を予防するか, 2003年1月〜12月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 飯島記念食品科学振興財団, 平成15年度 共同研究・(予算名2), ADMA/NOシステムと大豆イソフラボンの抗動脈硬化作用について, 2004年4月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 政府 農林水産省, 食品の安全性および機能性に関する総合研究・(予算名2), 流通消費過程における緑黄色野菜機能成分の生理活性保持増強技術開発, 2004年4月〜2006年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 政府, 科学研究費補助金・奨励研究(A), 大豆のアレルゲン性低減化とそのin vitro評価法の確立, 1997年4月〜1998年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 政府, 科学研究費補助金・奨励研究(A), 食物アレルゲン分析のための培養細胞実験系の開発, 1995年4月〜1996年3月..[研究者] ...
閲覧 山西 倫太郎 : 財団法人 タカノ農芸化学研究助成財団, 平成6年度 若手研究助成・(予算名2), 納豆菌あるいはその生産酵素を用いた新規機能性大豆の開発, 1994年4月〜1995年3月..[研究者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 6, LA = 2.17, Max(EID) = 377263, Max(EOID) = 1010170.