『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 筑波大学

登録情報の数

有効な情報: 67件 + 無効な情報: 4件 = 全ての情報: 71件

全ての有効な情報 (67件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 筑波大学
閲覧 筑波大学 を参照している情報…(61)
閲覧 閲覧 数理物質科学研究科 ([筑波大学]) …(5)
閲覧 閲覧 菅平高原生物実験センター ([筑波大学]) …(1)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 西平 賀昭, 荒木 秀夫, 藤田 紀盛 : 随意動作に先行する脳運動関連電位, 体力科学, Vol.27, (号), 140-148, 1978年. ...
閲覧 西平 賀昭, 荒木 秀夫, 藤田 紀盛, 宮下 節, 島田 茂 : CNV(随伴性陰性変動)出現期間内における体制感覚刺激大脳誘発電位の変化について, 体育の科学, Vol.29, (号), 733-738, 1979年. ...
閲覧 西平 賀昭, 荒木 秀夫, 藤田 紀盛 : 脳運動関連電位(特にN1電位)と握力発揮との関連について, 新体育, Vol.50, (号), 66-71, 1980年. ...
閲覧 荒木 秀夫, 西平 賀昭, 藤田 紀盛 : 反応動作に伴うα振幅の経時的変動, --- 特に運動後陽性電位,CNVとの関連について ---, 東京体育学研究, Vol.7, (号), 149-159, 1981年. ...
閲覧 荒木 秀夫, 西平 賀昭, 藤田 紀盛 : 反応動作のα-blochingと緩電位変動との関連について, 体力科学, Vol.30, (号), 148-159, 1981年. ...
閲覧 西平 賀昭, 荒木 秀夫, 藤田 紀盛 : 随意動作に伴う脳運動関連電位, --- 特に運動電位,運動後陽性電位についての考察 ---, 体育学研究, Vol.26, (号), 43-56, 1981年. ...
閲覧 猿田 真嗣 : 現下日本の教育改革構想の分析(2), --- 日教組「教育改革国民プラン」(第1次試案)を中心に ---, 教育制度研究, (巻), No.17, 31-41, 1984年. ...
閲覧 丹 信介, 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : PEP及びLVETの重回帰式の作成と心筋収縮性評価のための利用, 筑波大学体育科学系紀要, Vol.8, 155-164, 1985年. ...
閲覧 真野 宮雄, 渋谷 英章, 秋川 陽一, 野津 隆志, 尹 秀一, 西山 薫, 猿田 真嗣 : 現代日本の学校における自由と統制, --- 教育行政研究の基本的視角をさぐる ---, 日本教育行政学会年報, Vol.11, (号), 149-186, 1985年. ...
閲覧 佐竹 昌之, 池上 晴夫 : 長距離走におけるピッチとストライドの変化が走効率に及ぼす影響, 体育学研究, Vol.30, No.3, 231-239, 1985年. ...
閲覧 猿田 真嗣 : 自治体文化行政における成人教育像の可能性, --- 「教育」「学習」概念の問題性の検討を通して ---, 筑波大学教育学研究集録, (巻), No.10, 45-56, 1986年. ...
閲覧 桑原 敏明, 西山 薫, 野津 隆志, 猿田 真嗣 : 学校事故裁判における教育的判断の構造(その1), 日本教育行政学会第21回大会, (巻), (号), (頁), 1986年10月. ...
閲覧 猿田 真嗣 : 文化政策における地域社会編成の論理, --- その方法論を中心に ---, 教育制度研究, (巻), No.19, 1-15, 1986年. ...
閲覧 桑原 敏明, 西山 薫, 野津 隆志, 猿田 真嗣 : 現代学校における「管理主義」問題の社会的形成(その1), --- 学校事故裁判における教育的判断と教育行政 ---, 教育制度研究, (巻), No.19, 75-123, 1986年. ...
閲覧 佐竹 昌之, 姜 煕成, 後藤 真二, 池上 晴夫 : 身体トレーニングが体組成,循環機能,血液性状および体力に及ぼす効果, いばらき体育·スポーツ科学, Vol.2, 17-23, 1987年. ...
閲覧 Hi-Sung Kang, Haruo Ikegami, Takesi Nishiyasu and Masayuki Satake : Effects of lung blood volume change by lower body negative pressure (LBNP) and positive pressure (LBPP) on closing volume(CV) and lung volumes., 1986 Asian Games scientific congress proceedings, 978-983, 1987. ...
閲覧 Haruo Ikegami, Hi-Sung Kang, Masayuki Satake, Takeshi Nishiyasu and Miyako Inazawa : Effects of physical training upon pulse wave velocity in the human aorta., 1986 Asian games scientific congress proceedings, 901-911, 1987. ...
閲覧 西山 薫, 関 英子, 藤井 穂高, 猿田 真嗣 : 学校における「子どもの管理」の社会的形成, --- 県教委における「学校安全」施策の展開を中心に ---, 教育制度研究, (巻), No.20, 57-100, 1987年. ...
閲覧 野津 隆志, 西山 薫, 猿田 真嗣, 関 英子 : 学校における「子どもの管理」の社会的形成, --- 県教委における「学校安全」施策の展開を中心に ---, 日本教育行政学会第22回大会, (巻), (号), (頁), 1987年10月. ...
閲覧 Kazuo Suzuki : Pollination of entomophilous plants of grasslands in Xilinhot, Inner Mongolia, Bull. Sugadaira Montane Res. Cen., Vol.9, (号), 33-38, 1988. ...
閲覧 樫田 美雄 : 自損事故の判例調査, --- 事例調査 富山県 T.Nさん 福井県 H.Kさん ---, (誌名), 21-33, 東京, 1988年3月. ...
閲覧 つくば国際教育研究会, 猿田 真嗣 : バイリンガル·テキスト:日本の教育─現状と課題, --- 「教員養成·採用·研修」(135-148),「教員団体」「教員制度の課題」(165-176) ---, つくば国際教育研究会, つくば, 1989年3月. ...
閲覧 猿田 真嗣 : 戦後労働者教育政策に関する一考察, --- 省庁間調整の視角から ---, 筑波大学教育学系論集, Vol.13, No.2, 83-94, 1989年. ...
閲覧 猿田 真嗣 : 都道府県文化行政の「調整」機構に関する研究, 日本生涯教育学会年報, (巻), No.10, 269-284, 1989年. ...
閲覧 猿田 真嗣 : シンガポーリアンの形成と二言語教育, アジア文化, (巻), No.14, 19-24, 1989年. ...
閲覧 猿田 真嗣 : 教育関連行政の調整に関する予備的検討(1), --- 研究の意義と理論的諸前提 ---, 教育制度研究, (巻), No.22, 67-89, 1989年. ...
閲覧 村田 翼夫, 猿田 真嗣 : 東南アジア諸国における多文化と国民教育, --- 「シンガポールにおける言語教育政策─国民形成と二言語教育」(21-29) ---, 1989年度文部省科学研究費一般研究(C)中間報告, (巻), (号), (頁), つくば, 1990年3月. ...
閲覧 樫田 美雄 : 施設内文化の研究, --- 二つの悪循環過程の例示とその意味の考察 ---, 母子研究, No.11, 12-27, 1991年. ...
閲覧 樫田 美雄 : アグネス論文における〈非ゲーム的パッシング〉の意味, --- エスノメソドロジーの現象理解についての若干の考察 ---, 年報筑波社会学, No.3, 74-98, 1991年. ...
閲覧 樫田 美雄 : 衛生行政·社会行政, 戦後日本における社会保障制度の研究 厚生省史の研究, 52-66, つくば, 1993年10月. ...
閲覧 樫田 美雄 : 協同的達成としてのパッシング, --- エスノメソドロジー的秩序理解の試み ---, 微視的権力状況における会話分析, 55-64, 1993年. ...
閲覧 Yoshio Kashida : On the Reflexive Organization of Participation Frame, --- Towards a critical examination of the conventional distinction between the "content-level" and the "relation-level" ---, Tsukuba Journal of Sociology, No.19, 57-71, 1994. ...
閲覧 樫田 美雄 : 達成されるものとしての権力, --- 権力現象を探求するためのノート ---, 社会学ジャーナル, No.19, 145-152, 1994年. ...
閲覧 副田 義也, 樽川 典子, 中山 慎吾, 樫田 美雄 : 自損事故遺児家庭の実態調査, 自損事故遺児家庭の実態調査, 76-80, 東京, 1994年6月. ...
閲覧 江原 由美子, 椎野 信雄, 高山 啓子, 水川 喜文, 樫田 美雄 : シンポジウム「エスノメソドロジーの可能性と展開」, 現代社会理論研究, No.4, 147-185, 1994年10月. ...
閲覧 副田 義也, 樫田 美雄 : 自損事故の判例調査, --- 事例調査(インタビュー記録) ---, 自損事故の判例調査, 21-33, 東京, 1995年3月. ...
閲覧 樫田 美雄 : 老人と菊づくり, 社会学ジャーナル, No.20, 153-174, 1995年. ...
閲覧 樫田 美雄 : デイケアの社会学, --- K市中間施設における観察記録から ---, 臨床心理学研究, Vol.33, No.1, 16-28, 1995年. ...
閲覧 樫田 美雄 : 119番通話における緊急電話らしさの達成, 年報社会学論集, No.8, 227-238, 1995年. ...
閲覧 樫田 美雄 : 学際的教養教育の新モデル, 筑波大学新聞, No.169, 5, 1995年11月. ...
閲覧 樫田 美雄 : 医療におけるコミュニケーションの可能性, --- 終末期医療の社会学的研究 ---, 臨床心理学研究, Vol.33, No.3, 2-17, 1996年. ...
閲覧 樫田 美雄 : エスノメソドロジーと権力, --- エスノメソドロジーは権力をどのように扱うのか ---, 社会学ジャーナル, No.21, 102-113, 1996年. ...
閲覧 副田 義也, 宗像 恒次, 樫田 美雄 : シンポジウム記録 パターナリズムからインフォームド·コンセントへ, --- 医療におけるコミュニケーションの問題 ---, 社会学ジャーナル, No.21, 120-127, 1996年3月. ...
閲覧 副田 義也, 樫田 美雄 : 書評セッション 生活保護制度の社会史, 母子研究, No.17, 85-111, 1996年3月. ...
閲覧 樫田 美雄 : 自損事故保険の社会学·序論, 母子研究, No.17, 63-73, 1996年. ...
閲覧 樫田 美雄 : 119番通話研究の意義について, 現代社会理論研究, No.6, 113-120, 1996年. ...
閲覧 Kazuo Konagai, Takashi Matsushima and Atsushi Mikami : Deformation Built up within a Granular Assemblage during an Intense Earthquake, International Journal of Earthquake Engineering, Vol.2, No.3, 419-441, 1998. ...
閲覧 Kazumi Nishioka, Atsushi Mori, Kaoru J Takano, Yoshihito Kaishita and Shingo Narimatsu : Pressure-dependence of the interfacial tension of a critical nucleus in the binary-ideal-solution, Journal of Crystal Growth, Vol.200, No.3-4, 592-598, 1999. ...
閲覧 依岡 隆児 : グラスにおける逃避志向, RHODUS, Vol.16, (号), 109-120, 2000年. ...
閲覧 和坂 俊昭, 西平 賀昭, 荒木 秀夫 : 選択反応動作課題に伴う誘発筋電図及び体性感覚誘発電位の変動, 体力科学, Vol.49, (号), 285-294, 2000年. ...
閲覧 清水 紀宏, 長積 仁 : 地域スポーツ経営のイノベーション, 日本体育学会第52回大会号, 118, 2001年9月. ...
閲覧 倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : コバルト,ニッケル層状水酸化物の層剥離と磁性の検討, 第57回錯体化学討論会, 2007年9月. ...
閲覧 江口 顕生, 倉科 昌, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : コバルト層状水酸化物の層剥離と磁気的性質, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月. ...
閲覧 倉科 昌, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : ニッケル層状水酸化物の層剥離と磁気的性質, 日本化学会第88春季年会, 2008年3月. ...
閲覧 Masashi Kurashina, Akio Eguchi, Eiji Kanezaki, Takuya Shiga and Hiroki Oshio : Syntheses and Properties of Cobalt and Nickel Hydroxide Nanosheets, International Conference on Advanced Materials Development and Performance 2008, Beijing, Oct. 2008. ...
閲覧 倉科 昌, 井上 直紀, 江口 顕生, 金崎 英二, 志賀 拓也, 大塩 寛紀 : 遷移金属層状水酸化物のナノシート化による磁気的性質の変化, 日本化学会第89春季年会, 2009年3月. ...
閲覧 安間 了 : 地球学シリーズ3, 地球学調査・解析の基礎(堆積物が語る地球環境の変遷 執筆担当), 古今書院, (都市), 2011年(0月). ...
閲覧 Hirokazu Miyoshi, Shogo Higaki, Kazuyoshi Masumoto, Norio Nogawa, Masahiro Hirota, Makoto Yanaga, Takuya Saze and Keisuke Sueki : Removal of radioactive iodine and cesium from rainwater contaminated by Fukushima Daiichi Nuclear Accident, (誌名), (巻), (号), (頁), Oarai, Dec. 2011. ...
閲覧 安間 了 : 堆積物に記録される西アジアにおける第四紀環境変動の解読, 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.1, 22-23, (都市), 2012年(0月). ...
閲覧 安間 了 : オマーン国における予察的地質調査の報告, 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.2, 6-7, (都市), 2013年(0月). ...
閲覧 安間 了, 久田 健一郎 : アンカラ-カッパドキア地質調査報告(2013.8.6~8.10), 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.3, 8-10, (都市), 2014年(0月). ...
閲覧 安間 了 : トルコ地質調査(2013.7.16~8.5)報告, 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.3, 3-7, (都市), 2014年(0月). ...
閲覧 安間 了 : イラン地質調査報告(2013.11.1~11.14), 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.4, 12-16, (都市), 2014年(0月). ...
閲覧 安間 了 : 西アジア文明学への招待(筑波大学西アジア文明研究センター編:西アジアの自然環境,黒海の海水面変動と洪水伝説 担当), 悠書館, 東京, 2014年12月. ...
閲覧 安間 了 : 2014年7月トルコ・カッパドキア地方調査報告, 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.5, 1-6, (都市), 2015年(0月). ...
閲覧 安間 了 : 2014年度スレイマニヤの古環境・地形・地質調査報告, 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.5, 7-10, (都市), 2015年(0月). ...
閲覧 安間 了 : 2014年イラン調査報告, 西アジア文明研究センター・ニュースレター, No.6, 7-14, (都市), 2015年(0月). ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 1.90, Max(EID) = 372521, Max(EOID) = 996304.