『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 加納 史也 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.組織再生制御学])

登録情報の数

有効な情報: 6件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 6件

全ての有効な情報 (6件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[カテゴリ](賞のカテゴリ)による分類 :
[組織](受賞者の所属する組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(6)
[年月日](受賞した年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 加納 史也 : Secreted Ectodomain of Sialic Acid-Binding Ig-Like Lectin-9 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 Promote Recovery after Rat Spinal Cord Injury by Altering Macrophage Polarity, 第59回日本口腔外科学会第14回李春根賞, 社団法人 日本口腔外科学会, 2013年10月..[受賞者] ...
閲覧 加納 史也 : The development of new therapy facial nerve injury using the M2 macrophage induction factors, 第36回日本炎症・再生医学会 優秀演題賞, 日本炎症・再生医学会, 2014年7月..[受賞者] ...
閲覧 加納 史也 : The development of new therapy facial nerve injury using the M2 macrophage induction factors, 第12回国際炎症会議 Travel Award, 日本炎症・再生医学会, 2014年8月..[受賞者] ...
閲覧 加納 史也 : M2マクロファージ誘導因子を用いた 顔面神経再生療法の開発, 第37回日本炎症・再生医学会 優秀演題賞, 日本炎症・再生医学会, 2015年7月..[受賞者] ...
閲覧 加納 史也 : M2誘導タンパク質はマクロファージの極性変化を介して骨再生を促進する, 第62回日本口腔外科学会 優秀口演発表賞, 社団法人 日本口腔外科学会, 2017年10月..[受賞者] ...
閲覧 加納 史也 : 歯髄幹細胞由来無血清培養上清を用いた変形性顎関節症の治療法開発, 歯科基礎医学会モリタ賞, 歯科基礎医学会, 2020年9月..[受賞者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 0.88, Max(EID) = 382813, Max(EOID) = 1022504.