『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 広島大学
REF=閲覧 広島大学

登録情報の数

有効な情報: 89件 + 無効な情報: 10件 = 全ての情報: 99件

全ての有効な情報 (89件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 広島大学
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 安東 諒 : 王粲の「七哀詩」の位置, 中国中世文学研究, Vol.0, No.7, 26-36, 1968年..[組織]+[発行所] ...
閲覧 安東 諒 : 魏晉文学への一視点, --- 才性論を中心として ---, 広島大学文学部紀要, Vol.31, (号), 174-199, 1972年..[組織]+[発行所] ...
閲覧 石田 三千雄 : 意味の現象学的考察, 広島大学西洋哲学研究会第17回大会, (巻), (号), (頁), 1978年7月..[組織] ...
閲覧 Masanori Miyata : Mrs. Gamp's Speech, PHOENIX, Vol.15, (号), 123-155, 1979..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : フッサール現象学における意味の考察, シンポジオン, (巻), No.25, 61-68, 1979年..[組織] ...
閲覧 宮田 政徳 : PecksniffのSpeechの偽善性, PHOENIX, Vol.16, (号), 49-71, 1980年..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 領域的構成論と現象学(二), --- フッサールの『イデーン』IIにおける精神世界の構成 ---, シンポジオン, (巻), No.26, 73-80, 1980年..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : フッサールの『イデーン』IIにおける精神世界の構成について, 広島哲学会第31回大会, (巻), (号), (頁), 1980年11月..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 領域的存在論と現象学(一), --- フッサールの『イデーン』IIにおける自然の構成 ---, 広島大学文学部紀要, Vol.40, (号), 44-62, 1980年..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : フッサールにおける「第一哲学」の理念について, 広島大学西洋哲学研究会第20回大会, (巻), (号), (頁), 1980年12月..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : フッサールの『第一哲学』(1923/24年)における現象学的還元について, 広島大学文学部紀要, Vol.41, (号), 19-37, 1981年..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 現象学と還元の道, 広島大学西洋哲学研究会第24回大会, (巻), (号), (頁), 1982年11月..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : フッサールの『危機』における還元の道, 広島哲学会第33回大会, (巻), (号), (頁), 1982年11月..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 現象学的超越論哲学への道, --- フッサールの『危機』における根本問題 ---, 広島大学文学部紀要, Vol.42, (号), 41-59, 1982年..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 現象学的心理学から超越論的現象学へ, --- 心理学への関係を考慮したフッサールの思想の歩み ---, 広島大学文学部紀要, Vol.43, (号), 59-77, 1983年..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : フッサールにおける形式論理学の現象学的基礎づけ, 広島大学文学部紀要, Vol.44, (号), 1-19, 1984年..[組織] ...
閲覧 隈元 忠敬, 石田 三千雄 : 西洋哲学の流れ, --- ソクラテス ---, 協同出版, 東京, 1985年5月..[組織] ...
閲覧 隈元 忠敬, 石田 三千雄 : 西洋哲学の流れ, --- フッサール ---, 協同出版, 東京, 1985年5月..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 時間と意識, --- フッサールの初期時間論 ---, 広島大学文学部紀要, Vol.45, (号), 58-73, 1986年..[組織] ...
閲覧 隈元 忠敬, 石田 三千雄 : 哲学名著解題, --- フッサール『デカルト的省察』ほか7項目を執筆 ---, 協同出版, 東京, 1986年4月..[組織] ...
閲覧 ヘルマン シュミッツ, 石田 三千雄 : 身体と感情の現象学, --- 第三章 身体的コミュニケーションについて B 攻撃的な関わりと誘発的な関わりにおける身体的なコミュニケーション ---, 産業図書, 東京, 1986年9月..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 現象と現前, --- 現象の根源的経験のために ---, 広島大学文学部紀要, Vol.46, (号), 19-37, 1987年..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 現象と時間, 現象学年報, (巻), No.4, 175-178, 1987年5月..[組織] ...
閲覧 石田 三千雄 : 根源現象と生きられる時間·空間, 哲学, Vol.41, (号), 47-59, 1989年..[組織] ...
閲覧 Yoshio Kitaoka, Masafumi Kyogaku, Koichi Nakamura, G -q Zheng, Hiroyuki Nakamura, Kunisuke Asayama, Toshiro Takabatake, Hironobu Fujii and Takashi Suzuki : NMR investigations of the ground state in the gap-type Kondo lattice compound CeNiSn and the low-carrier system Yb4As3, Physica B : Condensed Matter, Vol.186-188, (号), 431-433, Sendai, May 1993..[組織] ...
閲覧 Yoshihisa Suzuki, Satoru Miyashita, Hiroshi Komatsu, Kiyotaka Sato and Takehiko Yagi : Crystal Growth of Hen Egg White Lysozyme under High Pressure, Japanese Journal of Applied Physics, Part 2 (Letters), Vol.33, (号), 1568-1570, 1994..[組織] ...
閲覧 Mahito Kamada and Nobukazu Nakagoshi : Influence of cultural factors on landscape of mountainous farm villages in western Japan, Landscape and Urban Planning, Vol.37, (号), 85-90, 1997..[組織] ...
閲覧 有馬 卓也 : 阿波の古学者·高橋赤水の思想, 東洋古典学研究, No.11, 37-54, 2001年..[組織]+[発行所] ...
閲覧 飯山 直樹, 鎌田 磨人, 中越 信和 : 棚田農村域における地域資源の社会的及び生態学的評価, 環境システム研究論文集, Vol.29, (号), 185-195, 2001年..[組織]+[組織] ...
閲覧 宇野 剛史 : 非線形計画問題に対するPSO に基づく発見的解法, 広島大学21世紀COEプログラム『超速ハイパーヒューマン技術が開く新世界(21世紀産業革命に向けて)』平成16・17年度若手研究者研究報告書, (都市), 2005年(0月)..[組織] ...
閲覧 広島大学総合科学部101冊の本プロジェクト, 高橋 浩樹 : 大学新入生に薦める101冊の本 pp.120-121, (誌名), (巻), (号), 120-121, 2005年3月..[組織] ...
閲覧 Tomoaki Yatsufusa, Koichi Yoshinaga, Toshiharu Yamaguchi, Akira Ochi, Takeshi Ofuka, Taro Hino, Takuma Endo and Shiro Taki : Experiments on pulse detonation turbine engine, Proceedings of ASME-ATI conference, (巻), (号), (頁), Milan, Italy, May 2006..[組織] ...
閲覧 宇野 剛史 : 進化的マルチエージェントシステムを用いた2レベル計画問題に対するStackelberg解の導出, 広島大学21世紀COEプログラム『超速ハイパーヒューマン技術が開く新世界(21世紀産業革命に向けて)』平成18・19年度若手研究者研究報告書, (巻), (号), (頁), (都市), 2007年(0月)..[組織] ...
閲覧 宇野 剛史 : 非線形計画問題に対するDEに基づく発見的解法, 広島大学21世紀COEプログラム『超速ハイパーヒューマン技術が開く新世界(21世紀産業革命に向けて)』平成18・19年度若手研究者研究報告書, (巻), (号), (頁), (都市), 2008年(0月)..[組織] ...
閲覧 K Tanimoto, A Suzuki, Y Nakatani, T Yanagida, Y Tanne, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : A case of anterior open bite with severely narrowed maxillary dental arch and hypertrophic palatine tonsils, Journal of Orthodontics, Vol.35, No.1, 5-15, 2008..[組織] ...
閲覧 川添 亜希, 山野 栄三, 宮内 睦美, 田中 栄二, 石角 篤, 水道 裕久, 今中 宏真, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : 骨芽細胞による破骨細胞形成に及ぼすラクトフェリンの抑制効果について, 第51回日本歯周病学会春季学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年4月..[組織] ...
閲覧 山野 栄三, 宮内 睦美, 石角 篤, 田中 栄二, 水道 裕久, 今中 宏真, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : リポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼすリポソーム化ラクトフェリン経口投与の抑制効果 第3報:骨芽細胞による破骨細胞形成に及ぼすラクトフェリンの抑制効果について, 第51回日本歯周病学会春季学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年4月..[組織] ...
閲覧 西 美香, 當麻 愉衣子, 筒井 啓介, 加来 真人, 田中 栄二, 宮本 義洋, 林堂 安貴, 岡本 哲治, 丹根 一夫 : 広島大学病院矯正歯科における顎裂部への自家腸骨海綿骨移植を受けた口唇裂・口蓋裂患者の臨床統計的調査, 第32回日本口蓋裂学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[組織] ...
閲覧 廣瀬 尚人, 田中 栄二, 長谷川 拓郎, 鎌田 伸之, 丹根 一夫 : 仮骨延長術によって上顎部の後退を改善した片側性口唇裂・口蓋裂の1症例, 第32回日本口蓋裂学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[組織] ...
閲覧 植木 雅士, 長谷川 拓郎, 尾崎 徳継, 田中 伸明, 国松 亮, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 広島大学病院矯正歯科における口唇裂・口蓋裂患者の統計学的調査, 第32回日本口蓋裂学会総会, (巻), (号), (頁), 2008年5月..[組織] ...
閲覧 太田 耕司, 小野 重弘, 瀧 雅行, 水田 邦子, 二宮 嘉昭, 東森 秀年, 宮内 美和, 武知 正晃, 柄 なつみ, 田中 栄二, 丹根 一夫, 杉山 勝, 鎌田 伸之 : 下顎枝矢状分割骨切り術のスクリュー,プレート固定におけるコントラアングルスクリュードライバーシステムの応用, 第18回日本顎変形症学会, (巻), (号), (頁), 2008年6月..[組織] ...
閲覧 EB Rego, Eiji Tanaka, T Inubushi, M Miyauchi, Takashi Takata, A Ohta, H Okada and Kazuo Tanne : PGE2 production in cementoblasts and PDL cells by ultrasound stimulation, 86th IADR, (巻), (号), (頁), Toronto, July 2008..[組織] ...
閲覧 C Nishio, M Ueki, N Tanaka, Y-Y Lin, K Tanimoto, Eiji Tanaka, A Moraes Mendes de, C Quintao and Kazuo Tanne : Comparison of response to mechanical loading between two articular cartilages, 86th IADR, (巻), (号), (頁), Toronto, July 2008..[組織] ...
閲覧 川添 亜希, 田中 栄二, 河野 信也, 丹根 一夫 : 上顎小臼歯先天欠損部に下顎小臼歯の移植を行った切端咬合の矯正歯科治療例, 第51回中・四国矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 白倉 麻耶, 谷本 圭司, 田中 栄二, 田中 伸明, 谷本 幸太郎, 丹根 一夫 : 軟骨分化過程におけるhypoxia-inducible factor-1標的遺伝子発現, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 神谷 貴志, 谷本 幸太郎, 田中 伸明, 丹根 由起, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 顎関節表層のSZPとリン脂質との相互作用, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 岩渕 泰憲, 田中 栄二, 川添 亜希, 神谷 貴志, 川合 暢彦, 谷本 幸太郎, 丹根 一夫 : 下顎頭軟骨の動的剪断特性の異方性, 第21回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年7月..[組織] ...
閲覧 白倉 麻耶, 山野 栄三, 花岡 宏一, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 鎖骨頭蓋異骨症を伴う一卵性双生児における口腔顎顔面形態, 中·四国矯正歯科学会雑誌, Vol.20, No.1, 61-70, 2008年..[組織] ...
閲覧 犬伏 俊博, レゴ エマヌエル ブラガ, 田中 栄二, 山野 栄三, 川添 亜希, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : 過度の力による実験的歯根吸収に対する低出力超音波の抑制効果, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 佐野 良太, 川合 暢彦, 中村 彩花, 上田 宏, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 粉末飼料飼育ラットの終日咀嚼筋活動様相, 第67回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 大貫 芳樹, 川合 暢彦, 田中 栄二, 丹根 一夫, 三枝木 泰丈 : 咬合挙上がラット顎筋の咀嚼運動時の筋活動およびサーカディアンリズムに与える影響, 第50回歯科基礎医学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2008年9月..[組織] ...
閲覧 宮内 睦美, 山野 栄三, 田中 栄二, 今中 宏真, 水道 裕久, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : 歯周病とラクトフェリン-基礎研究から臨床応用まで リポソーム化ラクトフェリン経口投与がリポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼす抑制効果, 歯界展望, Vol.112, (号), 728-729, 2008年10月..[組織] ...
閲覧 白倉 麻耶, 谷本 圭司, 中村 秀明, 檜山 桂子, 宮内 睦美, 高田 隆, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 軟骨細胞における転写因子HIF-1活性化と破骨細胞誘導機構, 第6回がんとハイポキシア研究会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 田中 栄二, 佐野 良太, 川合 暢彦, 中村 彩花, 木内 奈央, 藤原 慎視, 井澤 俊, 堀内 信也, 黒田 晋吾 : ラット側頭筋の筋線維性状, 「口腔からQOL向上を目指す連携研究」インターネット発表会, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 川添 亜希, 山野 栄三, 宮内 睦美, 石角 篤, 田中 栄二, 牧野 武利, 丹根 一夫, 高田 隆 : 大豆レシチンによるリポソーム化ラクトフェリン経口投与がリポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼす抑制効果, 第3回ラクトフェリンフォーラム, (巻), (号), (頁), 2008年11月..[組織] ...
閲覧 白倉 麻耶, 谷本 圭司, 檜山 桂子, 宮内 睦美, 高田 隆, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 軟骨細胞における低酸素応答遺伝子発現変動, 第31回日本分子生物学会年会, (巻), (号), (頁), 2008年12月..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, R Sano, Nobuhiko Kawai, J M A Korfage, S Nakamura, Takashi Izawa, G J E Langenbach and Kazuo Tanne : Regional differences in fiber characteristics in the rat temporalis muscle, Journal of Anatomy, Vol.213, No.6, 743-748, 2008..[組織] ...
閲覧 宇野 剛史 : 最適化問題に対するA-距離の導入, 広島大学21世紀COEプログラム『超速ハイパーヒューマン技術が開く新世界(21世紀産業革命に向けて)』平成20・21年度若手研究者研究報告書, (巻), (号), (頁), (都市), 2009年(0月)..[組織] ...
閲覧 谷本 幸太郎, 犬伏 俊博, 岩渕 泰憲, 田中 伸明, 丹根 一夫, 田中 栄二 : 変形性顎関節症に対する低出力超音波治療, 第6回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[組織] ...
閲覧 犬伏 俊博, 田中 栄二, レゴ エマヌエル, 谷本 幸太郎, 宮内 睦美, 高田 隆, 丹根 一夫 : セメント芽細胞の破歯細胞誘導能に対する低出力超音波照射の影響, 第6回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[組織] ...
閲覧 中村 竜也, 藤原 慎視, 黒田 晋吾, 堀内 信也, 井澤 俊, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 低出力超音波は炎症存在下の滑膜細胞のCOX-2発現を抑制する, 第6回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2009年3月..[組織] ...
閲覧 山野 栄三, 宮内 睦美, 川添 亜希, 石角 篤, 田中 栄二, 水道 裕久, 今中 宏真, 牧野 武利, 犬伏 俊博, 丹根 一夫, 高田 隆 : リポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼすリポソーム化ラクトフェリン経口投与の抑制効果, --- 骨芽細胞による破骨細胞形成に及ぼすラクトフェリンの抑制効果 ---, 日本医学館, 東京, 2009年7月..[組織] ...
閲覧 川添 亜希, 宮内 睦美, 山野 栄三, 石角 篤, 田中 栄二, 牧野 武利, 犬伏 俊博, Emanuel Braga Rego, 丹根 一夫, 高田 隆 : 大豆レシチンによるリポソーム化ラクトフェリン経口投与がリポポリサッカライド誘導歯周組織破壊に及ぼす抑制効果, 日本医学館, 東京, 2009年7月..[組織] ...
閲覧 二川 浩樹, 村山 長, 上田 寛治, 小川 大一, 長崎 信一, 田中 栄二 : 高性能MRIを利用した顎関節の三次元シミュレーションシステムの開発, 第22回日本顎関節学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年7月..[組織] ...
閲覧 YY Lin, Nobuaki Tanaka, Satoru Ohkuma, Takashi Kamiya, Ryo Kunimatsu, Y-C Huang, Motoko Yoshioka, Tomomi Mitsuyoshi, Yuki Tanne, Kotaro Tanimoto, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : The mandibular cartilage metabolism is altered by damaged subchondral bone from traumatic impact loading, Annals of Biomedical Engineering, Vol.37, No.7, 1358-1367, 2009..[組織] ...
閲覧 C Nishio, K Tanimoto, M Hirose, Shinya Horiuchi, Shingo Kuroda, Kazuo Tanne and Eiji Tanaka : Stress analysis in the mandibular condyle during prolonged clenching: a theoretical approach with the finite element method., Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers. Part H, Journal of engineering in medicine, Vol.223, No.6, 739-748, 2009..[組織] ...
閲覧 Y Ohnuki, Nobuhiko Kawai, Eiji Tanaka, Kazuo Tanne, GEJ Langenbach and Y Saeki : Effects of increased occlusal vertical dimension on daily activity and myosin heavy chain composition in rat jaw muscle, Archives of Oral Biology, Vol.54, No.8, 783-789, 2009..[組織] ...
閲覧 Yuki Nakatani, Kotaro Tanimoto, Nobuaki Tanaka, Yuki Tanne, Takashi Kamiya, Ryo Kunimatsu, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : Effects of hyaluronan oligosaccharide on the expression of MMP-1 in periodontal ligament cells, Archives of Oral Biology, Vol.54, No.8, 757-763, 2009..[組織] ...
閲覧 Saika Nakamura, Nobuhiko Kawai, Y Kitayama, M Watanabe, Kazuo Tanne and Eiji Tanaka : Masticatory muscle activity in a rat model of Parkinson's disease, 2nd Meeting of IADR PAPF / 1st Meeting of IADR APR, (巻), (号), (頁), Wuhan, Sep. 2009..[組織] ...
閲覧 二川 浩樹, 村山 長, 上田 寛治, 小川 大一, 長崎 信一, 田中 栄二 : MR画像の3次元構築とシミュレーションモデルの作成, 第2回日本口腔検査学会総会・学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年10月..[組織] ...
閲覧 Nobuhiko Kawai, Sano Ryota, Korfage A M J, Nakamura Saika, Eiji Tanaka, Wessel van Tim, Langenbach E J G and Kazuo Tanne : Functional characteristics of the rat jaw muscles: daily muscle activity and fiber type composition, Journal of Anatomy, Vol.215, No.6, 656-662, 2009..[組織] ...
閲覧 中村 彩花, 川合 暢彦, 佐野 良太, 木内 奈央, 川上 恵実, 丹根 一夫, 田中 栄二 : ラット咀嚼筋線維の加齢変化に関する免疫組織学的研究, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[組織] ...
閲覧 岩渕 泰憲, 谷本 幸太郎, 田中 伸明, 丹根 由起, 犬伏 俊博, 神谷 貴志, 大熊 暁, 国松 亮, Huang Yu-Ching, 吉岡 基子, 尾崎 徳継, 笹本 智子, 道田 将彦, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 下顎頭軟骨細胞に対する低出力超音波(LIPUS)照射の影響について, 第68回日本矯正歯科学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[組織] ...
閲覧 川上 真奈, 村山 長, 長崎 信一, 上田 寛治, 小川 大一, 田中 栄二, 二川 浩樹 : 3テスラMRIを利用した顎関節の三次元シミュレーション用モデルの構築, 第31回日本歯科技工学会学術大会, (巻), (号), (頁), 2009年11月..[組織] ...
閲覧 二川 浩樹, 村山 長, 上田 寛治, 小川 大一, 長崎 信一, 田中 栄二 : 高性能MRIを利用した顎関節の三次元シミュレーションシステムの開発, 鶴見大学 新ハイテクリサーチセンター最終年度報告会公開シンポジウム, (巻), (号), (頁), 2010年1月..[組織] ...
閲覧 R Kitamura, Kotaro Tanimoto, Y Tanne, T Kamiya, Y-C Huang, N Tanaka, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : Effects of mechanical load on the expression and activity of hyaluronidase in cultured synovial membrane cells, Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.92, No.1, 87-93, 2010..[組織] ...
閲覧 Takashi Kamiya, Kotaro Tanimoto, Yuki Tanne, YY Lin, Ryo Kunimatsu, Motoko Yoshioka, Nobuaki Tanaka, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : Effects of mechanical stimuli on the synthesis of superficial zone protein in chondrocytes, Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.92, No.2, 801-805, 2010..[組織] ...
閲覧 中村 竜也, 藤原 慎視, 永田 久美子, 桂 智子, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 低出力超音波による炎症状態下の関節滑膜およびその細胞に対する影響の検討, 第7回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[組織] ...
閲覧 EB Rego, T Inubushi, A Kawazoe, Kotaro Tanimoto, M Miyauchi, Eiji Tanaka, Takashi Takata and Kazuo Tanne : Ultrasound stimulation induces PGE2 synthesis promoting cementoblastic differentiation in vitro and cementum repair in vivo, 第7回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), March 2010..[組織] ...
閲覧 岩渕 泰憲, 谷本 幸太郎, 犬伏 俊博, 丹根 由起, 神谷 貴志, 国松 亮, 光吉 智美, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 変形性顎関節症に対する低出力超音波照射の影響, 第7回歯科物理刺激研究会, (巻), (号), (頁), 2010年3月..[組織] ...
閲覧 Eizo Yamano, Mutsumi Miyauchi, Hisako Furusyo, Aki Kawazoe, Atsushi Ishikado, Taketoshi Makino, Kazuo Tanne, Eiji Tanaka and Takashi Takata : Inhibitory effects of orally administrated liposomal bovine lactoferrin on the LPS-induced osteoclastogenesis., Laboratory Investigation; a Journal of Technical Methods and Pathology, Vol.90, No.8, 1236-1246, 2010..[組織] ...
閲覧 Kotaro Tanimoto, R Kitamura, Y Tanne, T Kamiya, R Kunimatsu, M Yoshioka, N Tanaka, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : Modulation of hyaluronan catabolism in chondrocytes by mechanical stimuli, Journal of Biomedical Materials Research. Part A, Vol.93, No.1, 373-380, 2010..[組織] ...
閲覧 Kotaro Tanimoto, T Yanagida, Y Tanne, T Kamiya, Y-C Huang, T Mitsuyoshi, N Tanaka, Eiji Tanaka and Kazuo Tanne : Modulation of hyaluronan fragmentation by interleukin-1β in synovial membrane cells, Annals of Biomedical Engineering, Vol.38, No.4, 1618-1625, 2010..[組織] ...
閲覧 Eiji Tanaka, Shingo Kuroda, Nobuhiko Kawai, Takashi Izawa, Toshihiro Inubushi and Kotaro Tanimoto : Sensitivity of loading direction on dynamic shear behavior of condylar cartilage-on-bone, 16th US National Congress of Theoretical and Applied Mechanics, PA, USA, June 2010..[組織] ...
閲覧 Saika Nakamura, Nobuhiko Kawai, R Sano, JAM Korfage, GEJ Langenbach, Y Ohnuki, Y Saeki, Kazuo Tanne and Eiji Tanaka : Aging-associated Changes in Fiber Characteristics in the Rat Masticatory Muscles, 88th IADR, (巻), (号), (頁), Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 Toshihiro Inubushi, EB Rego, A Kawazoe, Kotaro Tanimoto, Mutsumi Miyauchi, Eiji Tanaka, Takashi Takata and Kazuo Tanne : Low-intensity ultrasound enhanced cementum regeneration in vitro and in vivo, 88th IADR, Barcelona, July 2010..[組織] ...
閲覧 中村 竜也, 藤原 慎視, 永田 久美子, 堀内 信也, 谷本 幸太郎, 田中 栄二 : 低出力超音波が炎症状態下の関節滑膜に及ぼす影響の検討, 第23回日本顎関節学会総会・学術大会 プログラム・抄録集, Vol.22, No.SUPPLEMENT, 136, 2010年7月..[組織] ...
閲覧 岩渕 泰憲, 谷本 幸太郎, 本川 雅英, 丹根 由起, 犬伏 俊博, 神谷 貴志, 大熊 暁, 國松 亮, ファン ユウチン, 吉岡 基子, 道田 将彦, 笹本 智子, 光吉 智美, 田中 栄二, 丹根 一夫 : 退行性変性を呈する下顎頭軟骨に対する低出力超音波の影響について, 第69回日本矯正歯科学会, (巻), (号), (頁), 2010年9月..[組織] ...
閲覧 Hiroko Hatano, Ikuko Ogawa, Hideo Shigeishi, Yasusei Kudo, Kouji Ohta, Koichiro Higashikawa, Masaaki Takechi, Takashi Takata and Nobuyuki Kamata : Expression of receptor for hyaluronan-mediated motility (RHAMM) in ossifying fibromas., Histology and Histopathology, Vol.28, No.4, 473-480, 2013..[組織] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.35, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998586.