『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

REF=閲覧 次世代酵素学研究領域 (2016年4月1日〜2020年3月31日) または
閲覧 疾患酵素学研究センター (2007年4月1日〜2016年3月31日/->組織[次世代酵素学研究領域])

登録情報の数

有効な情報: 27件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 27件

全ての有効な情報 (27件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[組織](研究者の所属)による分類 :
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 群馬大学 …(4)
閲覧 閲覧 滋賀医科大学 …(1)
閲覧 閲覧 東京医科歯科大学 …(3)
閲覧 閲覧 東邦大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島大学 …(1)
閲覧 閲覧 徳島文理大学 …(7)
閲覧 閲覧 富山大学 …(2)
閲覧 閲覧 奈良女子大学 …(3)
閲覧 閲覧 学校法人 北里研究所 …(4)
[種別](共同研究の種別)による分類 :
[期間](研究期間)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 群馬大学 (北村 忠弘), 疾患酵素学研究センター (湯浅 智之, 長屋 寿雄), 脳内におけるインスリン受容体の役割, 2009年6月〜2010年3月. ...
閲覧 群馬大学 (北村 忠弘, 天野 剛介, 北住 知也), 疾患酵素学研究センター (湯浅 智之, 長屋 寿雄), 脳内におけるインスリン受容体の役割, 2009年6月〜2010年3月. ...
閲覧 群馬大学 (北村 忠弘), 疾患酵素学研究センター (湯浅 智之, 長屋 寿雄), 脳内におけるインスリン受容体の役割, 2009年6月〜2010年3月. ...
閲覧 群馬大学 (北村 忠弘), 疾患酵素学研究センター (湯浅 智之, 長屋 寿雄), 脳内におけるインスリン受容体の役割, 2010年4月〜2011年3月. ...
閲覧 疾患酵素学研究センター (蛯名 洋介, 湯浅 智之, 長屋 寿雄, 内山 圭司), 徳島大学 医学部 (松本 俊夫), 徳島文理大学 (橋田 誠一), 滋賀医科大学 (柏木 厚典, 小畑 利之), Soluble insulin receptor ectodomain is elevated in the plasma of patients with diabetes mellitus., (期間). ...
閲覧 疾患酵素学研究センター (櫻庭 均, 真板 宣夫), リソソーム病原因遺伝子産物の構造解析, 2012年4月〜2014年3月. ...
閲覧 疾患酵素学研究センター (鈴木 春巳, 真板 宣夫), Themis タンパク質の結晶構造解析, 2014年4月〜2015年3月. ...
閲覧 (組織), (テーマ), (期間). ...
閲覧 (組織), (テーマ), (期間). ...
閲覧 (組織), (テーマ), (期間). ...
閲覧 東京医科歯科大学 (西川 徹, 山本 直樹, 海野 麻未), 疾患酵素学研究センター (宍戸 裕二, 福井 清), 脳内D-セリンの代謝調節機構とその病態に関する研究, 2013年4月〜2014年3月. ...
閲覧 東京医科歯科大学 (西川 徹, 山本 直樹, 海野 麻未, 石渡 小百合), 疾患酵素学研究センター (福井 清, 頼田 和子, 宍戸 裕二), 脳内D-セリンの代謝調節機構とその病態に関する研究, 2014年4月〜2015年3月. ...
閲覧 東京医科歯科大学 (西川 徹, 山本 直樹, 海野 麻未, 石渡 小百合), 疾患酵素学研究センター (福井 清, 頼田 和子, 宍戸 裕二), 脳内D-セリンの代謝調節機構とその病態に関する研究, 2015年4月〜2016年3月. ...
閲覧 徳島文理大学 (坂井 隆志), 疾患酵素学研究センター (福井 清), 新規NF-κB制御因子ヌクリングをターゲットとした発癌機構の解明と新規治療法の開発, 2015年4月〜2016年3月. ...
閲覧 徳島文理大学 (坂井 隆志), 疾患酵素学研究センター (福井 清), 新規NF-κB制御因子ヌクリングをターゲットとした発癌機構の解明と新規治療法の開発, 2014年4月〜2015年3月. ...
閲覧 徳島文理大学 (橋田 誠一), 疾患酵素学研究センター (湯浅 智之, 長屋 寿雄), 超高感度ELISA測定系の改良, 2009年6月〜2010年3月. ...
閲覧 徳島文理大学 (橋田 誠一), 疾患酵素学研究センター (長屋 寿雄, 湯浅 智之), 超高感度ELISA測定系の改良, 2010年4月〜2011年3月. ...
閲覧 徳島文理大学 (橋田誠一 (名)), 疾患酵素学研究センター (長屋 寿雄, 湯浅 智之), 超高感度ELISA測定系の改良, 2009年6月〜2010年3月. ...
閲覧 徳島文理大学 ((@.researcher)), 疾患酵素学研究センター ((@.researcher)), 超高感度ELISA測定系の改良, 2009年6月〜2010年3月. ...
閲覧 東邦大学 薬学部 (福島 健, 鈴木 英治, 氷川 英正), 疾患酵素学研究センター (福井 清), ヒトD-アミノ酸酸化酵素阻害物質の簡易蛍光アッセイ法の開発, 2013年4月〜2014年3月. ...
閲覧 学校法人 北里研究所 北里大学 北里生命科学研究所 (中野 洋文, 砂塚 敏明, 高橋 洋子, 増間 碌郎, 山本 剛, 山地 賢三郎, 大村 智), 疾患酵素学研究センター (福井 清, 頼田 和子, 宍戸 裕二), 統合失調症に関わるD-amino acid oxidase (DAO)の阻害剤探索研究, 2012年4月〜2013年3月. ...
閲覧 学校法人 北里研究所 北里大学 北里生命科学研究所 (廣瀬 友靖, 砂塚 敏明, 戸口 翔平), 疾患酵素学研究センター (福井 清, 谷口 寿章, 真板 宣夫, 頼田 和子), In situ click chemistryを利用した微生物由来二次代謝産物からのDAO阻害剤探索, 2013年4月〜2014年3月. ...
閲覧 学校法人 北里研究所 北里大学 北里生命科学研究所 (廣瀬 友靖, 砂塚 敏明, 戸口 翔平), 疾患酵素学研究センター (福井 清, 谷口 寿章, 真板 宣夫, 頼田 和子), In situ click chemistryを利用した微生物由来二次代謝産物からのDAO阻害剤探索, 2014年4月〜2015年3月. ...
閲覧 学校法人 北里研究所 北里大学 北里生命科学研究所 (廣瀬 友靖, 砂塚 敏明, 戸口 翔平), 疾患酵素学研究センター (福井 清, 谷口 寿章, 真板 宣夫, 頼田 和子, 宍戸 裕二), In situ click chemistryを利用した微生物由来二次代謝産物からのDAO阻害剤探索, 2015年4月〜2016年3月. ...
閲覧 (組織), (テーマ), (期間). ...
閲覧 (組織), (テーマ), (期間). ...
閲覧 浜松医科大学 (最上 秀夫), 疾患酵素学研究センター (内山 圭司), プリズム式全反射型蛍光顕微鏡を用いたグルコース輸送機構解明のためのマルチシグナルイメージング法の確立, 2010年4月〜2011年3月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 1, LA = 1.36, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.