『徳島大学 教育・研究者情報データベース (EDB)』---[学外] /
ID: Pass:
  (見出し語句検索:)

登録情報

抽出条件

[組織]=閲覧 大阪大学
REF=閲覧 依頼

登録情報の数

有効な情報: 31件 + 無効な情報: 2件 = 全ての情報: 33件

全ての有効な情報 (31件)
  (見出し語句検索:)

条件追加

[種別](著作の種別)による分類 :
[言語](著作の言語)による分類 :
[カテゴリ](著作のカテゴリ)による分類 :
[共著種別](共著の種別)による分類 :
[学究種別](著作の学究種別)による分類 :
[組織](著作の帰属する組織)による分類 :
閲覧 閲覧 大阪大学
閲覧 大阪大学 を参照している情報…(29)
閲覧 閲覧 工学部 ([大阪大学]) …(2)
[年月日](発行年月日)による分類
○ 年による分類 :
○ 年度による分類 :

抽出結果のリスト

排列順: 項目表示:
閲覧 白川 二, 原口 雅宣, 久保 等, 濱口 智尋 : フォトルミネッセンストポグラフィー, 応用物理学会誌, Vol.56, No.1, 93-94, 1987年1月..[招待] ...
閲覧 原口 雅宣, 白川 二, 濱口 智尋 : 高空間分解フォトルミネッセンス, 応用物理学会誌, Vol.57, No.1, 136-137, 1988年1月..[招待] ...
閲覧 Hiroyuki Fukui, Masakatsu Yamashita, Kazushige Sugama, Yoshiyuki Horio, Katsumi Fujimoto, Hiroyuki Mizuguchi and Seiji Ito : Molecular biology of histamine H1 receptors, Prous Science, Barcelona, (month)1992..[招待] ...
閲覧 Hiroyuki Fukui and Kazuhiko Yanai : Histamine receptors, Elsevier, Amsterdam, (month)1993..[招待] ...
閲覧 Hiroyuki Fukui and Yoshiyuki Horio : Regulation of the histamine H1 receptor signaling by protein kinase C., Japan Science Society Press, Tokyo, (month)1996..[招待] ...
閲覧 渡邉 建彦, 福井 裕行 : 薬物受容体---細胞膜にある受容体の基礎知識---, --- ヒスタミン受容体 ---, 株式会社 南山堂, 東京, 1998年(0月)..[招待] ...
閲覧 福井 裕行 : 生体の科学,神経系に作用する薬物マニュアル, --- ヒスタミン受容体 ---, 株式会社 医学書院, 東京, 1998年(0月)..[招待] ...
閲覧 K. Nakatsuji, Ryoichi Yamanaka, Y. Shen and Y. Huh : 3-D Numerical simulation of flow and circulation in the Bohai Sea, Proceedings of 4th International Conference on Hydro-science and Engineering (ICHE2000), 1-10, Seoul, Sep. 2000..[招待] ...
閲覧 西田 修三, 山中 亮一, 西尾 岳裕, 福島 博文, 田代 孝行, 中辻 啓二 : 陸奥湾の流動構造とその影響因子に関する研究, 海岸工学論文集, Vol.47, 416-420, 2000年..[招待] ...
閲覧 K. Nakatsuji, Ryoichi Yamanaka and S. Nishida : Numerical simulation of seasonal baroclinic circulation and dispersion processes of COD in the Bohai Sea, Proceedings of Asia and Pacific Coastal Engineering 2001 (APACE2001), 369-378, Dalian, Oct. 2001..[招待] ...
閲覧 山中 亮一, 西田 修三, 鈴木 誠二, 川崎 浩司, 田代 孝行, 中辻 啓二 : 気象擾乱を考慮した陸奥湾の流動解析, 海岸工学論文集, Vol.48, 401-405, 2001年..[招待] ...
閲覧 右手 浩一 : LC/NMRによる高分子のキャラクタリゼーション, ぶんせき, Vol.2002, No.8, 459-462, 2002年8月..[招待] ...
閲覧 右手 浩一 : LC-NMRとDOSY:高分子の溶液NMRの新しい測定法, 高分子, Vol.51, No.10, 824-827, 2002年10月..[招待] ...
閲覧 中辻 啓二, 西田 修三, 金 漢九, 山中 亮一 : 紀淡海峡における残差流と物質輸送の現地観測, 海岸工学論文集, Vol.49, 1071-1075, 2002年..[招待] ...
閲覧 山中 亮一, 西田 修三, 中辻 啓二 : 成層の発達した海峡の流動構造と内部波の発生機構, 水工学論文集, Vol.47, 1255-1260, 2003年..[招待] ...
閲覧 S. Liang, Z. Sun, Ryoichi Yamanaka and K. Nakatsuji : Typical Seasonal Circulation in the Bohai Sea, Proceedings of The 13th International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE2003), Vol.2, 282-289, Honolulu, May 2003..[招待] ...
閲覧 K. Nakatsuji, Ryoichi Yamanaka, S. Liang and Z. Sun : Seasonal Change of Baroclinic Circulation and Water Exchange in the Bohai Sea, Proceedings of the 8th International Conference on Estuarine and Coastal Modeling (ECM8), 852-870, Monterey, Nov. 2003..[招待] ...
閲覧 Ryoichi Yamanaka, S. Nishida and K. Nakatsuji : Variability on Flow and Density Structure near the Mouth of Mutsu Bay forced by passage of migratory cyclone, Proceedings of the 8th International Conference on Estuarine and Coastal Modeling (ECM8), 871-884, Monterey, Nov. 2003..[招待] ...
閲覧 西田 修三, 鈴木 誠二, 山中 亮一, 金城 周平, 中辻 啓二 : 優占二枚貝を考慮した汽水湖の水質変動解析, 海岸工学論文集, Vol.50, 1016-1020, 2003年..[招待] ...
閲覧 右手 浩一, 多羅尾 俊之, 大沼 英崇, 北山 辰樹 : ルイス酸触媒GTPによる高分子の立体規則性制御, 高分子加工, Vol.52, No.12, 531-537, 2003年12月..[招待] ...
閲覧 山中 亮一, 志水 克成, 中辻 啓二 : 大規模閉鎖性水域の渤海における流動構造の季節変動特性, 海岸工学論文集, Vol.51, 321-325, 2004年..[招待] ...
閲覧 Ryoichi Yamanaka, S. Nishida and K. Nakatsuji : Variability on velocity structures due to internal waves near the mouth of Mutsu Bay, Proceedings of the Sixth International Conference on Hydrodynamics (ICHD 2004), 325-331, Perth, Nov. 2004..[招待] ...
閲覧 Koichi Ute and Tatsuki Kitayama : On-line LC-NMR for Polymer Characterization, Pacifichem 2005, (巻), (号), (頁), Honolulu, Dec. 2005..[招待] ...
閲覧 右手 浩一 : 高分子の超臨界流体クロマトグラフィーと質量分析, 第54回質量分析総合討論会, (巻), (号), 46-47, 2006年5月..[招待] ...
閲覧 右手 浩一 : 高分子の溶液NMR, 第18回 高分子学会NMR講座, (巻), (号), (頁), 2006年10月..[招待] ...
閲覧 Ryoichi Yamanaka, K. Nakatsuji and Y. Inoue : Effects of thermal stratification and wind blowing on hydrodynamics in the Bohai Sea with notably shallow depths, Proceedings of the 9th International Conference on Estuarine and Coastal Modeling (ECM9), 235-252, Charleston, Oct. 2006..[招待] ...
閲覧 中辻 啓二, 志水 克成, 山中 亮一 : 中国・黄河から渤海に流入する高濁度水塊の挙動特性に及ぼす潮流及び風応力の影響, 海岸工学論文集, Vol.53, 376-380, 2006年..[招待] ...
閲覧 右手 浩一 : 天然ゴムのなぞ, 平成18年度 理科と情報数理の教育セミナー, (巻), (号), (頁), 2006年12月..[招待] ...
閲覧 右手 浩一 : 高分子のクロマトグラフィーの基礎, 第19回 高分子基礎物性研究会講座, (巻), (号), (頁), 2007年10月..[招待] ...
閲覧 有馬 卓也 : 劉安登仙伝説の成立と伝播, 中国研究集刊, No.46, 1-18, 2008年..[招待] ...
閲覧 右手 浩一 : 高分子のクロマトグラフィーの基礎, 第20回 高分子基礎物性研究会講座, (巻), (号), (頁), 2008年10月..[招待] ...

過去3日以内に登録・変更された情報

(なし)

本データベースでは情報の登録,保守作業の分散を主たる目的の一つとしております.したがって,上記にリストアップされている情報の保守は個々の情報の当事者に委ねられます.

ある情報を保守する義務があるかないかは,その情報に対して権限を持っているかどうかで判断してください.もちろん情報の所有者が主に管理しなくてはならないことになりますが,権限を持っている利用者が連帯してその情報の保守を行なう義務を負っていると考えてください.

貴方がどの情報について権限を持っているかは,貴方自身の情報を閲覧してください.

Number of session users = 0, LA = 0.69, Max(EID) = 373281, Max(EOID) = 998587.