『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 日本地質学会

登録情報の数

有効な情報: 34件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 34件

全ての有効な情報 (34件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 日本地質学会
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 川野 良信, 安間 了 : 屋久島花岡岩の主成分・微量成分組成, 日本地質学会学術大会講演要旨, 397, 1991年9月. ...
閲覧 安間 了, 川野 良信, 柚原 雅樹 : 266 屋久島花崗岩の内部構造, 日本地質学会学術大会講演要旨, 234, 1997年9月. ...
閲覧 安間 了 : 基礎構造地質 アナログモデル実験にみる沈み込み帯の構造 : 延性的なマントルウエッジの流動から脆性的な上部地殻の変形まで, 地質学論集, Vol.50, 73-88, 1998年7月. ...
閲覧 須貝 俊彦, 粟田 泰夫, 安間 了, 坂 幸恭 : トルコの北アナトリア断層, 地質学雑誌(口絵), Vol.105, No.3, V-VI, 1999年3月. ...
閲覧 折橋 裕二, 稲垣 賢一, 平田 岳史, 安間 了, 平田 大二, 丸山 茂徳 : 西南日本外帯,中期中新世花こう岩類の成因 : スラブ溶融の可能性について, 日本地質学会学術大会講演要旨, 61, 1999年9月. ...
閲覧 M. Ishikawa, Y. Kaneko, Ryo Anma and H. Yamamoto : Subhorizontal boundary between ultrahigh-pressure and low-pressure metamorphic units in the Sulu-Tjube area of the Kokchetav Massif, Kazakhstan, The Island Arc, Vol.9, (号), 317-327, 2000. ...
閲覧 川野 良信, 加々島 慎一, 金子 慶之, 安間 了 : 石垣島東北部,野底岳周辺に分布する火山岩類の岩石学, 日本地質学会学術大会講演要旨, 306, 2002年9月. ...
閲覧 山本 由弦, 安間 了 : 付加体浅部および深部における堆積岩の変形構造と歪分布, 日本地質学会学術大会講演要旨, 127, 2002年9月. ...
閲覧 遠藤 良太, 安間 了 : 屋久島西南部に分布するメランジ中における大円上に乗る褶曲軸群の形成機構, 日本地質学会学術大会講演要旨, 122, 2002年9月. ...
閲覧 安間 了, A. Veloso, 金子 慶之, 寺林 優, 太田 努, 小宮 剛, 片山 郁夫, 丸山 茂徳, F. Herve : チリ海嶺沈み込み帯東部のタイタオ半島に露出する鮮新世オフィオライトの地質-予報-, 日本地質学会学術大会講演要旨, 7, 2002年9月. ...
閲覧 山本 由弦, 殿谷 和樹, 安間 了 : 屋久島における付加体変形の時系列とファブリック変化, 日本地質学会学術大会講演要旨, 122, 2003年9月. ...
閲覧 山本 啓司, 寺林 優, 大麻 広幸, 金子 慶之, 安間 了 : 岩国-柳井領家帯の泥質片岩と珪化岩に認められるコンピテンス較差, 地質学雑誌, Vol.110, No.2, 119-122, 2004年. ...
閲覧 A. E. Veloso-Espinosa, Ryo Anma and T. Yamazaki : Tectonic rotations during the Chile ridge collision and obduction of the Taitao ophiolite (Southern Chile), The Island Arc, Vol.14, 599-615, 2005. ...
閲覧 Ryo Anma, R. Armstrong, T. Danhara, Y. Orihashi and H. Iwano : Zircon sensitive high mass-resolution ion microprobe U-Pb and fission-track ages for gabbros and sheeted dykes of the Taitao ophiolite, Southern Chile, and their tectonic implications, The Island Arc, Vol.15, 130-142, 2006. ...
閲覧 昆 慶明, 小宮 剛, 安間 了, 平田 岳史, 丸山 茂徳 : チリ・タイタオ半島花崗岩の地球化学的特長, 日本地質学会学術大会講演要旨, 235, 2006年9月. ...
閲覧 小川 勇二郎, ほか2航海(YKO5-08 Leg2 YKO6-02)乗船および陸上研究者, 川村 喜一郎, 安間 了, 川上 俊介, 横山 俊治, Yildirim Dilek, Greg Moore, 平野 聡, 原 英俊 : 南海付加体の二大海底谷での断面観察,付加物質の上昇,流体の染み出し : 最近の潜水結果の総括, 日本地質学会学術大会講演要旨, 14, 2006年9月. ...
閲覧 小川 勇二郎, 川村 喜一郎, 安間 了, 原 英俊 : 南海付加体の2つの海底谷からスレート劈開の発見 : 劈開2方向問題とexhumation問題再燃, 日本地質学会学術大会講演要旨, 6, 2006年9月. ...
閲覧 安間 了, 小川 勇二郎, Gregory Moore, 川村 喜一郎, 川上 俊介, 佐々木 智之, YKO5-08 Leg 2およぴYKO6-02乗船研究者 : 潮岬海底谷に沿って露出する南海付加体の地質断面, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2, 2006年9月. ...
閲覧 川村 喜一郎, 小川 勇二郎, 安間 了, Yildirim Dilek, 横山 俊治, 川上 俊介, F. Gregory Moore, YKO5-08Leg2乗船研究者 : 潜水船で明らかになった天竜海底谷沿いの南海付加体の地質構造,変形組織,物性,力学特性, 日本地質学会学術大会講演要旨, 2, 2006年9月. ...
閲覧 山本 由弦, 安間 了 : 屋久島の四万十帯に見られるデュープレックス構造, 地質学雑誌(口絵), Vol.112, No.9, XVII-XVIII, 2006年9月. ...
閲覧 西山 賢一, 吾郷 祐輔, 磯野 陽子, 高谷 精二, 佐藤 威臣, 竹熊 隆宏 : 黄鉄鉱含有泥岩の風化による物性変化, 日本地質学会学術大会講演要旨, Vol.114, (号), 199, 2007年9月. ...
閲覧 西山 賢一, 木村 隆行, 磯野 陽子 : 風化による岩石物性変化の指標としての色彩測定法, 第7回日本地質学会四国支部講演会講演要旨集, (巻), (号), 5, 2007年12月. ...
閲覧 北村 真一, 西山 賢一 : 徳島県那賀川上流域に分布する地すべりの地形的特徴, 第7回日本地質学会四国支部講演会講演要旨集, (巻), (号), 15, 2007年12月. ...
閲覧 屋久島地学同好会, 矢島 道子, 藤本 光一郎, 安間 了 : 屋久島地質たんけんマップ, 日本地質学会, (都市), 2009年(0月). ...
閲覧 安間 了, 小川 勇二郎, 川村 喜一郎, モア グレッグ, 佐々木 智之 : 潮岬海底谷に露出する南海トラフ付加体の構造・組織・物性と流体移動, 日本地質学会学術大会講演要旨, 453, 2010年9月. ...
閲覧 安間 了, 岩野 英樹, 檀原 徹, 山下 透 : 南海トラフ付加体からの砕屑性ジルコンのフィッション・トラック年代分布, 日本地質学会学術大会講演要旨, 10, 2010年9月. ...
閲覧 安間 了, 道口 陽子, YK05-08 Leg 2乗船研究者, 小川 勇二郎, 川村 喜一郎, Gregory Moore, 佐々木 智之, 川上 俊介, 平野 聡, 太田 哲平, 遠藤 良太 : 潮岬海底谷に露出する南海トラフ分岐断層付近の付加体堆積物の構造・組織・物性と流体移動, 地質学雑誌, Vol.116, No.12, 637-660, 2010年. ...
閲覧 安冨 友樹人, 本山 功, 安間 了, 大場 忠道, 池原 実, 板木 拓也 : 最終間氷期における北西太平洋の鉛直水塊変動, 日本地質学会学術大会講演要旨, 333, 2011年9月. ...
閲覧 小川 勇二郎, 川村 喜一郎, 安間 了, 道口 陽子, 村岡 諭, 乗船および陸上研究者 YK05-08 Leg 2 and YK08-04 : Submarine and on land comparison between Nankai Trough and Miura-Boso prisms: Results of submersible study, 日本地質学会学術大会講演要旨, 114, 2011年9月. ...
閲覧 安間 了, 折橋 裕二 : ジルコン結晶形とU-Pb年代, 日本地質学会学術大会講演要旨, 95, 2012年9月. ...
閲覧 折橋 裕二, 安間 了, 元木 昭寿, ハラー ミジェール, 平田 大二, 岩野 英樹, 角野 浩史, ラモス ビクター : アルゼンチン・パタゴニア,セロ・パンパ地域直下の地殻発達史:中期中新世アダカイトに混在する外来ジルコンのLA-ICPMS U-Pb年代からの制約, 日本地質学会学術大会講演要旨, 37, 2013年9月. ...
閲覧 安冨 友樹人, 本山 功, 安間 了, 大場 忠道, 池原 実, 板木 拓也 : 放散虫群集から見た北西太平洋における最終間氷期の鉛直水塊変動, 日本地質学会学術大会講演要旨, 605, 2013年9月. ...
閲覧 安間 了, 山本 由弦, 下司 信夫, 七山 太, 中川 正二郎 : 世界遺産の島・屋久島の地質と成り立ち, 地質学雑誌, Vol.120, S101-S125, 2014年7月. ...
閲覧 安間 了 : 海洋底科学の基礎(「海洋底科学の基礎」編集委員会編:船上での記載と計測の流れ,ほか第1章,4.1節,第5章,6.1~6.4節,6.6節,7.1節,8.1,8.2節,10.1節,11.2節,11.7~11.8節担当), 共立出版株式会社, 東京, 2016年9月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.04, Max(EID) = 372535, Max(EOID) = 996375.