『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 昭和大学

登録情報の数

有効な情報: 5件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 5件

全ての有効な情報 (5件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 昭和大学
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 武田 篤, 渋谷 和憲, 佐藤 高則, 鮫島 達也 : ラット·チオ-ル活性化アミノペプチダ-ゼの構造と機能, 平成6年度科学研究費(総合B)公開シンポジウム「バイオモジュレ-タ-としてのプロテア-ゼ」, (巻), (号), (頁), 1995年1月. ...
閲覧 上平 高士, 渋谷 和憲, 桜井 宣彦, 梶 裕之, 武田 篤, 佐藤 高則, 鮫島 達也 : ラット·シスタチンαの大腸菌による大量発現系の確立, 生化学, Vol.67, No.7, 846, 1995年9月. ...
閲覧 Tatsuya Samejima, Kazunori Shibuya, Jung-Hee Kwon, Takanori Satoh and Atsushi Takeda : The Possible Role of C-terminal Region of Human Cystatin A., 11th International Conference on Proteolysis and Protein Turnover, (巻), (号), 119, Turk,Finland, Oct. 1996. ...
閲覧 Tatsuya Samejima, Kazunori Shibuya, Jung-Hee Kwon, Takanori Satoh and Atsushi Takeda : The Possible Role of C-terminal Region of Human Cystatin A., Proceedings of 11th International Conference on Proteolysis and Protein Turnover, (巻), (号), 119, 1996. ...
閲覧 Hiroyuki Kaji, Rumi Yada-Wakatabe, Takashi Uehira, Mayumi Terai, Atsushi Takeda, Takanori Satoh and Tatsuya Samejima : Molecular cloning, Enhancement of Expression Efficiency and Site-Directed Mutagenesis of Rat Epidermal Cystatin A., The Journal of Biochemistry, Vol.126, No.4, 769-775, 1999. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.03, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996375.