『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

PERM=閲覧 古屋 玲 ([徳島大学.教養教育院])

登録情報の数

有効な情報: 10件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 10件

全ての有効な情報 (10件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[カテゴリ](集会のカテゴリ)による分類 :
[種別](集会の種別)による分類 :
[組織](開催者の所属組織)による分類 :
閲覧 (未定義) …(10)
[年月日](開催期間)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 大山 真満 ((@.role)), 石井 貴子 ((@.role)), 木村 かおる ((@.role)), 林 左絵子 ((@.role)), 富田 晃彦 ((@.role)), 岡 朋治 ((@.role)), 奥村 幸子 ((@.role)), 古屋 玲 ((@.role)), 馬場 俊介 ((@.role)), 高梨 直紘 ((@.role)), 古屋 昌美 ((@.role)) : 日本天文学会, 主催, 「天文教育フォーラム:天文学会員のためのキャリア支援を考える」, 甲南大学, 2015年9月..[開催者] ...
閲覧 古屋 玲 (世話人代表), 大橋 永芳 ((@.role)), 林 左絵子 ((@.role)), 中村 文隆 ((@.role)), 井上 剛志 ((@.role)), 富阪 幸治 ((@.role)), Tae-Soo Pyo ((@.role)), 田村 元秀 ((@.role)), 土井 靖生 ((@.role)), 尾中 敬 ((@.role)), 權 靜美 ((@.role)), 麻生 有佑 ((@.role)), 權 靜美 ((@.role)), 犬塚 修一郞 ((@.role)), 松村 雅文 ((@.role)), 中西 裕之 ((@.role)), 新永 浩子 ((@.role)) : (主催団体), 主催, 国立天文台・アルマワークショップ「磁場は星形成過程のどの進化段階を律速しているのか?」, 国立天文台三鷹, 2016年3月..[開催者] ...
閲覧 塚本 裕介 (世話⼈代表), 井上 剛志 (世話⼈), 古屋 玲 (世話⼈), 岩崎 一成 (世話⼈), 中西 裕之 (世話⼈), 犬塚 修一郎 (世話⼈) : (主催団体), 主催, 2016年度 第6回DTA(国立天文台理論研究部)シンポジウム「星形成を軸に俯瞰する磁場の役割とその観測的検証」, 国立天文台三鷹, 2016年11月..[開催者] ...
閲覧 大西 利和 (宇電懇運営委員長), 古屋 玲 (宇電懇運営副委員長), 河野 孝太郎 ((@.role)), 本間 希樹 ((@.role)), 坂井 南美 ((@.role)), 田村 陽一 ((@.role)) : 宇宙電波懇談会, 主催, 2016年度宇宙電波懇談会シンポジウム「若手研究者の本音とシニア層の本音:研究の多様性と深さを今後も追求するために」, 国立天文台三鷹, 2017年2月..[開催者] ...
閲覧 古屋 玲 (世話人代表), 久野 成夫 ((@.role)), 富阪 幸治 ((@.role)), 梅本 智文 ((@.role)), 井上 剛志 ((@.role)), 松村 雅文 ((@.role)), 町田 真美 ((@.role)), 和田 圭一 ((@.role)), 中西 裕之 ((@.role)), 新永 浩子 ((@.role)), 塚本 祐介 ((@.role)) : (主催団体), 主催, 国立天文台研究集会 :「星形成と銀河構造における磁場の役割」, 鹿児島大学 理学部, 2017年12月..[開催者] ...
閲覧 大西 利和 (宇電懇運営委員長), 古屋 玲 (宇電懇運営副委員長), 河野 孝太郎 ((@.role)), 本間 希樹 ((@.role)), 坂井 南美 ((@.role)), 田村 陽一 ((@.role)) : 宇宙電波懇談会, 主催, 2017年度 宇宙電波懇談会シンポジウム「未来を拓く技術開発とその将来展望」, 国立天文台三鷹, 2018年3月..[開催者] ...
閲覧 古屋 玲 (実行委員) : 日本天文学会, 主催, 進路相談コーナー, 兵庫県姫路市, 2018年9月..[開催者] ...
閲覧 古屋 玲 (実行委員) : 日本天文学会, 主催, 特別セッション:「キャリアをどうデザインするか」, 東京都小金井市, 2019年3月..[開催者] ...
閲覧 古屋 玲 (大会委員長) : 国立天文台, 主催, 偏波の学校, 東京都三鷹市, 2019年3月..[開催者] ...
閲覧 Ray S. Furuya (大会委員長) : 国立天文台, main sponsor, Polarimetry in the ALMA era: a new crossroads of astrophysics, 東京都三鷹市, March 2019..[開催者] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.28, Max(EID) = 377802, Max(EOID) = 1011002.