『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 島根大学

登録情報の数

有効な情報: 15件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 15件

全ての有効な情報 (15件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 島根大学
閲覧 島根大学 を参照している情報…(2)
閲覧 閲覧 汽水域研究センター ([島根大学]) …(13)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata and Mamoru Nishioka : Nutrients Immobilization from Seawater by New Porous Carrier made from Zeolitized Fly Ash and Slag, 3rd International Conference on Marine and Pollution Ecotoxicology, (巻), (号), (頁), Hong Kong, Dec. 2002. ...
閲覧 Takuji Sugimoto, Hitoshi Murakami, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata and Takami Shikata : Effect of Tide and Flood Gates on Tsunami Inundation, Recent Advances in Marine Science and Technology 2002, (巻), (号), 299-310, 2003. ...
閲覧 Naotaka Yoshimura, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata, Koji Otsuka and Naoki Nakatani : Environmental Evaluation of An Artificial Lagoon by The Sessile Organisms Community, Recent Advances in Marine Science and Technology 2002, (巻), (号), 437-446, 2003. ...
閲覧 北野 倫生, 上月 康則, 倉田 健悟, 村上 仁士, 山崎 隆之, 芳田 英朗, 水谷 雅裕 : 夏季における堆積物食生物マナマコ(Stichopus japonicus)の生物撹拌, 土木学会論文集, Vol.741, No.VII-28, 49-56, 2003年. ...
閲覧 Olfa Khelifi, Yasunori Kozuki, Hitoshi Murakami, Kengo Kurata and Yuki Kono : Influence of porosity and composition of porous carriers on the uptake of nutrients., Water Science and Technology, Vol.48, No.3, 105-112, 2003. ...
閲覧 Junya Miyoshi, Yasunori Kozuki, Kengo Kurata, Michio Kitano, Hitoshi Murakami and Hiroyuki Mizuguchi : Development of an Inhabitable Quaywall for Improvement of Material Cycle Proceedings of The Thirteenth, Proceedings of The Thirteenth International Offshore and Polar Engineering Conference, (巻), (号), 338-344, Honolulu, Sep. 2003. ...
閲覧 白鳥 実, 上月 康則, 倉田 健悟, 長谷田 真千, 小藤 美樹, 村上 仁士 : 徳島県勝浦川におけるダム下流の珪藻群集の特徴とその形成過程, 環境工学研究論文集, (巻), No.40, 117-126, 2003年. ...
閲覧 倉田 健悟, 上月 康則, 村上 仁士, 水谷 雅裕, 森 正次, 北野 倫生, 岩村 俊平 : 港湾における生態系の修復技術∼徳島県小松島港で行われた実証試験を例に∼, 土木学会論文集, Vol.755, No.VII-30, 95-104, 2004年. ...
閲覧 三好 順也, 上月 康則, 森 正次, 亀田 大悟, 矢間 北斗, 倉田 健悟, 村上 仁士 : 岸壁付帯式テラス型海岸構造物によるムラサキイガイ由来の汚濁負荷削減効果, 海洋開発論文集, Vol.20, (号), 1061-1066, 2004年. ...
閲覧 Yushu Tashiro, Yasunori Kozuki, Yoichi Satoh, Michiko Okubo and Hitoshi Murakami : Influence of connectivity of irrigation canal with a river on fish community in a suburban area, Proceedings of 3rd annual joint seminar between Japan and Korea on Ecology and Civil Engineering, (巻), (号), 35-40, Nagoya, July 2005. ...
閲覧 Minoru Shiratori, Yasunori Kozuki, Yoshikazu Shimada, Ryuichi Kitta, Rui Sato and Hitoshi Murakami : Characteristics of the perphytic diatom community in the downstream of masaki dam in Katsuura River, Proceedings of 3rd annual joint seminar between Japan and Korea on Ecology and Civil Engineering, (巻), (号), 125-130, Nagoya, July 2005. ...
閲覧 三好 順也, 上月 康則, 倉田 健悟, 村上 仁士, 野田 厳, 岩村 俊平 : 港湾環境に及ぼす直立壁面の付着性二枚貝の影響に関する考察, 海岸工学論文集, Vol.53, (号), 1116-1120, 2006年. ...
閲覧 白鳥 実, 上月 康則, 島田 佳和, 橘田 竜一, 佐藤 塁, 村上 仁士 : ダム下流減水区間の付着藻類群集による河川の自濁作用に関する調査研究, 土木学会論文集G(環境), Vol.64, No.3, 262-275, 2008年. ...
閲覧 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 不均一系キチン担持フラビニウム触媒の開発と過酸化水素による触媒的酸化反応への応用, 第33回若手化学者のための化学道場, (巻), (号), (頁), 2017年9月. ...
閲覧 酒井 拓哉, 渡部 未来, 荒川 幸弘, 今田 泰嗣, 飯田 拡基 : 不均一系高分子触媒として機能するフラビニウム–アニオン性キチン錯体の開発とその酸化触媒能, 第50回酸化反応討論会, 2017年11月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.38, Max(EID) = 372500, Max(EOID) = 996244.