『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域 (2016年4月1日〜2020年3月31日) または
閲覧 徳島大学.疾患プロテオゲノム研究センター (2008年4月1日〜2016年3月31日/->組織[徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域])

登録情報の数

有効な情報: 12件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 12件

全ての有効な情報 (12件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[カテゴリ](賞のカテゴリ)による分類 :
[組織](受賞者の所属する組織)による分類 :
[年月日](受賞した年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 親泊 政一 : 小胞体ストレスによる膵β細胞障害機序の解明, 若手研究奨励賞, 社団法人 日本内分泌学会, 2002年6月. ...
閲覧 親泊 政一 : A new assay to evaluate misfolded proteins in the endoplasmic reticulum, Travel Award, The National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases (NIDDK), 2004年5月. ...
閲覧 岡崎 拓 : 免疫抑制受容体 PD-1 による自己免疫疾患発症制御機構の解析, 日本免疫学会研究奨励賞, 日本免疫学会, 2007年(0月). ...
閲覧 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答の破綻による糖尿病発症の発見, 岡本研究奨励賞, 成人血管病研究振興財団, 2008年11月. ...
閲覧 親泊 政一 : 小胞体ストレスなどによるeIF2αリン酸化シグナルを介した糖・脂質代謝制御のメカニズム, トラベルアウォード, 分子糖尿病学研究会, 2008年12月. ...
閲覧 新田 剛 : 胸腺におけるT細胞レパトア形成の分子機構, 若手研究者学長賞, 徳島大学, 2008年12月. ...
閲覧 親泊 政一 : 小胞体ストレス応答シグナルによる代謝制御機構の解明, 井上リサーチアウォード, 井上科学振興財団, 2009年2月. ...
閲覧 山本 敬祐 : Human HRD1 promoter carries a functional unfolded protein response element to which XBP1 but not ATF6 directly binds, 平成21年度JB論文賞, 日本生化学会, 2009年10月. ...
閲覧 新田 剛 : 胸腺微小環境におけるT細胞レパトア選択の分子機構, 平成21年度岡奨学賞, 徳島大学, 2010年3月. ...
閲覧 新田 剛 : 胸腺微小環境におけるT細胞レパトア形成のメカニズム, 第5回 日本免疫学会研究奨励賞, 日本免疫学会, 2010年12月. ...
閲覧 山本 武範 : プロテオミクスによる分離分析技術と生化学的解析を応用したミトコンドリア研究, 日本薬学会物理系薬学部会奨励賞, 日本薬学会, 2015年3月. ...
閲覧 新田 剛 : T細胞レパトア選択の分子機構, 平成22年度康楽賞, 徳島大学 医学部, (年月日). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.06, Max(EID) = 375407, Max(EOID) = 1006122.