『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 日本薬学会

登録情報の数

有効な情報: 8件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 8件

全ての有効な情報 (8件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[カテゴリ](賞のカテゴリ)による分類 :
[組織](受賞者の所属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 日本薬学会
[年月日](受賞した年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 佐藤 亮太 : Callyciphylline Fの全合成, 日本薬学会第 138 年会学生優秀発表賞(口頭), 日本薬学会, 2018年4月. ...
閲覧 石塚 匠 : (+)-Lapidilectine Bの全合成研究, 創薬懇話会2018優秀ボスター賞, 日本薬学会, 2018年6月. ...
閲覧 堤 大洋 : DMAPの触媒機構解明とその応用, 創薬懇話会 2018 優秀ボスター賞, 日本薬学会, 2018年6月. ...
閲覧 柏原 雅也 : (テーマ), 創薬懇話会2018ベストディスカッション賞, 日本薬学会, 2018年6月. ...
閲覧 船曳 早希 : イネ科植物の鉄イオン取り込み機構の解明に向けた化学プローブの開発, 第29回プロセス化学会東四国フォーラムセミナー優秀ボスター賞, 日本プロセス化学会, 2019年6月. ...
閲覧 堤 大洋 : (+)-epilupinineの3工程不斉全合成, 創薬懇話会 2019 優秀ボスター賞, 日本薬学会, 2019年6月. ...
閲覧 奥田 実沙 : 蛍光性シデロフォアを利用した微生物検出法の開発, 第29回プロセス化学会東四国フォーラムセミナー優秀ボスター賞, 日本プロセス化学会, 2019年10月. ...
閲覧 斎藤 亜梨紗 : Nagelamide K, Qの全合成研究, 第29回プロセス化学会東四国フォーラムセミナー優秀ボスター賞, 日本プロセス化学会, 2020年1月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.52, Max(EID) = 374075, Max(EOID) = 1001461.