『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

OWN=閲覧 原田 武志 ([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])

登録情報の数

有効な情報: 12件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 12件

全ての有効な情報 (12件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[組織](研究者の属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(12)
[種別](国内,国際の別)による分類 :
[出資団体](研究費を出資した団体(文部省,財団など))による分類 :
閲覧 閲覧 岡山大学 …(2)
閲覧 閲覧 政府 …(2)
閲覧 閲覧 一般社団法人 日本血液学会 …(3)
閲覧 (未定義またはテキスト) …(5)
[予算名](研究費の名称(科学研究費補助金など))による分類 :
[期間](予算執行期間)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 原田 武志, 安倍 正博, 佐野 茂樹, 中尾 允泰, 寺町 順平 : 岡山大学, 橋渡し研究戦略的推進プログラム2020年度シーズA・(予算名2), 薬効薬理の最適化による新規PIM阻害剤の開発, 2020年4月〜2021年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 日本新薬株式会社, 2020年度日本新薬公募研究助成・(予算名2), T細胞におけるHTLV-1感染から腫瘍化・浸潤へ至る制御機構の解明と新規治療の開発, 2020年4月〜2021年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 政府 文部科学省 日本学術振興会, 科学研究費補助金(予算名2), HTLV-1感染伝播,ATLの発症/悪性化を阻止しうる新規治療の開発, 2020年4月〜2022年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 一般社団法人 日本血液学会, 2019年度日本血液学会研究助成・(予算名2), 骨髄腫細胞を規定する遺伝子のHDAC1による発現維持機構の解明, 2019年4月〜2020年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 日本骨髄腫患者の会, 2019年多発性骨髄腫研究助成・(予算名2), 骨髄腫クローン進展における二本鎖RNA編集酵素ADARの 発現異常とその役割, 2019年6月〜2020年5月. ...
閲覧 原田 武志, 安倍 正博, 佐野 茂樹, 中尾 允泰 : 岡山大学, 橋渡し研究戦略的推進プログラム2019年度シーズA・(予算名2), 薬効薬理の最適化による新規PIM阻害剤の開発, 2019年4月〜2020年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 上原記念生命科学財団, 平成30年度研究奨励金・(予算名2), RNA編集酵素ADARによる腫瘍の遺伝子不安定性惹起機序, 2019年3月〜2020年4月. ...
閲覧 原田 武志 : 一般社団法人 日本血液学会, 2018年度日本血液学会研究助成・(予算名2), 多発性骨髄腫におけるHDAC1-IRF4-Pim-2を基軸とする腫瘍メタボリズムを標的とする新たな治療戦略の開発, 2018年4月〜2019年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 政府 文部科学省 日本学術振興会, 科学研究費補助金(予算名2), 骨髄腫細胞のメタボリックシフトに及ぼすHDAC1/3の役割と新規治療戦略の創出, 2018年4月〜2020年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 一般社団法人 日本血液学会, 平成29年度日本血液学会研究助成・(予算名2), 骨髄腫細胞でPim-2のヒストン脱アセチル化酵素(HDAC)による発現制御機構の解明とPim-2を標的とした新たな治療戦略の創出, 2017年4月〜2018年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 公益財団法人 かなえ医薬振興財団, 平成29 年度(第46 回)かなえ医薬振興財団研究助成金・(予算名2), 癌の治療抵抗性を惹起するメタボリックシフトの分子機序を標的と する新規治療法の開発, 2018年4月〜2019年3月. ...
閲覧 原田 武志 : 公益信託 日本白血病研究基金, 若手奨励研究賞・(予算名2), Th1 様γδT 細胞の効率的な誘導法とその抗骨髄腫活性の増強法の開発, 2017年10月〜2018年9月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

無効な情報 (0件)

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 4, LA = 0.60, Max(EID) = 376529, Max(EOID) = 1008393.