『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 金沢大学

登録情報の数

有効な情報: 21件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 21件

全ての有効な情報 (21件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 金沢大学
閲覧 金沢大学 を参照している情報…(16)
閲覧 閲覧 総合メディア基盤センター ([金沢大学]) …(5)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 吉田 浩 : 疎外·物象化論の批判的検討, 金沢大学法文学部論集哲学編, Vol.20, (号), 73-95, 1973年. ...
閲覧 吉田 浩 : ルカーチ弁証法の批判的検討, --- 歴史と階級意識に限定して ---, ソシオロジー, (巻), No.61, 1-22, 1975年. ...
閲覧 吉田 浩 : ルカーチの「総体性」概念について, 金沢大学法文学部論集哲学編, Vol.22, (号), 85-105, 1975年. ...
閲覧 吉田 浩 : 翻訳 ロバート·A·ニスベット 社会学的発想の系譜全2冊, (誌名), (巻), (号), 347-385, 1976年4月. ...
閲覧 吉田 浩 : マックス·ウェーバーにおける因果的説明の問題点, 新しい社会学のために, Vol.3, No.1, 26-35, 1976年. ...
閲覧 吉田 浩 : マックス·ウェーバーの理解社会学における二元論の問題点, 金沢大学法文学部論集哲学編, Vol.24, (号), 45-69, 1977年. ...
閲覧 吉田 浩 : 書評 元島邦夫著『変革主体形成の理論』, 新しい社会学のために, Vol.4, No.2, 39-44, 1977年10月. ...
閲覧 吉田 浩 : マックス·ウェーバーにおける概念の実体化について発表, 日本社会学会第50回大会(於国立教育会館), 1977年11月. ...
閲覧 吉田 浩 : ウェーバーの官僚制論とマルクスの資本蓄積論, 金沢大学法文学部論集哲学編, Vol.25, (号), 1-18, 1979年. ...
閲覧 吉田 浩 : マックス·ウェーバーにおける概念の実体化について, --- 形式合理性の普遍的貫徹による歴史の硬直化の克服を目指して ---, 新しい社会学のために, Vol.5, No.3, 1-15, 1979年. ...
閲覧 吉田 浩 : 限界概念とアンチノミー, --- M·ウェーバーの変革理論を弁証法と看做す諸見解を手掛かりとして ---, 現代と唯物論, Vol.5, (号), 46-66, 1979年. ...
閲覧 清水 厚志, 高島 将樹, 佐藤 高則, 山口 庄太郎, 桜井 武, 桜井 宣彦, 鮫島 達也 : ビリルビン·オキシダ-ゼの銅原子リガンドについて, 生化学, Vol.69, No.7, 551, 1997年9月. ...
閲覧 Atsushi Shimizu, Jung-Hee Kwon, Takashi Sasaki, Takanori Satoh, Nobuhiko Sakurai, Takeshi Sakurai, Shotaro Yamaguchi and Tatsuya Samejima : Myrothecium verrucaria Bilirubin Oxidase and Its Mutants for Potential Copper-Ligands., Biochemistry, Vol.38, No.10, 3034-3042, 1999. ...
閲覧 Atsushi Shimizu, Takashi Sasaki, Jung-Hee Kwon, Akito Odaka, Takanori Satoh, Nobuhiko Sakurai, Takeshi Sakurai, Shotaro Yamaguchi and Tatsuya Samejima : Site-Directed Mutagenesis of a Possible Type 1 Copper Ligand of Bilirubin Oxidase., --- A Met467Gln Mutant Shows Stellacyanin-Like Properties. ---, The Journal of Biochemistry, Vol.125, No.4, 662-668, 1999. ...
閲覧 湯浅 智之, 小畑 利之, 矢野 聖二, 岡本 英治, 西岡 安彦, 久保 宜明, 高橋 正幸, 中逵 弘能, 長屋 寿雄, 金山 博臣, 荒瀬 誠治, 曽根 三郎, 蛯名 洋介 : 可溶化インスリン受容体細胞外ドメイン(sIR)は癌患者血清中で増加している, 第29回 日本分子腫瘍マーカー研究会 プログラム, 70-71, 2009年9月. ...
閲覧 Tomoyuki Yuasa, Seiji Yano, Yasuhiko Nishioka, Yoshiaki Kubo, Masayuki Takahashi, Hiroyoshi Nakatsuji, Hisao Nagaya, Hiro-omi Kanayama, Seiji Arase, Saburo Sone and Yousuke Ebina : Soluble insulin receptor ectodomain in the plasma is a possible broad-spectrum tumor marker, 第68回 日本癌学会学術総会記事, 450, Oct. 2009. ...
閲覧 Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Masahide Sato : Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy To Reduce Defects Further, Crystal Growth & Design, Vol.14, No.5, 2083-2086, 2014. ...
閲覧 Atsushi Mori, Yoshihisa Suzuki and Masahide Sato : Some Details of Gravitational Tempering in Colloidal Epitaxy Using Hard-Sphre Model, The Joint Conference of 6th International Symposium on Physics in Space & 10th International Conference on Two-Phase System for Space and Ground Applications, (巻), (号), 17, Kyoto, Sep. 2015. ...
閲覧 Masahide Sato, Mamoru Fujine, Hiroyasu Katsuno and Yoshihisa Suzuki : Effect of Container Shape and Force Direction on Crystallization of Brownian Particles in Sedimentation, The Joint Conference of 6th International Symposium on Phshycs in Space & 10th Inerntional Conference on Two-Phase System for Space and Ground Applications, (巻), (号), (頁), Kyoto, Sep. 2015. ...
閲覧 森 篤史, 佐藤 正英, 鈴木 良尚 : 重⼒操作によるコロイド結晶中の⽋陥の消失のシミュレーション, 化学工学会第49回秋季大会, (巻), (号), (頁), 2017年9月. ...
閲覧 Atsushi Mori, Masahide Sato and Yoshihisa Suzuki : Effect of density change at crystallization on a one-dimensional heat balance equation at solid-liquid interface, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1 (Regular Papers & Short Notes), Vol.58, 045506-1-045506-6, 2019. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 3, LA = 1.37, Max(EID) = 372496, Max(EOID) = 996215.