『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.再生修復医歯学部門.顎口腔再建医学講座 (2004年4月1日〜)

登録情報の数

有効な情報: 24件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 24件

全ての有効な情報 (24件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[カテゴリ](賞のカテゴリ)による分類 :
[組織](受賞者の所属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(5)
閲覧 閲覧 広島大学 …(2)
[年月日](受賞した年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 中江 良子 : (テーマ), カーネギーフェロー, カーネギー財団, 1986年6月..[組織] ...
閲覧 中江 良子 : (テーマ), ブリティシュカウンシルフェロー, ブリティシュカウンシル, 1989年11月..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄 : (テーマ), 康楽賞, 三木産業株式会社 財団法人 三木康楽会, 1991年1月..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄 : (テーマ), 1992 Annual Meeting of Academy of Osseointegration 学会賞受賞, Academy of Osseointegration, 1992年2月..[組織] ...
閲覧 市川 哲雄 : (テーマ), 日本口腔インプラント学会優秀論文賞, 日本口腔インプラント学会, 1996年9月..[組織] ...
閲覧 森本 景之 : (テーマ), 高田充歯科基礎医学奨励賞, 徳島大学 歯学部, 2002年12月..[組織] ...
閲覧 藤澤 健司 : 薬物療法を行った顎関節症患者の臨床統計的検討, ポスター発表優秀賞, 日本顎関節学会, 2003年7月..[組織] ...
閲覧 森本 景之 : Interaction of Protein Phosphatase 1 Delta with Nucleolin in Human Osteoblastic Cells., 歯科基礎医学会賞, 歯科基礎医学会, 2003年9月..[組織] ...
閲覧 泰江 章博 : Identification of cis-elements regulating expression of Fgf10 during craniofacial development., Award for Encouragement of Research, 国際歯科研究学会 国際歯科研究学会日本部会, 2004年3月..[組織] ...
閲覧 藤原 慎視 : トランスジェニックマウスを用いたメカニカルストレスに対するオステオポンチン発現調節領域の解析, 学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2004年11月..[組織] ...
閲覧 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : Preparation of strontium-containing hydroxyapatite bone cements mixed with strontium, Poster Award, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", 2007年3月..[組織] ...
閲覧 長尾 大輔, 浜田 賢一, 淺岡 憲三, 市川 哲雄 : High formability of newly developing biomedical porous titanium, Poster Award, 1st International Symposium and Workshop "The future Direction of Oral Sciences in the 21st Century", 2007年3月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 長尾 大輔, 友竹 偉則, 市川 哲雄, 淺岡 憲三 : Moldless Process of Producing Porous Titanium for Dental Applications, Presentation Award, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, 2007年6月..[組織] ...
閲覧 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : Effects of Calcium Concentration on Hydrothermal Surface Modification of Titanium, Presentation Award, 6th International Symposium on Titanium in Dentistry, 2007年6月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊 : Immunoregulatory role of RANKL-stimulated dendritic cells on autoimmune arthritis in MRL/lpr mice, ASBMR Young Investigator Travel Grant, 米国骨代謝学会, 2007年11月..[組織] ...
閲覧 河野 文昭, 浜田 賢一, 淺岡 憲三 : Resorbable calcium phosphate bone cement precipitated strontium and carbonate apatite, Student Travel Award, 8th World Biomaterials Congress, 2008年5月..[組織] ...
閲覧 神野 恵, 高橋 巧, 大庭 康雄, 森山 啓司, 田中 栄二 : Smad3ノックアウトマウスを用いた口蓋粘膜における創傷治癒解析-第2報-, 第32回日本口蓋裂学会総会優秀ポスター賞, 日本口蓋裂学会, 2008年5月..[組織] ...
閲覧 淺岡 憲三 : (テーマ), Sir Thomas Kay Sidey Visiting Professorship Award, University of Otago, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 井澤 俊, 林 良夫, 田中 栄二 : RANKLシグナルを介した関節リウマチにおける関節骨・軟骨破壊機構の解析, 第67回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 犬伏 俊博, レゴ エマヌエル, 田中 栄二, 山野 栄三, 川添 亜希, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : 過度の力による実験的歯根吸収に対する低出力超音波の抑制効果, 第67回日本矯正歯科学会学術大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2008年9月..[組織] ...
閲覧 川上 恵実, 木内 奈央, 田中 栄二, 野地 澄晴 : 慢性筋委縮疾患制圧を目指したRNA干渉法を利用した咀嚼筋量制御法の開発研究, 先端歯学スクール2009,優秀発表賞, 先端歯学スクール2009, 2009年8月..[組織] ...
閲覧 中村 竜也, 藤原 慎視, 泰江 章博, 桂 智子, 犬伏 俊博, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 低出力超音波は炎症存在下の滑膜細胞のCOX-2発現を抑制する, 第68回日本矯正歯科学会大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 松本 一真, 井澤 俊, 大浦 徳永 律子 律子, 林 良夫, 田中 栄二 : 関節リウマチにおけるRANKL/Fasシグナルを介した骨・軟骨破壊機構の解析, 第68回日本矯正歯科学会大会優秀発表賞, 日本矯正歯科学会, 2009年11月..[組織] ...
閲覧 米田 尚子, 泰江 章博, 渡邉 哲平, 田中 栄二 : Smad3 遺伝子抑制が瘢痕組織形成に及ぼす影響, 第36回日本口蓋裂学会総会優秀ポスター賞, 日本口蓋裂学会, 2012年5月..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.63, Max(EID) = 386205, Max(EOID) = 1046500.