『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 日本地球化学会

登録情報の数

有効な情報: 20件 + 無効な情報: 0件 = 全ての情報: 20件

全ての有効な情報 (20件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 日本地球化学会
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 折橋 裕二, 元木 昭寿, 平田 大二, 太田 努, ミジェール ハラー, 吉田 英人, 安間 了 : パタゴニア南部,中期中新世アダカイトに含まれるジルコンの地球化学, 日本地球化学会年会要旨集, 77, 2002年(0月). ...
閲覧 安間 了, 小宮 剛, 昆 慶明, 渋谷 岳造, 太田 努, 折橋 裕二, Armstrong Richard : チリ海嶺沈み込み帯にみられるオフィオライトと珪長質深成岩類, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.55, 301, 2008年9月. ...
閲覧 昆 慶明, 平田 岳史, 小宮 剛, 安間 了, 丸山 茂徳 : 中央海嶺沈み込み起源の花崗岩から得られたジルコンのHf同位体比, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.55, 300, 2008年9月. ...
閲覧 元木 昭寿, 折橋 裕二, ハラー ミゲール, ラモス ビクター, 平田 大二, 安間 了 : LA-ICP-MSを用いたアルゼンチン南パタゴニアのCerro Pampaアダカイトに含まれる地殻ジルコン結晶のU-Pbスポット年代と,それから構築される地殻年代発達史, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.55, No.0, 239, 2008年9月. ...
閲覧 阿部 なつ江, 富士原 敏也, 金松 敏也, 末次 大輔, 山崎 俊嗣, 岩森 光, 安間 了, 平野 直人, 折橋 裕二, 原田 尚美 : 「みらい」MR08-06 Leg1海半球完全横断航海報告, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, 189, 2010年9月. ...
閲覧 角野 浩史, 折橋 裕二, 元木 昭寿, 平田 大二, ハラー ミジェール, コンセション ロムロ, 安間 了, 長尾 敬介 : 南米パタゴニア溶岩台地のアルカリ玄武岩とマントル捕獲岩の希ガス同位体比, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, 155, 2010年9月. ...
閲覧 安間 了, 申 ギチョル, 折橋 裕二, 中野 孝教 : 海嶺沈み込みと大陸地殻の成長:チリ海嶺沈み込み帯の例, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, No.0, 159, 2010年9月. ...
閲覧 昆 慶明, 小宮 剛, 安間 了, 平田 岳史, 丸山 茂徳 : 中央海嶺沈み込みに伴う花崗岩の地球科学的特徴, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, 158, 2010年9月. ...
閲覧 小林 千明, 折橋 裕二, 平田 大二, ナランホ ホセ, 小林 淳, 安間 了 : 人工衛星搭載ASTER センサを用いたチリ共和国Viedma 火山におけるSiO<sub>2</sub> 量推定, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, 156, 2010年9月. ...
閲覧 折橋 裕二, 元木 昭寿, ハラー ミゲール, 角野 浩史, 長尾 敬介, 安間 了 : パタゴニア北部,超背弧域に分布するソムンクラ台地玄武岩の成因:ウォズリアイトの脱水溶融起因説, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, 188, 2010年9月. ...
閲覧 折橋 裕二, 新正 裕尚, ナランホ ホセ, 元木 昭寿, 安間 了 : 定常的な沈み込み帯から中央海嶺沈み込みに至る 南部アンデス弧(SVZ)火山岩類の化学組成の変遷, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, 157, 2010年9月. ...
閲覧 原田 尚美, 阿部 なつ江, Lange Carina, 安間 了, 折橋 裕二, 岩森 光 : 南太平洋及び沈み込み帯における地質学・地球物理学的研究 ならびにチリ沖における古海洋環境変動復元研究 「みらい」MR08-06航海概要, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.57, 151, 2010年9月. ...
閲覧 Ryo Anma and Y. Orihashi : Shallow-depth melt eduction due to ridge subduction: LA-ICPMS U-Pb igneous and detrital zircon ages from the Chile Triple Junction and the Taitao Peninsula, Chilean Patagonia, Geochemical Journal, Vol.47, No.2, 149-165, 2013. ...
閲覧 Y. Orihashi, Ryo Anma, A. Motoki, J. M. Haller, D. Hirata, H. Iwano, H. Sumino and V. Ramos : Geochronological fingerprint revealing the evolution of the crust underlying Cerro Pampa, Argentine Patagonia: Constraint from LA-ICPMS U-Pb ages for exotic zircons in the Mid-Miocene adakite., Geochemical Journal, Vol.47, 235-247, 2013. ...
閲覧 Y. Kon, T. Komiya, Ryo Anma, T. Hirata, T. Shibuya, S. Yamamoto and S. Maruyama : Petrogenesis of the ridge subduction-related granitoids from the Taitao Peninsula, Chile Triple Junction area., Geochemical Journal, Vol.47, No.2, 167-183, 2013. ...
閲覧 H. Shinjoe, Y. Orihashi, A. J. Naranjo, D. Hirata, T. Hasenaka, T. Fukuoka, T. Sano and Ryo Anma : Boron and other trace element composition of the Quaternary volcanic rocks from the Southern Volcanic Zone in Andean Arc: Implication for the slab-derived component., Geochemical Journal, Vol.47, No.2, 185-199, 2013. ...
閲覧 折橋 裕二, 安間 了, 新正 裕尚 : 九州地方,中期中新世花崗岩類において新たに見出された北北西方向のマグマ生成場の移行, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.60, 65, 2013年9月. ...
閲覧 安間 了, 折橋 裕二 : 凝灰岩のジルコンU-Pb年代による付加体層序の検討ー屋久島の四万十累層群を例としてー, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.62, 32, 2015年9月. ...
閲覧 折橋 裕二, 新正 裕尚, 安間 了 : 九州地方における,西南日本外帯,中期中新世花崗岩類のマグマ活動史の全容解明:LA-ICPMS U-Pb年代測定による制約, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.62, 33, 2015年9月. ...
閲覧 折橋 裕二, 市原 美恵, 安間 了, 新正 裕尚, 遠山 知亜紀, 角野 浩史, ホセ ナランホ, 三部 賢治, 中井 俊一 : プレート内破砕帯沈み込みに伴う南部チリ弧火成活動の多様性とマグマ生成過程の解明, 日本地球化学会年会要旨集, Vol.63, 195, 2016年9月. ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.48, Max(EID) = 372548, Max(EOID) = 996414.