『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 日本オペレーションズ·リサーチ学会

登録情報の数

有効な情報: 7件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 7件

全ての有効な情報 (7件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 日本オペレーションズ·リサーチ学会
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 宇野 剛史 : 利用者の選好を考慮した競合施設配置問題に対するタブー探索法の適用, 日本オペレーションズ・リサーチ学会関西支部「知的決定支援の理論と方法」研究部会第二回研究集会, (巻), (号), (頁), 2006年7月. ...
閲覧 宇野 剛史 : 多目的非線形計画問題に対する生物群最適化手法を用いた対話型ファジィ満足化手法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会中国・四国支部「アシュアランスモデルとその応用」研究部会第一回研究集会, (巻), (号), (頁), 2006年9月. ...
閲覧 宇野 剛史 : 確率的競合施設配置問題に対するタブー探索法の適用, SSOR, (巻), (号), (頁), 2007年9月. ...
閲覧 宇野 剛史, 片桐 英樹, 加藤 浩介 : 不確実性を含む競合施設配置問題に対するタブー探索法の適用, 日本オペレーションズ・リサーチ学会2007年秋季研究発表会, (巻), (号), (頁), 2007年9月. ...
閲覧 宇野 剛史 : 非線形計画問題に対する改良型差分進化に基づく発見的解法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会四国ブロックシンポジウム, (巻), (号), (頁), 2008年9月. ...
閲覧 宇野 剛史 : 競合性に着目した施設配置問題に対する意思決定モデルとその解法, 日本オペレーションズ・リサーチ学会「ソフトコンピューティングと最適化」研究部会第1回研究集会, (巻), (号), (頁), 2009年7月. ...
閲覧 宇野 剛史 : ファジィランダム需要を伴う競合施設配置問題の研究, 日本オペレーションズ・リサーチ学会中国四国支部平成22年度定例シンポジウム, 2010年11月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.52, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996375.