『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 滋賀医科大学

登録情報の数

有効な情報: 24件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 24件

全ての有効な情報 (24件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 滋賀医科大学
閲覧 滋賀医科大学 を参照している情報…(16)
閲覧 閲覧 医学研究科 ([滋賀医科大学]) …(8)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 Shigeru Amano, Toshiyuki Obata, Fumitada Hazama, N. Kashiro and M. Shimada : Hypoxia prevents seizures and neuronal damages of the hippocampus induced by kainic acid in rats, Brain Research, Vol.523, No.1, 121-126, 1990. ...
閲覧 Atsunori Kashiwagi, Toshiyuki Obata, Masashi Suzaki, Yoshifumi Takagi, Yasuo Kida, Tsutomu Ogawa, Yasushi Tanaka, Takayuki Asahina, Motoyoshi Ikebuchi, Yukikazu Saeki, Ryuichi Kikkawa and Yukio Shigeta : Increase in cardiac muscle fructose content in streptozotocin-induced diabetic rats, Metabolism: Clinical and Experimental, Vol.41, No.10, 1041-1046, 1992. ...
閲覧 小畑 利之 : シェーグレン症候群,特発性浮腫に可逆性甲状腺機能低下症を合併した一例, 日本内分泌学会雑誌, Vol.70, No.7, 743, 1994年9月. ...
閲覧 柏木 厚典, 小畑 利之 : これだけは知っておきたい検査のポイント ムコ蛋白/酸性ムコ多糖体, メディチーナ, Vol.31, No.11, 166-167, 1994年10月. ...
閲覧 小畑 利之 : 血管平滑筋細胞機能と高インスリン血症 第2報-インスリン特異的情報伝達系の検討, 日本内分泌学会雑誌, Vol.71, No.3, 487, 1995年4月. ...
閲覧 小畑 利之 : グリコーゲン合成酵素活性からみたOLETFラット骨格筋におけるインスリン抵抗性, 内科宝函, Vol.43, No.5, 94-95, 1995年5月. ...
閲覧 小畑 利之 : 血管平滑筋細胞機能と高インスリン血症(第3報) PI3-キナーゼ活性化の意義の検討, 動脈硬化, Vol.23, No.3, 179, 1995年10月. ...
閲覧 Masanori Iwanishi, Toshiyuki Obata, Shu Yamada, Hiroshi Maegawa, Rie Tachikawa-Ide, Satoshi Ugi, Masaaki Hasegawa, Hideto Kojima, Tatsuya Oguni, Ryuhei Toudo, Yukio Shigeta and Atsunori Kashiwagi : Clinical and laboratory characteristics in the families with diabetes and a mitochondrial tRNA(LEU(UUR)) gene mutation, Diabetes research Clinical Practice, Vol.29, No.2, 75-82, 1995. ...
閲覧 小畑 利之 : インスリン情報伝達におけるmTOR/FRAPの役割, 糖尿病, Vol.39, No.supple 1, 159, 1996年4月. ...
閲覧 Toshiyuki Obata, Atsunori Kashiwagi, Hiroshi Maegawa, Yoshihiko Nishio, Satoshi Ugi, Hideki Hidaka and Ryuuichi Kikkawa : Insulin signaling and its regulation of system A amino acid uptake in cultured rat vascular smooth muscle cells, Circulation Research, Vol.79, No.6, 1167-1176, 1996. ...
閲覧 柏木 厚典, 小畑 利之 : 肥満の分子栄養学, --- 栄養-評価と治療 ---, 栄養, Vol.13, No.3, 325-332, 1996年8月. ...
閲覧 小畑 利之 : Wolfram症候群の亜型と考えられた高齢発症NIDDMの1家系, 日本老年医学会雑誌, Vol.33, No.8, 637, 1996年8月. ...
閲覧 maegawa Hiroshi, Kashiwagi Atsunori, Fujita Toshiki, Ugi Satoshi, Hasegawa Masaaki, Toshiyuki Obata, nishio Yoshihiko, kojima Hideki, Hidaka Hideki and Kikkawa Ryuichi : SHPTP2 serves adapter protein linking between Janus kinase 2 and insulin receptor substrates, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol.228, No.1, 122-127, 1996. ...
閲覧 小畑 利之 : 高ブドウ糖培養下のチロシンホスファターゼ活性化によるインスリン抵抗性とチアゾリジン誘導体の作用点, 日本内分泌学会雑誌, Vol.73, No.2, 187, 1997年4月. ...
閲覧 小畑 利之 : 高ブドウ糖培養下のチロシンホスファターゼ活性化によるインスリン抵抗性とチアゾリジン誘導体の作用点, 日本内分泌学会雑誌, Vol.73, No.2, 187, 1997年4月. ...
閲覧 Atsunori Kashiwagi, Yoshihiko Nishio, Takashi Asahina, Motoyoshi Ikebuch, Naoki Harada, Yasushi Tanaka, Noriko Takarhara, Hideki Taki, Toshiyuki Obata, Hideki Hidaka, Yukikaza Saeki and Ryuichi Kikkawa : High glucose-induced abnormal epidermal growth factor signaling, Diabetes, Vol.46, No.12, 2088-2095, 1997. ...
閲覧 Toshiyuki Obata, Hiroshi Maegawa, Atsunori Kashiwagi, Tahir S Pillay and Ryuichi Kikkawa : High glucose-induced abnormal epidermal growth factor signaling, The Journal of Biochemistry, Vol.123, No.5, 813-820, 1998. ...
閲覧 小畑 利之, 柏木 厚典 : 代謝·栄養障害,内分泌症状 血糖異常と尿糖, 産婦人科の実際, Vol.47, No.10, 1607-1611, 1998年10月. ...
閲覧 Maegawa Hiroshi, Toshiyuki Obata, T. Shibata, Toshiki Fujita, Satoshi Ugi, Katsutaro Morino, Yoshihiko Nishio, Hideki Kojima, Hideki Hidaka, Mazakazu Haneda, Hitoshi Yasuda, Ryuichi Kikkawa and Atsunori Kashiwagi : A new antidiabetic agent (JTT-501) rapidly stimulates glucose disposal rates by enhancing insulin signal transduction in skeletal muscle, Diabetologia, Vol.42, No.2, 151-159, 1999. ...
閲覧 森野 勝太郎, 前川 聡, 小畑 利之, 江川 克哉, 柴田 勉, 柏木 厚典, 吉川 隆一 : インスリン抵抗性改善薬(JTT-501)の骨格筋インスリン感受性及びインスリンシグナルに対する急性効果の検討, 日本内分泌学会雑誌, Vol.75, No.1, 84, 1999年4月. ...
閲覧 江川 克哉, 前川 聡, 森野 勝太郎, 小畑 利之, 清水 真也, 柏木 厚典, 吉川 隆一 : インスリン情報伝達におけるPDK-1の役割, 糖尿病, Vol.43, No.supple 1, 186, 2000年4月. ...
閲覧 Satoshi Ugi, Takeshi Imamura, Hiroshi Maegawa, Katsuya Egawa, Ken Yoshizaki, Kun Shi, Toshiyuki Obata, Yousuke Ebina, Atsunori Kashiwagi and J. M. Olefsky : Protein Phosphatase 2A Negatively Regulates insulin's Metabolic Signaling Pathway by Inhibiting AKT (Protein Kinase B) Activity in 3T3-L1 Adipocytes., Molecular and Cellular Biology, Vol.24, No.19, 8778-8789, 2004. ...
閲覧 湯浅 智之, 小畑 利之, 矢野 聖二, 岡本 英治, 西岡 安彦, 久保 宜明, 高橋 正幸, 中逵 弘能, 長屋 寿雄, 金山 博臣, 荒瀬 誠治, 曽根 三郎, 蛯名 洋介 : 可溶化インスリン受容体細胞外ドメイン(sIR)は癌患者血清中で増加している, 第29回 日本分子腫瘍マーカー研究会 プログラム, 70-71, 2009年9月. ...
閲覧 湯浅 智之, 小畑 利之, 横田 一郎, 岡本 英治, 長屋 寿雄, 橋田 誠一, 前川 聡, 柏木 厚典, 松本 満, 松本 俊夫, 岸 和弘, 蛯名 洋介 : 可溶性インスリン受容体細胞外ドメイン(sIRα)は高血糖に相関して血中濃度が高まる, 第7回 1型糖尿病研究会, 2009年11月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.23, Max(EID) = 372577, Max(EOID) = 996785.