『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 日本薬学会

登録情報の数

有効な情報: 47件 + 無効な情報: 1件 = 全ての情報: 48件

全ての有効な情報 (47件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[カテゴリ](賞のカテゴリ)による分類 :
[組織](受賞者の所属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 千葉大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 日本薬学会 …(5)
閲覧 (未定義) …(32)
[年月日](受賞した年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 長尾 善光 : ``含硫黄脱離基を活用する新反応の開発研究:その生理活性アミド合成への応用'', 日本薬学会奨励賞, 日本薬学会, 1982年3月..[団体] ...
閲覧 嶋林 三郎 : HAPに関する物理化学および界面化学的研究, 奨励賞, 日本薬学会, 1987年4月..[団体] ...
閲覧 馬場 嘉信 : (テーマ), 奨励賞, 日本薬学会, 1997年3月..[団体] ...
閲覧 佐野 茂樹 : ヘテロ原子の特性を活用する高選択的反応の開発と医薬合成への応用, 奨励賞, 日本薬学会, 1999年3月..[団体] ...
閲覧 篠原 康雄 : がん細胞の糖代謝を特異的に担うヘキソキナーゼの同定とその機能解析, 奨励賞, 日本薬学会, 2000年3月..[団体] ...
閲覧 新藤 充 : イノラートアニオンの新規合成法の開発とその機能開拓, 奨励賞, 日本薬学会, 2000年3月..[団体] ...
閲覧 長尾 善光 : ``分子構造特性を基盤とする新反応の開発ならびに薬学的応用研究'', 日本薬学会賞, 日本薬学会, 2001年3月..[団体] ...
閲覧 山﨑 尚志 : (テーマ), 奨励賞, 日本薬学会, 2004年3月..[団体] ...
閲覧 山田 健一 : 炭素‐水素結合切断による直接的炭素ラジカル発生法の開拓と反応開発, 2007年度日本薬学会 奨励賞, 日本薬学会, 2007年(99月)..[団体] ...
閲覧 梅原 隼人 : 視床下部におけるヒスタミン神経系の新規標的部位の同定, 日本薬学会中国四国支部 学生奨励賞, 日本薬学会, 2010年11月..[団体] ...
閲覧 加来田 博貴, 薬師寺 信匡, 篠崎 亮介, 大澤 史宜, 山田 翔也, 深井 良祐, 大塚 正人, 槇島 誠, 田井 章博, 吉川 豊, 安井 裕之 : 1型・2型糖尿病モデルで経口血糖降下作用を示すベンゾトリアゾール型レチノイドX受容体パーシャルアゴニスト, 日本薬学会メディシナルケミストリーシンポジウム優秀賞(共同受賞), 日本薬学会, 2010年11月..[団体] ...
閲覧 吉田 昌裕 : プロパルギル化合物を用いた新規分子変換反応の開発と展開, 日本薬学会奨励賞, 日本薬学会, 2011年3月..[団体] ...
閲覧 樋口 陽介 : (テーマ), 日本薬学会第133年会学生優秀発表賞, 日本薬学会, 2012年3月..[団体] ...
閲覧 樋口 陽介 : Huisgen反応を利用したImON:NaNO塩基対を含む環状DNAの合成研究, 日本薬学会133年会学生優秀発表賞, 日本薬学会, 2012年3月..[団体] ...
閲覧 小島 孝允 : 4'-チオDNAを利用した遺伝子発現抑制法の開発, 日本薬学会第132年会学生優秀発表賞, 日本薬学会, 2012年3月..[団体] ...
閲覧 齊藤 達哉 : 自然免疫応答の制御における細胞内分解系の役割, 日本薬学会奨励賞, 日本薬学会, 2014年3月..[団体] ...
閲覧 宮本 和範 : 三価の超原子価有機臭素化合物の合成とその脱離能を推進力とする有機合成反応の開発, 奨励賞, 日本薬学会, 2014年3月..[団体] ...
閲覧 水口 智貴 : プロパルギルアジリジンの開環-環化反応による置換ピリジンのワンポット合成, 日本薬学会第134年会優秀発表賞, 日本薬学会, 2014年4月..[団体] ...
閲覧 坂本 光, 難波 康祐 : Calyciphylline Gの全合成研究, 日本薬学会中四国支部学生奨励賞, 日本薬学会, 2014年4月..[団体] ...
閲覧 髙山 拓磨 : Doxilの抗腫瘍効果における免疫細胞の関与に関する検討, 平成26年度日本薬学会中国四国支部 学生発表奨励賞, 日本薬学会, 2015年1月..[団体] ...
閲覧 山本 武範 : プロテオミクスによる分離分析技術と生化学的解析を応用したミトコンドリア研究, 日本薬学会物理系薬学部会奨励賞, 日本薬学会, 2015年3月..[団体] ...
閲覧 高田 真衣 : (テーマ), 学生優秀発表賞, 日本薬学会, 2015年3月..[団体] ...
閲覧 藤野 裕道 : (テーマ), 学術振興賞, 日本薬学会, 2015年3月..[団体] ...
閲覧 藤野 裕道 : がん増悪化情報伝達系へのプロスタノイド受容体の役割, 学術振興賞 第4B部門, 日本薬学会, 2015年3月..[団体] ...
閲覧 伊藤 丹, 大塚 裕太, 竹内 政樹, 田中 秀治 : カフェイン‐シュウ酸2:1共結晶のメカノケミカル合成における機械的エネルギーと温度の影響, 優秀発表賞, 日本薬学会, 2015年3月..[団体] ...
閲覧 林 月穂, 中山 淳, 難波 康祐 : グラム陰性菌の鉄取り込み機構解明を指向した鉄イオン応答型蛍光シデロフォアの開発, 創薬懇話会2015優秀ポスター賞, 日本薬学会, 2015年7月..[団体] ...
閲覧 中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 : TAK1阻害剤LL-Z1640-2の不斉全合成, (名称), 日本薬学会, 2016年3月..[団体] ...
閲覧 日高 朋, 伊藤 孝司 : ***, 日本薬学会第136年会優秀発表賞, 日本薬学会, 2016年3月..[団体] ...
閲覧 中山 慎一朗, 中山 淳, 難波 康祐 : TAK1 阻害剤 LL-Z1640-2 の不斉全合成, 日本薬学会 第136年会 学生優秀発表者賞, 日本薬学会, 2016年4月..[団体] ...
閲覧 大橋 栄作, 中山 淳, 難波 康祐 : Palau'amineの第二世代合成研究, 創薬懇話会2016優秀ポスター賞, 日本薬学会, 2016年7月..[団体] ...
閲覧 竹内 公平 : Palau'amineの全合成, 第58回天然有機化合物討論会 奨励賞, 日本薬学会, 2016年9月..[団体] ...
閲覧 佐藤 明穂 : 鉄欠乏が骨格筋に与える作用の検討, 第55回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会中国四国支部学術大会 学生発表奨励賞, 日本薬学会, 2017年1月..[団体] ...
閲覧 渡邊 綾佑, 伊藤 孝司 : ***, 日本薬学会第137年回優秀発表賞, 日本薬学会, 2017年3月..[団体] ...
閲覧 牛山 和輝 : Lapidilectine Bの全合成研究, 日本薬学会中四国支部学生奨励賞, 日本薬学会, 2017年3月..[団体] ...
閲覧 森本 恭平 : DMAP誘導体を用いた環状ペプチド合成法の開発, 日本薬学会第137年会 学生優秀発表者賞(口頭発表の部), 日本薬学会, 2017年3月..[団体] ...
閲覧 森崎 巧也 : (テーマ), 長井記念薬学研究奨励支援事業 奨学生, 日本薬学会, 2017年4月..[団体] ...
閲覧 田坂 菜々美 : 毛髪中に存在する活性イオウの発見とその生理的意義, 平成29年度日本薬学会中国四国支部 学生発表奨励賞, 日本薬学会, 2018年1月..[団体] ...
閲覧 佐藤 亮太 : Calyciphylline Fの全合成, 日本薬学会第138年会 学生優秀発表賞(口頭), 日本薬学会, 2018年4月..[団体] ...
閲覧 佐藤 亮太 : Callyciphylline Fの全合成, 日本薬学会第 138 年会学生優秀発表賞(口頭), 日本薬学会, 2018年4月..[団体]+[組織] ...
閲覧 石塚 匠 : (+)-Lapidilectine Bの全合成研究, 創薬懇話会2018優秀ボスター賞, 日本薬学会, 2018年6月..[団体]+[組織] ...
閲覧 柏原 雅也 : (テーマ), 創薬懇話会2018ベストディスカッション賞, 日本薬学会, 2018年6月..[団体]+[組織] ...
閲覧 堀ノ内 裕也 : 大規模医療情報データベースを活用した新規腎保護薬の探索, 医療薬学フォーラム2018 第26回クリニカルファーマシーシンポジウム 優秀ポスター賞, 日本薬学会, 2018年6月..[団体] ...
閲覧 成瀬 公人 : タンパク質合成を指向したチアゾリジン誘導体の脱保護法の開発, 日本薬学会第139年会 学生優秀発表者賞(口頭発表の部), 日本薬学会, 2019年3月..[団体] ...
閲覧 大西 恭弥, 伊藤 孝司 : GM2ガングリオシドーシスに対する,AAVベクターを用いた遺伝子治療法開発, 日本薬学会第139年会 学生優秀発表賞, 日本薬学会, 2019年4月..[団体] ...
閲覧 占部 敦美 : アルカリ性不良土壌での農耕を志向したムギネ酸類の実用化研究, 創薬懇話会 2018 優秀ボスター賞, 日本薬学会, 2019年6月..[団体]+[組織] ...
閲覧 堤 大洋 : DMAPの触媒機構解明とその応用, 創薬懇話会 2018 優秀ボスター賞, 日本薬学会, 2019年6月..[団体]+[組織] ...
閲覧 猪熊 翼 : 創薬テンプレート構築を指向した異常アミノ酸およびそれを含有するペプチドの合成法開発, 2020年度日本薬学会奨励賞, 日本薬学会, 2020年3月..[団体] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 1.31, Max(EID) = 363104, Max(EOID) = 971969.